にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

東京都

御田八幡神社の御朱印(東京・港区)〜「アモイ像」に似た 元禄生まれの狛犬にご対面

▼御田八幡神社の御朱印です。(東京都港区三田3-7-16) 日付以外の墨書きは残念なプリントですが、朱印はしっかり押捺されたものでした。 当初は中央の丸い朱印が読めませんでしたが、後ほど由緒などを頼りに解読! 「武蔵国 御田八幡宮 御田郷」でしょう。 …

七社神社の御朱印(東京・北区)〜「飛鳥の小径」でアジサイのシャワー、そして渋沢栄一に遭遇

▼七社神社の御朱印です。(東京都北区西ケ原2-11-1) 右下の福禄寿のスタンプが渋沢栄一に変わっていました。 ▼七社神社の御朱印(2021年)。 左上のスタンプの文字は「御衣黄」は「ぎょいこう」と読み、桜の品種の一つ。名前の由来は、咲き始めが貴族の衣服…

上野東照宮の御朱印(東京・台東区)〜栄誉権現社「御狸様」=「お他抜きさま」=「おたぬきさま」の御朱印

▼上野東照宮内 栄誉権現、通称おたぬき様の「他抜御朱印」です。「栄誉権現社」は有料拝観区域内にある「おたぬき様」を祀る社です。 御朱印は有料拝観しなくてもいただけます。 ▼上野東照宮の御朱印(2014年)。 中央の朱印は当初の祭神である「天海僧上 東…

能勢妙見山別院の御首題(東京・墨田区)〜「小吉の女房」は見当たらない「父子鷹」の勝海舟と 龍馬伝

▼能勢妙見山別院の御首題です。(東京都墨田区本所4-6-14) 本堂内脇で若い僧侶さんに安心できる親切な対応で記帳していただきました。 +の下に 奉拝ではなく「敬拝」と書かれています。ちょっと珍しい言葉です。「拝啓」の並び替えですが字が違います。 寺…

白金氷川神社の御朱印(東京・港区)〜シロカネの森に住まうシアワセな動物たち

▼白金氷川神社の御朱印です。(東京都港区白金2-1-7) 直書きいただいたのですが、「さて、丁寧に押さなければ・・・」 というような雰囲気で、宮司さんと奥様らしきお二人で朱印帳に向き合っていただきました。 朱印もスタンプもカスレのない、綺麗に仕上が…

馬橋稲荷神社の御朱印(東京・杉並区)〜「昇竜・降龍」がお出迎え、お見送りは「願掛け狐」

▼馬橋稲荷神社の御朱印です。(東京都杉並区阿佐谷南2-4-4) 平成三十一年三月九日の日付です。 最初に「奉祝 天皇陛下御即位三十年」のスタンプが押されていますが、約2ヶ月後に明仁天皇は退位し、天皇としては第126代 徳仁が即位され、5月1日に令和元年と…

小岩神社の御朱印(東京・江戸川区)〜ガラの悪さとカオスの歓楽街イメージを払拭する神域

▼小岩神社の御朱印です。(東京都江戸川区東小岩6-15-15) ▼小岩神社の御朱印(2021年)。 ▼小岩神社の御朱印(2017年)。 2021年の御朱印は時節柄書置きでした。 また「甲和の里」の筆文字が加えられていました。 721年の古文書には「甲和里(こわり)」と…

沼袋 氷川神社の御朱印(東京・中野区)〜御朱印には気品が必須? 達筆は大当たりのオマケ!

▼沼袋 氷川神社の御朱印です。(東京都中野区沼袋1-31-4) ▼「四月限定御朱印」と案内されていた沼袋氷川神社の御朱印(2021年)。 「三・四・十」の日付だけは墨書きの限定書き置きですが、 残念ながらすべてプリントですので品を感じられない御朱印となっ…

明治神宮の御朱印(東京・渋谷区)〜3回目の緊急事態宣言下初日「半紙」の明治神宮御朱印ロングツアー

▼明治神宮の御朱印です。(東京都渋谷区代々木神園町1-1) ▼明治神宮の御朱印。2021年、この日付の御朱印はもちろん書置きです。 書置きと言えどもプリント、印刷は一切使用していません。 きちんと墨書きされ朱印を押されたもので、当たり前ですが、さすが…

駒留八幡神社の御朱印(東京・世田谷区)〜歴史や伝承を知って参拝しましょう

▼駒留八幡神社の御朱印です。(東京都世田谷区上馬5-35-3) ▼御朱印はコロナ禍の中でも授与所で丁寧な対応で直書きいただきました。 2020年春以降にいただいた多くの寺社の御朱印は書置きばかり。 直書きいただけると、本当に「ありがたい!」と頭を深く下げ…

元神明宮の御朱印(東京・港区)〜記憶に残る超個性的な社殿に 稲荷社多数の境内

▼元神明宮の御朱印です。(東京都港区三田1-4-74) 2014年、2021年ともに寸分違わぬ書置きで、変化は一切ありませんが、初穂料は300円から500円と変化しています。 基本的に書置きのみ授与の神社のようです。 御朱印用紙は小さな金箔・銀箔を散りばめ、しっ…

浄名院「へちま寺」の御朱印(東京・台東区)〜圧巻の地蔵菩薩像、48,000体を目指す

▼東叡山 浄名院 通称「へちま寺」の御朱印です。 (天台宗/東京都台東区上野桜木2-6-4)御朱印は書置きで日付もありませんが、きちんと墨書き朱印されたものです。 ▼2019年は、本堂内に4種類の見開き御朱印が置かれていました。 2012年頃は単ページの御朱印…

木母寺の御朱印(東京・墨田区)〜「梅若伝説」が残る「芸道上達」ご利益の寺

▼梅柳山 木母寺の御朱印です。(東京都墨田区堤通2-16-1) ▼木母寺 本尊「元三大師」の御朱印(2021年)。 ▼木母寺「梅若塚」の御朱印(2014年)。 ▼2021年3月は本堂社務所入口脇に2種類の書置き御朱印が置かれていました。 日付に月日は入っていませんが印…

高円寺 氷川神社の御朱印(東京・杉並区)〜ステキなイラストなのに プリント御朱印は少しザンネン

▼高円寺 氷川神社・気象神社の御朱印です。 (東京都杉並区高円寺南4-44-19) ▼高円寺 氷川神社 月替り4月の御朱印。 ▼気象神社 月替り4月の御朱印。 ▼書置きと一緒にコースターやカードもいただけました。 ▼高円寺 氷川神社・気象神社の御朱印(2013年)。 …

自由が丘 熊野神社の御朱印(東京・目黒区)〜不自由だった? 古臭い地名の町から脱皮した今様の街に鎮座

▼自由が丘 熊野神社の御朱印です。(東京都目黒区自由が丘1-24-12) ▼熊野神社 月替り「四月」の御朱印(2021年)。 書置きでした。 下の2014年と比較すると神社印も替わり「宮司之印」も無くなっています。 さらに「緑が丘」の文字が加えられ、自由が丘と併…

妙音寺の御首題(東京・台東区)〜歴史と魅力ある寺に「御主題ご容赦」の妙なる音が響く

▼伎楽山 妙音寺の御首題です。(日蓮宗/東京都台東区松が谷1-14-6) お題目の両サイドは 「我此土は安穏にして、天人常に充満せり」という妙法蓮華経の文言だそうです。 妙音寺は江戸時代の「江戸十大祖師」に数えられる寺ですが、 御首題をいただくのに、…

上神明 天祖神社の御朱印(東京・品川区)〜通常表記に格上げされた通称「蛇窪神社」

▼上神明天祖神社の御朱印です。 ▼上神明天祖神社 「蛇窪大明神」9月の御朱印。 ▼上神明天祖神社 2015年の御朱印。 ▼上神明天祖神社 「蛇窪大明神」1月の御朱印。 ▼上神明天祖神社 「荏原七福神 弁財天」の御朱印。上に掲載の御朱印は2015年と18年に、全て御…

桜神宮の御朱印(東京・世田谷区)〜「¥500」のありがたさと 「¥0」の人だかり

▼桜神宮の御朱印です。(東京都世田谷区新町3-21-3) ▼桜神宮「大祭」の御朱印(2021年)。 ありがたい事にこの時期なのに直書きいただきました。 2021年の春、もうここのところ何処を訪問しても書置きばかりですから・・。 それも印刷かプリントものの500円…

隅田川神社の御朱印(東京・墨田区)〜何とかしたい このロケーション! でも ホッとする神社

▼隅田川神社の御朱印。(東京都墨田区堤通2-17-1) 絵葉書もいただきました。 ▼隅田川神社の御朱印(2021年)。 書置きでしたが、宮司さんの丁寧な対応で日付を入れていただきました。 プリントや印刷でなくきっちり墨書き・朱印されたものでした。 ▼隅田川…

待乳山聖天(本龍院)の御朱印(東京・台東区)〜歌川広重に見せたい160年後の「真土山」と「秘仏」

▼待乳山 本龍院「待乳山聖天(まつちやましょうでん)」の御朱印です。 (聖観音宗/東京都台東区浅草7-4-1) ▼本龍院 本尊「大聖歓喜天」の御朱印。 ▼本龍院 「浅草名所七福神 毘沙門天」の御朱印。 境内に上がると線香やお供用の大根を扱う受付があります…

朝日稲荷神社の御朱印(東京・中央区)〜銀座のイナリと サーモンと ラーメン事情

▼朝日稲荷神社の御朱印です。(東京都中央区銀座3-8-12) 「御守」も一緒にいただけました。 ▼朝日稲荷神社の御朱印。春バージョンかもしれません。 当然のこと書置きでした。 シッカリした用紙に印刷・スタンプ・日付墨書きの複合型ですが、バランスセンス…

松陰神社の御朱印(東京・世田谷区)〜吉田松陰・井伊直弼 2人が数100mで対峙する神社と寺

▼松陰神社の御朱印です。(東京都世田谷区若林4-35-1) ▼松陰神社の御朱印(2020年)。まるで印刷されたような筆跡の神社名ですが、朱印帳に直書きいただきました。 10月27日の吉田松陰命日には「例大祭御朱印」がいただけるようです。 ▼松陰神社の御朱印(2…

平井諏方神社の御朱印(東京・江戸川区)〜江戸川区の飛び地?に鎮座するステキ神社

▼平井諏方神社の御朱印です。(東京都江戸川区平井6-17-36) 諏訪神社と天祖神社の2つの書置きをいただいたら、祭礼用の手ぬぐいを一緒にいただきました。合計1000円です。 ▼平井諏方神社の御朱印。 ▼兼務社の平井天祖神社の御朱印。 2体の御朱印ともB6サイ…

早稲田 寳泉寺の御朱印(東京・新宿区)〜早大合格祈願と 小判ザクザク「おたから」の寺

▼禅英山 寳泉寺の御朱印です。(天台宗/東京都新宿区西早稲田1-1-2) 天台宗の寺院なので本尊は「薬師如来」。 勿論そればかりではないですが、パブロフの犬のごとくの理解です。 ▼参道の先に寺で一番大きな3階建ての建物の1階に、授与所が大きく開かれてい…

出雲大社東京分祠の御朱印(東京・港区)〜何でもない路地の駐車料金 12分330円の六本木に鎮座

▼出雲大社東京分祠の御朱印です。(東京都港区六本木7-18-5) 比較すると2013年の神社印が、2021年には「縁」のスタンプに変わっていました。 ▼2021年再訪の出雲大社東京分祠の書置き御朱印。 ▼出雲大社東京分祠の御朱印(2013年)。 御朱印の右上にある「幸…

亀戸浅間神社の御朱印(東京・江東区)〜「チンチンの行く手 あさま山開 たかし」

▼亀戸浅間神社の御朱印です。(東京都江東区亀戸9-15-7) 御朱印は日付を除き印刷物の書置きでした。 コロナ禍中でもあるのですが、この2、3年で印刷物、またはプリントの御朱印にずいぶん慣らされました。 それ以前から御朱印帳に神社名をスタンプで押され…

霊雲寺の御朱印(東京・文京区)〜出かけらないコロナ禍では「棚から ひとつかみ」の御朱印

▼宝林山 霊雲寺の御朱印です。(真言宗霊雲寺派/東京都文京区湯島2-21-6) 中央の朱印は「霊 ? 舎 精」ですが、?は「雲」でもなさそうですし、 たとえ「雲」でもヨコ読み・タテ読み、その方向は? 戸惑うばかりです。 数ある都内の霊場で「御府内八十八箇…

善性寺の玉川八十八ヶ所霊場の御朱印(東京・世田谷区)〜日本の「サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路」を巡れ

▼赤堤山 善性寺 玉川八十八ヶ所霊場 第四十七番札所の御朱印。 (真言宗豊山派/東京都世田谷区豪徳寺1-55-23) 結果的に「玉川八十八ヶ所霊場」の御朱印でしたが、 この霊場巡りが目的で参拝したのではありません。 少し前の事ですが、そもそも「玉川八十八…

大塚天祖神社の御朱印(東京・豊島区)〜かつては「巣鴨村」と言われた大塚に鎮座

▼大塚 天祖神社の御朱印です。(東京都豊島区南大塚3-49-1)季節によって「初詣」「夏詣」のスタンプが追加されるようです。 右下の「都電神社めぐり」のスタンプは尾久八幡神社でも押されていました。▼ ▼「書置きはございません」という事なので直書きのみ…

聖徳宮の御朱印(東京・江戸川区)〜「以和為貴」和やかなご夫婦?に守り続けられる神社

▼聖徳宮の御朱印です。(東京都江戸川区東小岩5-6-12) 墨書きの最後に「宮司謹書」と記されているのは初めて目にします。 「○○神社宮司」とか「執事」と書かれるのは記憶にありますが・・。 -------------------------------------------------------------…

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村