にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

東京都

王子稲荷神社の御朱印(東京・北区)〜狐たちに導かれる迷宮

▼王子稲荷神社の御朱印です。(東京都北区岸町一丁目) ▼王子稲荷神社の御朱印。(2019年) ▼王子稲荷神社の御朱印。(2015年) 御朱印は2019年、2015年の2体は瓜二つ、何も違いはありません。 ▼もちろん「記帳料」は変化しています。 ▼御朱印にもスタンプさ…

尾久 八幡神社の御朱印(東京・荒川区)〜元花街「愛のコリーダ」の残滓を探せ

▼尾久 八幡神社の御朱印です。(東京都荒川区西尾久三丁目) いただいたのは10月の御朱印(金木犀)の書置き。 「都電神社めぐり」の電車イラストスタンプが押されています。 ▼当面の間は「書置きのみ」との案内。境内社の「厳島神社」の御朱印もありました…

小岩不動尊「善養寺」の御朱印(東京・江戸川区)〜羽を広げる「影向の松」は延命治療で蘇り!?

▼星住山 小岩不動尊(善養寺)の御朱印です。 (真言宗豊山派・東京都江戸川区東小岩二丁目) 山号「星住山」の読みは「せいじゅうざん」。 音読みなのでロマンもなく、何のことか分かりません。 しかし文字を見れば誰しも「星住む山」と解釈するはずで、 イ…

大経寺の御首題(東京・品川区)〜鈴ヶ森に散った 心凍る 〝いのち〟たちに合掌

▼鈴森山 大経寺の御首題です。(日蓮宗・東京都品川区南大井二丁目) いただいた2体の御首題の要素は全く同じですが、墨書きの筆跡は異なっていました。 ▼鈴森山 大経寺の御首題。(2019年) ▼鈴森山 大経寺の御首題。(2013年) --------------------------…

東京大神宮の御朱印(東京・千代田区)〜Success in Love 最強神社?

▼東京大神宮の御朱印です。(京都千代田区富士見二丁目) ▼東京大神宮の御朱印。(2020年) ▼東京大神宮の御朱印。(2012年) ▼2020年参拝時の御朱印はステッカーを一緒に返されました。 ピカピカで、うまくスキャンできてませんでしたが、 センスの良いデザ…

向島 秋葉神社の御朱印(東京・墨田区)〜黄に 朱に 染まる境内は古の紅葉名所

▼向島 秋葉神社の御朱印です。(東京都墨田区向島四丁目) 中央の朱印は「千栄秋葉大権現 千代世稲荷大明神」。 当初は稲荷社として1289年に創建され、 江戸時代に入ってから秋葉権現を合祀したそうで、 「火産霊命」「宇迦御魂命」の二つの祭神が祀られてい…

虎ノ門 金刀比羅宮の御朱印(東京・港区)〜コロナ禍で失われた時を取り戻せ!Go! Go!

▼虎ノ門 金刀比羅宮の御朱印です。(東京都港区虎ノ門一丁目) 2012年〜2019年ですべての朱印が変更されています。 19年の御朱印は、12年の墨書きから省略されている文字もあります。 ▼虎ノ門 金刀比羅宮の御朱印。(2019年) ▼虎ノ門 金刀比羅宮の御朱印。…

井草八幡宮の御朱印(東京・杉並区)〜武蔵野の深〜〜〜い、深い森を探索

▼井草八幡宮の御朱印です。(東京都杉並区善福寺一丁目) ▼2020年の井草八幡宮の御朱印。 ▼2013年の井草八幡宮の御朱印。 2020年の御朱印を2013年と比べると「奉拝」筆書きが「杉並区遅野井鎮座」に変わっていました。 ------------------------------------…

白鬚神社の御朱印(東京・墨田区)〜旧「寺島村」の鎮守、「向島」白鬚

▼白鬚神社の御朱印です。(東京都墨田区東向島三丁目) ▼白鬚神社の御朱印(2020年)。 ▼白鬚神社の御朱印(2013年)。 ▼隅田川七福神 白鬚神社「寿老神」の御朱印。 毎年正月の7日まで開催される隅田川七福神めぐりで、一般的には「寿老人」と表されますが…

微妙庵の御首題(東京・大田区) 〜「ビミョー」じゃない「ミミョー」

▼微妙庵の御首題です。(日蓮宗・東京都大田区池上三丁目) ▼本堂入口に御朱印・御首題の案内が貼られています。 都内と近郊の七福神はいくつか巡っていますが、池上七福神は未訪問。 いずれ巡ってみようと思っているので毘沙門天の御朱印はパスして、御首題…

徳持神社の御朱印(東京・大田区) 〜美しい社殿と惜しいスタンプ

▼徳持神社の御朱印です。(東京都大田区池上三丁目) ▼同時にいただいた久が原西部 八幡神社の御朱印。 ▼徳持神社の御朱印(2014年)。 ▼徳持神社近隣の5つの兼務社の御朱印がいただけます。 2020年と2014年の御朱印筆跡を比較すると書き手さんが異なるよう…

目黒不動 迷宮ガイド 〜瀧泉寺の御朱印(東京・目黒区)

▼泰叡山 瀧泉寺「目黒不動尊」の御朱印です。 (天台宗・東京都目黒区下目黒三丁目) ▼「関東三十六不動霊場」番18番 目黒不動尊の差替え御朱印。 ▼目黒不動尊「元祖山手七福神」恵比寿神の御朱印。 ▼目黒不動尊「江戸三十三観音霊場」第33番 聖観音の御朱印…

都会のオアシスか「昌平坂学問所」 〜湯島聖堂の御朱印(東京・文京区)

▼湯島聖堂の御朱印。(東京都文京区湯島一丁目) 湯島聖堂は寺でも神社でもなく、将軍綱吉が造営した孔子廟のある史跡ですので、 そこでいただける印は正確には「御朱印」の範疇には入らないかもしれません。 しかし、全国各地の有名武将などの廟では 同じよ…

「若返り」と「不変」の諏訪ノ森 〜新宿 諏訪神社の御朱印(東京・新宿区)

▼諏訪神社の御朱印です。(東京都新宿区高田馬場一丁目) 書置きを含めて4種類ある中から、直書きいただける月替わりになる8月の御朱印を1体だけいただきました。 御朱印は10年若返ったようにカラフルでした。 もちろんスタンダードな墨朱だけの神社印もいた…

ハリスの風と 大師の清水と ザワめく銀杏  〜麻布 善福寺の御朱印(東京・港区)

▼麻布山 善福寺の御朱印。(浄土真宗本願寺派・東京都港区元麻布一丁目) 中央は「銀杏御坊」のスタンプで真宗らしい名称です。 浄土真宗の寺院で御朱印の授与は稀です。 過去に東本願寺のHPで、授与しない理由が明確に記されていました。 その内容には納得…

千本鳥居の迷路を巡れ! 〜東伏見稲荷神社の御朱印(東京・西東京市)

▼東伏見稲荷神社の御朱印。(東京都西東京市東伏見一丁目) 感染症対策のせいか否か分かりませんが書置きでした。 ▼東伏見稲荷神社 2015年の御朱印は直書きでいただいています。 今回いただいたものはキチンと墨書きされた書置き御朱印でしたが、 袋も何もな…

亀無村で亀と両と翼に出会う? 〜亀有香取神社の御朱印(東京・葛飾区)

▼亀有 香取神社の御朱印。(東京都葛飾区亀有三丁目) ▼境内社 道祖神社の御朱印。 ▼御朱印は、この恐ろしくカッコイー建築物の授与所でいただきました。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼亀有 香…

「ほうろく灸祈祷」のエクスタシー 〜圓珠寺の御朱印・御首題(東京・港区)

▼徳聚山 圓珠寺「最上位経王大菩薩」の御朱印。(日蓮宗・東京都港区芝一丁目) ▼圓珠寺の御首題。 前回記事の「正伝寺」の御朱印、御首題も一緒にいただいています。 -----------------------------------------------------------------------------------…

昔は「密」 今は「無人」の寺に虎と狐と犬と猫 〜正伝寺の御朱印・御首題(東京・港区)

▼松流山 正伝寺「大毘沙門天王」の御朱印。(日蓮宗・東京都港区芝一丁目) ▼正伝寺の御首題。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼正伝寺・圓珠寺の2つの寺は、山手線や新幹線など数路線がやかまし…

木下川の光と陰を追え 〜浄光寺「木下川薬師」の御朱印

▼青龍山 薬王院 浄光寺「木下川薬師」の御朱印。 (天台宗/東京都葛飾区東四つ木一丁目) 通称の「木下川薬師」は難読。 誰も正確には読めない「きねがわやくし」です。 ▼御朱印をお願いした庫裏で見かけました。 近頃では巷にありそうで、なかなか見かける…

眠れ眠れ! 幽霊「かさね」呪術師「祐天」 〜祐天寺の御朱印(東京・目黒区)

▼明顯山 祐天寺の御朱印。(浄土宗・東京都目黒区中目黒五丁目) 2020年7月時点では 「南無阿弥陀仏(筆書き)」「南無阿弥陀仏(祐天上人書写のスタンプ)」「累塚」の 3種類の書置き御朱印が用意されていました。 ▼祐天寺 累塚(かさねづか)の御朱印。 ▼…

八幡太郎→彰義隊→吉展ちゃんまでの千年 〜円通寺の御朱印(東京・荒川区)

▼補陀山 円通寺の御朱印。(曹洞宗/東京都荒川区南千住一丁目) 「大東京百観音 第八十四番」と印が押されていますが、 霊場としての正常な機能はしていないようです。 国内にはたくさんの霊場がありますが、その設立の年代や経緯は様々です。 全く寺院側と…

なぜ⁉️ 若者の参拝者が多くなった 〜巣鴨とげぬき地蔵「高岩寺」の御朱印(東京・豊島区)

▼萬頂山 高岩寺(巣鴨とげぬき地蔵)の御朱印です。 (曹洞宗・東京都豊島区巣鴨三丁目) ▼同じく、 巣鴨とげぬき地蔵 2012年の御朱印。 墨書きと朱印の内容構成は何も変わっていませんが、 やはり筆書きの違いで、御朱印全体の印象はかなり違うものになりま…

コロナ、ペンタゴン、ポニーの憂鬱 〜熊野神社の御朱印(東京・葛飾区)

▼熊野神社の御朱印。(東京都葛飾区立石八丁目) 墨書きは「五方山 熊野神社」です。 寺院の山号と同じように「・・山」と冠する神社は、 つい最近記事にしたような覚えがあるのですが、具体的な神社名が思い出せません。 「・・山」と名乗る神社は珍しいな…

消えて、消えて、さらに消えゆく街 〜十二社 熊野神社の御朱印(東京・新宿区)

▼十二社 熊野神社の御朱印。(東京都新宿区西新宿二丁目) ▼十二社 熊野神社の御朱印(2012年)。 十二社の読みは「じゅうにそう」です。 ほとんどの人は正確には読めません。 ---------------------------------------------------------------------------…

劣化した庚申塚とモダン建築の本堂 〜満願寺の御朱印(東京・世田谷区)

▼致航山 満願寺の御朱印です。(真言宗智山派・東京都世田谷区等々力三丁目) 御朱印をお願いして戻ってきたのは「玉川八十八ヶ所 第54番」の札所印になりました。 大日如来は満願寺の本尊でもあります。 近くの等々力渓谷にある関東三十六不動の明王院(等…

「渭」の文字にユラユラ潜む歴史 〜青渭神社の御朱印(東京・調布市)

▼青渭神社の御朱印です。(東京都調布市深大寺元町五丁目) ▼青渭神社の御朱印(2013年)。 令和元年にいただいた御朱印は、その6年前の平成25年と比較すると 「延喜式内社調布」や「宮司之印」のスタンプ、朱印がなくなって、 墨書きも月日の漢数字以外は印…

変貌の衝撃! どこか懐かしさを覚えた あの本堂はどこへ? 〜赤坂不動の御朱印(東京・港区)

▼智剣山 阿遮院 威徳寺(赤坂不動) 御府内八十八ヶ所75番の御朱印です。 (真言宗智山派・東京都港区赤坂四丁目) 関東、東京の霊場で唯一「御府内八十八ヶ所霊場」だけは意識して巡っていません。 知った寺を参拝して御朱印をいただく。 そして結果的に御…

「どん底」経由で「閻魔」に出会え 〜太宗寺の御朱印(東京・新宿区)

▼霞関山 本覚院 太宗寺「閻魔王」の御朱印です。 (浄土宗・東京都新宿区新宿二丁目) ▼同じく 太宗寺「閻魔王」2013年の御朱印。 ▼同、 太宗寺「江戸六地蔵」の御朱印。 ▼同、 太宗寺「新宿山手七福神」の御朱印。 ▼2020年、寺務所での案内。 御朱印の種類…

ファンタスチック五龍神は百花繚乱のご利益 〜田無神社の御朱印(東京・西東京市)

▼田無神社の御朱印です。(東京都西東京市田無町三丁目) ▼同じく、通年でいただける田無神社の書置き御朱印。印刷物でした。参拝日にいただけるもののうち、一番ハデな御朱印を選んでみました。 ▼田無神社、遷座350年記念の御朱印帳。 ▼田無神社、2015年の…