/


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

関東を中心とした寺社の御朱印記録です。参拝・収集目的に少しでも役立てば幸いです。

少彦名神社の御朱印(大阪・中央区)〜春琴と佐助が歩いた街(下阪 御朱印 Tour---㉑最終回)

少彦名神社御朱印

すくなひこな じんじゃ主祭神少彦名神大阪市中央区道修町2-1-8)

 

少彦名神社御朱印です。

中央上の印は「定給療病方 咸蒙其恩頼」で当社の注連柱にも刻まれています。

意味不明ですが、日本書紀に出てくる言葉だそうです。

 

少彦名神社御朱印「五月晴」。

少彦名神社御朱印端午祭」。

少彦名神社御朱印帳。

▼基本御朱印のほか、いくつかの限定が案内されていました。

最新情報・詳細は「御朱印・ 御朱印帳 – 少彦名神社(神農さん)」を参照ください。

 

▼当社は「道修町」に鎮座します。坐摩神社から1.5kmほど歩きました

 

▼大阪に土地勘のない関東人ですが「道修町」の名称は知っています。

江戸時代からの「薬の街」で、現在も製薬関係の企業が約150軒ほどあります。

東京に置き換えると「日本橋本町」になるのでしょう。

町の名称は知ってはいましたが「どうしゅうまち」と間違って覚えていました。

この町に来て初めて「どしゅうまち」が正解だと知りました。

 

▼その「道修町1丁目」交差点角に気になる建物がありました。

▼昔の薬種問屋でしょうか?

▼「コニシ」???

▼誰もが知っているこの製品の会社でした。(写真はボンド

コニシ」は元は薬種商小西屋」として創業されています。

今や合成接着剤メーカーとして有名ですが、

社名は意識されず品名の「ボンド」で通用している会社でしょう。

 

▼建物は明治36年に建てられて旧社屋で、現在は資料館となっているそうです。

 

▼そして関東人が「道修町」の名称を知っているのはこの作品です。

道修町」を舞台とした谷崎潤一郎の印象深い小説「春琴抄」は

映画やTVなど数多く映像化されています。

 

薬種商の次女「春琴」と「小西屋」の時代は少し異なりますが、

▼丁稚「佐助」が盲目の春琴の手を取って歩いている姿が目に浮かぶような風景です。

少彦名神社」の入り口にある

▼「春琴抄の碑」は「日本近代文学史上屈指の名作」としています。

▼さて神社の入口には別称の「神農さん」の看板があります。

神農さん」とは「神農大帝」と尊称され中国の医薬と農業を司る神だそうです。

もともと道修町に祀られていた「神農さん」に

さらに1780年、薬の安全と薬業の繁栄を願うために、京都の五條天神社より少彦名命の分霊が勧請されたのが当社の起源です。

▼入口脇に「金の虎」が吠えていました。

日本医薬の祖神・少彦名命と中国医薬の祖神・炎帝神農を祀る日本医薬総鎮守ですので

▼「疫病退散」は真実味が増します。

神社は思っていたよりかなり小さな神社でした。

▼参道も建物に挟まれ窮屈でしあt。

▼参道奥に「鳥居」。

▼鳥居をくぐるとすぐに「拝殿」です。疫病退散を祈ります。

▼張子の虎は2022年の干支かと思いましたが、全く違いました。

江戸末期に大坂で「狼痢コレラ)」が流行した際、

疫病除薬としての頭骨などの和漢薬を配合して「頭殺鬼雄黄圓(ことうさっきうおうえん)」という丸薬が作られました。

病名と薬に「」の字が当てられていたことから薬とともに「張り子の虎」がお守りとして配られました。

現在も「置き守」などとして「張り子の虎」が授与されています。

▼拝殿本殿も圧迫感あるビルに囲まれてしまっていますが、明治に造立された社殿は大阪大空襲の被害から逃がれられています。

▼「五社明神」は狭い境内ですが一応境内社でしょうか?

提灯の「永久照明」の意味は「不滅の法灯」に近いのでしょうか?

 

▼大黒さん、七福神の皆さんも勢ぞろい!

やはり病気平癒などの願いが多い絵馬がたくさん掲げられている参道脇の通路を通って

神社を出ます。


9歳の時に失明した春琴のために、家人や佐助がこの神社の医薬の神に祈ったかもしれません。

しかし、小説はすべて創作。そんな記録もなく、描写もありません。

坐摩神社の御朱印(大阪・中央区)〜いかすり神社に陶器神社(下阪 御朱印 Tour---⓴)

坐摩神社御朱印

いかすりじんじゃ」または「ざまじんじ

主祭神(総称):坐摩神(阪市中央区久太郎町4-3)

御朱印は見開きで直書きいただきました。

 

坐摩神社御朱印です。

神紋の白鷺印の下に「摂津国一宮」の印があります。

よく知られる摂津国一宮は「住吉大社」ですが、

坐摩神社は「延喜式」に攝津國西成郡の唯一の大社と記されているそうです。

 

境内社 陶器神社御朱印です。

御朱印はこちらの社務所受付でいただけます。

 

難波神社、南御堂から西へわずかに移動。南御堂の裏という立地です。

鎮座地の住所は「久太郎町4丁目渡辺3」という珍しい表記になっています。

地域が整理され地名変更とともに元の「渡辺町」がなくなる計画に対して、

渡辺姓の末裔で作る「全国渡辺会」が渡辺の名のルーツである渡辺町の消滅に反対運動を起こした結果「4丁目渡辺」となったそうです。

googlemapで見ると神社だけがこの表記になっています。

渡辺姓の発祥の地だそうですが「全国渡辺会」の存在とともに驚きの初耳です。

 

▼街中に緑を見つければ、そこは神社や寺であることが多いのは大阪でも同じです。

▼大小の3つを組み合わせている珍しい鳥居。

▼さて「坐摩神社」、どうあがいても「ざまじんじゃ」としか読めません。

地元の方々には親しまれて「ざまさん」と呼ばれているそうですが、あまり耳障りの良い言葉ではありません。

 

イカスミ」ならばパスタ!

しかし「イカスリ」。

 

「いかすり」は「居住地を守る」という意味の「居所知(いかしり」)が転じたという説があるそうです。

どちらにしても少し厄介な名称の神社です。

それだけに人々には記憶されやすい側面も持っているかもしれません。

 

▼手水舎はこのスタイル。水は自動で出て昨今の感染症対策いらず。

▼鳥居と手水舎の間に隠れていて見過ごすところでした。備前焼かもしれません。

▼境内右側の回廊が目につき、後方に境内社が見えます。

▼順序は逆ですが、本殿の前にこちらから参拝。

相殿神社・大江神社・繊維神社・大國主神社・天満神社が並び、

社殿は小振りながら統一された美しい姿をしています。

坐摩神社は由緒によれば、

神功皇后新羅より御帰還の折、淀川南岸の大江、田蓑島のちの渡辺の地(現在の天満橋の西方、石町附近)に奉祀されたのが始まりとされています。

ということは4世紀ごろになります。とお〜い、と〜〜い昔です。

白鷺の神紋は、神功皇后が坐摩の神の教えにより白鷺の多く集まる場所に坐摩神を奉遷されたことに由来するそうです。

井戸水の神・屋敷神・庭の神・足下の神・旅の神などが祀られ、総称して坐摩神と呼ばれています。

▼社殿はコンクリート製で戦前の姿のまま昭和に再建されています。

▼東京でも同じでが、やはり人々の集まる神社が寄席などの発祥地となるのでしょう。

▼西側にある神社入口です。

▼その正面は「稲荷社」。

▼面白い形の屋根です。

▼その左隣は大阪夏の風物詩として有名な「陶器祭り」が開催される「陶器神社」。

陶器神社の起こりは江戸時代ですが、創建されたのは明治6年

 

かつて当地域には陶器問屋が200軒もあったそうです。

それらの商人に「火除の神」として崇拝され

火防(ひぶせ)陶器神社」と呼ばれています。

 

焼き物に知識はありませんが、灯篭も陶器製は珍しいでしょう。

▼「陶器祭り」の案内も陶器製です。他にも随所に陶器が使用されています。

 

「いかすり神社」より「陶器神社」が印象深い「ざま神社」でした。

南御堂の御朱印(大阪・中央区)〜難攻不落 難波別院(下阪 御朱印 Tour---⓳)

南御堂御朱印

みなみみどう浄土真宗大阪市中央区久太郎町4-1-11)

南御堂」は通称で「真宗大谷派難波別院」が正式名称。

遠慶宿縁」と書かれたリーフもいただきました。

説明にある通り親鸞の言葉で「遠く宿縁を慶べ」という意味。


南御堂御朱印です。

▼本堂内の左側の受付でいただきました。

若い僧侶さんに恐縮するくらい大変丁寧な対応いただきました。

 

一般的には「浄土真宗」の寺院では御朱印授与はない、と半ば常識のように理解されていることが多いと思います。

 

事実、京都の本山「真宗大谷派東本願寺」いわゆる「お東さん」のHPには

「朱印をしない理由」が2022年現在も掲載されています。

したがって京都東本願寺では御朱印はいただけないでしょう。

 

しかし今回、同じ「真宗大谷派」ですが「難波別院」では御朱印をいただけました。

東京でも浅草の「東本願寺」や、麻布「善福寺」でも御朱印授与がなされています。

 

古く遡って江戸時代から近年までは、京都東本願寺などの真宗寺院でも御朱印を授与されていたそうです。

 

同じ親鸞を宗祖とする「浄土真宗」と一口に言っても「真宗十派」のほか多くの諸派が存在しますが、

その「派」ごとの考えなどの違いは難しく分かりませんし、

街中の個々の寺院がどの「派」に属しているのかも分かりづらいものです。

 

御朱印授与についても「派」ごと、あるいは寺院ごとに考えが違うのでしょう。

 

親鸞の「遠く宿縁を慶べ」という言葉のとおりに、

御朱印授与も何ら抵抗を覚えず、進んで授与する寺院もあるようです。

 

ですので、御朱印収集者の間で一般常識的になってしまっている

浄土真宗の寺院では御朱印授与はない」という事は

間違いと言えるかもしれません。

 

難波神社から北へ直ぐのところに「南御堂」はありました。

通称である「南御堂」ですが、もう少し北に同じ真宗の「北御堂」があります。

この二つの「御堂」の前を通る道ということで「御堂筋」と名付けられたそうです。

 

google mapを頼りに歩いても、寺の山門らしき姿は現れません。

▼見上げても大きなホテルかオフィスビルとしか思えませんでした。

▼見回すと、ビルの下の通り抜け部分に「難波別院」の案内ボードがありました。

▼巨大なビル下をくり抜かれて「門」というか「入口」になっていました。

▼山門?天井です。もちろん龍はいません!

▼境内内側から見た巨大な「山門?」は、まるで要塞です。

やはり上部はホテルになっていて、

「御堂会館」として寺側の集会などで利用する施設も併設されているようです。

こんな姿の寺入口は見たことなくオドロキというよりタマゲました。

 

▼入口から正面に見えるのが「本堂」でしょう。

当院は秀吉の土地寄進により1959年に開創されています。

他の寺社に多くみられるように大阪城築城の際、現在地に移っています。

その後、本願寺は京都へ移転、その跡地に難波別院が造営されています。

 

▼戦火に会う前の戦前の本堂の姿をwikiで見つけました。

やはり広い境内と大きな本堂が見えますが、いかにも「寺」という雰囲気を感じるのは松などの木々のせいかもしれません。

 

 

▼現在は本堂の他に寺院らしい建物は右手に「手水舎」と、左手に「鐘楼」が見えるだけです。

 

▼ダダァーーと広く、大きな木は1本もない境内から本堂に入ってみます。

▼本堂前で参拝者を迎えているのは「ブットンくん」。

(ブツ)」と「(トン)」が合体した名称だそうです。

 

▼内部では個人的な供養が行われている様子でした。

正面は阿弥陀如来でしょうか?

 

▼おジャマしないように片隅から手を合わせます。

▼本堂左横に寺らしき景色を見せるエリアがあり、もう一つの梵鐘です。

▼小じんまりとした庭が造られていて芭蕉の句碑などが建ちます。

▼「旅に病で ゆめは枯野を かけまはる」大阪で亡くなった芭蕉最後の句だそうです。

 

▼どこかで見覚えのある像ですが、思い出せません。

▼「大阪城はもともとお寺だった!?」

 

信長が攻めあぐねた石山本願寺。その具体的な寺の姿は分かりませんが、

「南御堂」も難攻不落の要塞のような寺院でした。

難波神社の御朱印(大阪・中央区)〜雨上がりの御堂筋(下阪 御朱印 Tour---⓲)

難波神社御朱印

なんば じんじゃ主祭神仁徳天皇大阪市中央区博労町4-1-3)

 

難波神社御朱印です。

右上の印は神紋で、菖蒲紋の一種「抱き菖蒲」と呼びます。

涼しげな「」のイラストスタンプも押され、

6月には花菖蒲を奉納する神事が行われるそうなので、何かと菖蒲と縁の深い神社なのでしょう。

 

朱印帳に記帳いただいて300円。

朱印帳も1000円という東京では絶対見られないようなリーズナブル頒価となっていました。

「記帳すれば1300円」と、丁寧な案内も出ていました。

 

御津八幡宮からまっすぐ北へ10分ほど歩きました。

 

▼「雨の御堂筋」というのはどこかで聞いたことがありますが、「雨上がりの御堂筋」です。

大阪は南北に貫く大通りを「」と表し、京都では東西の大通りには「」の文字を用いていて地理的には覚えやすい、捉えやすい名称となっています。

これは街の形がほぼ碁盤の目になっているので、

そのような名称をつけられるのでしょう。

 

東京では本所あたりの江戸時代に形成された街以外は「碁盤の目」は見当たりません。

道路の名称も「」も「」もなくすべて「通り」です。

皇居を中心としての環状道路はありますが、地理を覚えるには容易ではない東京です。

 

▼さて、難波神社は巨大な一方通行「御堂筋」沿いに鳥居を構えています。

関東人にとって「御堂筋」という言葉は通りの名称というより、街、繁華街、ビジネス街としてのイメージを持っている人が多いと思います。

おそらく多くの楽曲の歌詞に出てくる「御堂筋」というイメージが強いからでしょう。

 

▼御堂筋沿いの東の入口から正面に移動して南の鳥居です。

▼境内に入るとクスの巨木が目を惹かれます。

境内にほかに大きな木はないので余計目立つのでしょう。

樹齢400年、空襲の戦火で傷を負いながらも生き続けているそうです。

触れるとパワーをいただけること間違いないでしょう。

 

御堂筋にはきれいな並木が長く続いていますが、

その外側はビルで埋まっていて緑は多くない中で

難波神社はビジネス街のオアシス的存在でもあるようです。

 

▼社殿前でアヤメ造りがされていました。

「菖蒲神事」で菖蒲を刈り取る所作のある神楽「菖蒲刈り」が巫女さんによって舞われるそうなので、それに使われるのでしょう。

 

もっとも本ブログは菖蒲(しょうぶ)もアヤメカキツバタも区別はつきません。

ちょっと意味は違いのに

いづれ あやめか かきつばた」の慣用句に納得してしまいます。

ホントは「甲乙つけがたい」という意味でしょうが・・。

 

ところで大阪の田舎者としては「難波」からは距離が離れているのに

なぜ「難波神社」なのか不思議です。

数回遷座され、明治になって「上難波神社」から現在の「難波神社」となり、それまでに天王寺区本町に鎮座していた時期もあり、そんな関係からでしょうか?

それとも大阪人の地域的「ナンバ」感覚は広域なのかもしれません。

 

訪問は日曜日でしたが地域、柄境内にはビジネスマン・ウーマンらしき姿も多く見られました。

主祭神の「仁徳天皇」にご挨拶です。

子である反正天皇(はんぜいてんのう)が、父の仁徳天皇を祀ったのが創建と伝わります。

仁徳天皇の父である応神天皇誉田別尊)は、

八幡神 として祀られる八幡宮を無数に見られますが、

仁徳天皇主祭神とする神社は当社と「高津宮」くらいでしょうか?

関東では相殿や若宮などで祀られる他はほとんど見かけません。

日本最大の古墳「仁徳陵」に眠る天皇にしては、神社数の少ないのも不思議です。

 

 

▼江戸時代には単に「稲荷社」と呼ばれていたそうです。

▼「博労稲荷社」は江戸時代では「博労町のおいなりさん」として仁徳天皇より有名だったようです。

当社の鎮座地町名にもなっている「博労」とは聞き慣れぬ言葉ですが、

牛馬の売買を生業としていた「馬喰」のことで

伯楽白楽もみな「ばくろう」だそうです。

大阪の「博労町」、東京の「馬喰町」ということでしょう。

▼こちらは「金刀比羅神社」。

▼「十四柱相殿神」は、楠木正成、秀吉、家康、道真など錚々たる祭神が祀られています。

仁徳天皇の父 応神天皇も祀られていました。

14柱の神々は少し窮屈な思いをしているかもしれません。

 

▼片隅の神池も小さなオアシスの役目を果たしています。

 

活気のある街で参拝者の絶えない活気のある神社でした。

 

 

▼「仁徳天皇」を主祭神とする神社の記事。

wave2017.hatenablog.com

御津宮の御朱印(大阪・中央区)〜アメリカ村 vs ジョンソンタウン(下阪 御朱印 Tour---⓱)

御津御朱印

みつぐ」または「御津八幡宮主祭神応神天皇大阪市中央区西心斎橋2-10-7)

ミナミのはちまんさん」はアメリカ村の中にあり「アメリカ村の鎮守」と言ってもいいかもしれません。

 

御津御朱印です。

下の写真の授与所で丁寧に対応いただきました。

適度に抑制気味の飾りスタンプで

おおげさに媚びらない御朱印スタイルは好感です。

 

▼大阪滞在1日目に続き、3日目の朝も雨模様。軒下の自転車脇にネコ!

御朱印を記帳いただく間、しばしネコとにらめっこ。朝寝のジャマした?

 

▼土地勘もないのに「神社はアメリカ村の中」と書きましたが、間違いない?

 

▼ミナミのアメリカ村はこの「三角公園」を中心として、若者向けのアメカジショップなどが集積するエリア。

修学旅行生も訪れるという人気はもう長い間続いていて、多くの若者に支持され続けているようです。(▲上の写真は「大阪どっかいこ」からお借りしました)

 

村ではないですが、東京にも「アメ横」が昔からあります。

アメ横」は戦後の闇市が起こりなのでその歴史や、現状の姿は「アメリカ村」とは」ずいぶん違います。

 

さらに東京には

電気街、古書店街、スポーツ店街、バイク街、繊維街、道具街、問屋街、あげくは仏壇街などなど

挙げたらキリがないほど専門ショップ街が多くあります。

▼そして大阪の「アメ村」よりはるかに「っぽい」街がここです。

東京・福生にある街というより「アメリカの田舎」というような雰囲気のエリアです。

               (写真は▲ジョンソンタウン「TABI LABO」からお借りしています)

東京にもアメリカ村があるからと言って何なのだ? という事になるかもしれませんが、

大阪にケンカを売る気はありません。

大阪の「アメリカ村」は日本で唯一の「アメリカ村」でしょうから。

そして若者が訪れたいと思う「村」に違いありません。

少なくとも東京の「仏壇街」よりも・・。

 

▼さて、雨の「村のはちまんさん」です。

由緒によれば

手向山八幡宮東大寺の守護神として宇佐八幡宮から勧請された折、

宇佐からの神輿がこの地に上陸し、一時安置され、

後にこれを御津八幡宮と改めたと伝えられています。

要するに神様が海を渡って奈良の手向山八幡宮に向かう際、

ここで「途中下車」されたというわけでしょう。

「途中下車」というより「上陸地」でしょうが・・。

 

したがって創建は8世紀となり、

いただいた御朱印にも「後鳥羽院勅願所」とあるように

のちの鎌倉時代後鳥羽上皇の勅願所となったそうです。 

それにしても雨がキツイ!

大阪最後の3日目も雨かと思うと少し憂鬱でしたが、このあとすぐに雨は止みました。

雨は止んだとは言え、度々のことですが

地方に泊まりがけで御朱印巡りに出かけると、

2泊の場合の3日目はテンションが上がらない事がほとんどです。

訪問予定していた社寺も、どうでもよくなります。

 

そんな気持ちで社寺を訪れたら「バチ」が当たること必至でしょう。

 

▼「誉田別命」にお許しいただくよう丁寧にご挨拶です。

 

▼稲荷社かと思った境内社は「石宮龍王」の額が掲げられていました。

祭神は稲荷社などと同じ「倉稲魂命」でした。

 

▼様々な表情のワンコ絵馬。

ワンコの顔は奉納者が自ら書き加えるようですので、ユニークな顔も見られます。

みんな絵が「おジョーズ!」

 

最終日の大阪、少しダレていますがこの後も出来るだけ歩いてみましょう。

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村