/


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

関東を中心とした寺社の御朱印記録です。参拝・収集目的に少しでも役立てば幸いです。

下谷七福神の御朱印【6】 〜真源寺 オソレ入谷 ビックリ下谷の鬼子母神!

立山 真源寺入谷鬼子母神御朱印

しんげんじいりやきしもじん)」法華宗(東京都台東区下谷1-12-16)

 

真源寺は法華宗ですが御首題をいただくことは、なかなか難しい寺です。

同じ七福神内で同じ法華宗法昌寺では、快くいただくことができたが、

真源寺では過去に数回「おそれ入りやすが・・」と訪ねるたびに断られている。

ネットでも御首題を見かけることはないから昔から授与されていないようだ。

 

真源寺 下谷七福神 福禄寿御朱印(2024年)

 

真源寺 下谷七福神 福禄寿御朱印(2013年)

 

真源寺 入谷鬼子母神御朱印(2017年)

その手は桑名の焼き蛤」などと同様、江戸時代のしゃれ言葉「おそれ入谷の鬼子母神」が文字になっていると妙な心持ちがする。

巾着のように見えるその姿は「ザクロ」の形をしている。

ザクロは法華経の守護神とされ法華宗日蓮宗で大切にされているそうだ。

 

真源寺 入谷鬼子母神御朱印(2012年)

御朱印は境内左手奥の授与窓口でいただいた。




▼真源寺は入谷交差点から西へすぐの場所に建つ。

 

▼ひとつ前の札所 英信寺を出ると、そこは看板建築の古い建物が見える「金杉通り」。

この通りは、もっと古い建築物があったが、マンションなどに姿を変え、今は消えた。

写真の看板建築も風前の灯のようだ。

▼「呉竹の根岸の里」はあまりにも遠い時間の彼方に・・。

 

下谷七福神を歩き始めて、まだ1時間も経過していない。

だが、井之頭五郎のごとく「腹が、減った!

七福神6ヶ所目の鬼子母神前を通り過ぎ、入谷交差点方面へラーメン屋を探す。

入谷交差点近くには3件ほどのラーメン店がある。googleの評価はどの店も良好。

そのうちの1軒は2度ほど経験している。

▼今回は交差点に一番近い「天内」の店内に入る。

店名の読みは「アマナイ」だそうだ。メンドーな名称だ。

近頃は店名も「ラーメン」というカタカナから「中華そば」という古風な表現が多くみられるようになった。

けっして「中華」ではないだろうし、名称によって内容が区分けられる訳ではない。

イメージだろう。

▼シンプルな「魚介醤油ラーメン」800円をオーダー。

いつの間にか800円とい値段で食べられるのはアリガタイという気持ちにさせられる昨今のラーメン事情。

インバウンドを見込んで3000円、5500円のラーメンも売るというから、日本のラーメンもゴーマンになったもだとビックリ!

ハイッ、800円のラーメンで大満足!

 

▼腹も朽ちくなったから鬼子母神に戻る。

▼1659年に開山された真源寺だが歴史を感じさせられる建物はなく、普段は閑散としている。

下谷地区の大部分は空襲で焼かれている。真源寺の建物もその後の再建から、さらに新しくなっているようだ。

 

七福神開催最終日も、それほどの人出ではない。

数回訪れてはいるもののオープンなイメージを感じさせない寺だ。

やはりこの寺の顔は、初夏に開催される「朝顔」なのだろう。

彫り物の龍も、ビックリ眼の獅子も、まだ若造かもしれない。

これから先の30年、50年でその姿の味を増すのだろう。

▼境内に入ってすぐ右に「福禄寿」が祀られているお堂がある。

ここも普段は扉が閉まっている。

▼ほぼ二頭身のユニークな姿はビックリするほどではない福禄寿にあいさつ

「ずいぶん久しぶりです!」。じっくりご対面は11年ぶりかもしれません。

七福神巡り6ヶ所目、ラス前の福禄寿にお参りしたら、

三島神社を目指しラスト1マイルもない、0.3マイルを歩く。

 

 

 

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村