/


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

関東を中心とした寺社の御朱印記録です。参拝・収集目的に少しでも役立てば幸いです。

【番外】「未来のレモンサワー」に未来はあるか? 〜御朱印収集禁断症状離脱

“世界初”本物のレモンスライス入り『未来のレモンサワー』 

というキャッチで、アサヒビールが首都圏・関信越エリアの1都9県にて6月11日から数量限定で発売した。

▼その新聞広告(読売新聞)。

1ページ全面カラー広告だ。

一般紙、全国紙の新聞全面広告の掲載料金はいくらになるのか見当もつかないが、

ググってみると4,700万円という驚愕の数字が出てきた。

 

だがこれは掲載紙・掲載面・時期・タイミング・出稿回数・契約内容等により料金は大きく変動するとのことで、一概にいくらとは言えない。

いずれにしても一般的なサラリーマンの年収より高いことは確かだろう。

 

その広告料金のうちスズメの涙ほどにもならないだろうが、広告が撒き餌のごとく効果を表し、1本買わされてみた。

 

▼2種類あってこちらが「オリジナルレモンサワー

▼もう一つは「プレーンレモンサワー

朝日のニュースリリースでは

『未来のレモンサワー』は、レモンの味わいや香りを五感で体験できる新しいレモンサワーです。当社独自のフルオープン缶を使用することで、レモンスライスが浮き上がる様子とともにレモン由来の豊かな香りが楽しめます。そのまま食べることもできる本物のレモンスライスが入っているため、レモンの個体差や飲むタイミングにより1缶ごとに異なる味わいを感じることができます。レモン由来の果実味たっぷりな風味と適度な酸味と苦みが調和した味わいが特長の「オリジナルレモンサワー」と、サワー液に糖・香料不使用※3でレモンの自然なおいしさが味わえる「プレーンレモンサワー」の2品種で展開します。

 

▼買ってみたのは「オリジナルレモンサワー」。

キリキリに冷やしたのだが、シズル感タップリの缶のイラストによって、現実の缶の「汗」がかき消される感じだ。

希望小売価格は税込298円。

もちろんそんな価格で売っている店はないはずで、実売価格はもう少し低いが、それでもその他大勢のモンサワー、缶チューハイよりかなり高めだ。

 

▼フルオープンのトップを開けてみた。

真上からしばらく眺めてみたものの何も起こらない。

レモンスライスを入れ忘れたか? 少し心配になる!

ニュースリリースでは

ふたを開栓するとレモンスライスが浮き上がってくる世界初※1のRTD※2『未来のレモンサワー』

と謳っている。

よく見ると缶の底の方に、かすかに黄色い円形が見える。

スライスは入っていて、忘れられてはいないようで安心した。

 

▼だが1分経過してもまだスライスは浮いてこない。

冷やしすぎたか?

テーブルに缶をトントンしてみた。

変化なし。

メンドーだ、まずは一口飲んでしまえ!

▼一口あおって缶を置いたところで、ようやくスライスが浮き上がってきた。

んんっ?
どこか思い描いていたイメージと違うぞ!

▼頭にあったのはこれだ。

写真は撮り用だが、上の2枚は大きく違う。

何よりはレモンスライスが「種あり」だ。

▼写真を思いっきり明るくしてみた。

やはり輪切りにされている種がイメージの邪魔をする。

 

まぁ、そんなことはどうでも良いからと、上唇にスライスがツンツンとノックするが、構わずガブガブと飲めば数分で空になった。

 

毎日飲むほど缶チューハイは好きだが、目を閉じて飲めば、どのレモンサワーか飲み分けられるものではない。

好みで甘すぎるか、程良いかくらいを感じられる程度で、情けないことにほぼ、どれもウマイ!と感じさせられてしまう。

この「未来」も味覚はその領域から外れない。

 

▼「そのまま食べることもできる本物のレモンスライス」を取り出してみた。

薄っぺらなスライスはアルコールでふやけているが、問題なく食べられるだろう。

だが、この痩せて年老いたような姿はとても食べる気にさせてはくれない。

気の毒なことに「“世界初”本物のレモンスライス」はそのまま捨てられてしまう運命となった。

 

▼本物のレモンスライス入りで思い出すのはこちら。

ロングセラーの人気商品「SACRE」。

フランス語で「神聖な」という意味とサクサクとした食感をイメージして「サクレ」と名付けられたそうだ。

▼酸味が苦手な人以外、このスライスは食べない人はいないだろう。

驚くことにこのSACREは1985年の発売だそうだ。

どのスーパーでも見かけるから、もう40年近く売れ続けているのだ。

大ヒット商品に間違いない。

缶入りでアルコール漬けにされた「未来レモン」と

PP入りで氷漬けにされた「昔からのレモン」に差が出た。

 

同じレモンスライス入りでも勝敗は明らかだ。

だが、氷菓子とアルコール飲料では比べるものではないだろう。

本物のレモンスライス入りは他の商品が思い当たらないから、つい比べてしまった。

 

アサヒも「未来のレモンサワー」は数量限定で発売!としているから様子見で、売れ行き好調ならば期間無期限で店頭に並ぶことになるだろうが、

はてさて、その未来はあるか?

 

本ブログは家飲みの缶チューハイに「キメ」はなく「未来」も変わらず、

▼味覚と価格重視で数種類飲みつづけるだろう。

 

閑話休題

3ヶ月以上のブランクの末の投稿。

 

人はさまざまな環境変化にさらされる。

その変化ゆえブログから離れてゆく場合も多々ある。

本ブログも半年以上御朱印巡りをしていない。

中毒症状だった御朱印収集から離れても禁断症状は出ていない。

いや禁断症状から脱したというのが正しいかもしれない?

 

日々は忘れていられる御朱印が恋しくなったら出かければ良い。

旅に出た時は2、3ヵ所の社寺を巡れば良い。

御朱印も、そんな付き合い方があっても良いだろう。

【半ば番外】熊野牛王神符 〜208羽の「オカラスさん」は何を表す? 「ごおう」の迷宮

熊野牛王神符

くまの ごおう しんぷ

 

熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社で求めた神符。

本ブログは御朱印は収集しても神札、神符を収集することはない。

以前は地元近くの富岡八幡宮に初詣で昇殿し、その折に神札をいただいていた。

昇殿しなくなった現在はシンプルなものを求め、それだけで一年の神札としている。

 

しかし熊野三山を訪れた時は各社でそれぞれの神符を求めてしまった。

カッコイイからだ。まったくのミーハーだ。

さらに何を表しているのか全く意味不明な摩訶不思議なデザインだったからだ。

 

本宮の神符が入れられていた封筒。

▼その裏に神符の説明が記されていた。

牛王宝印」「お烏さん」とも呼ばれる熊野独特のこの神符の起源は不詳。

神代の故事に由縁するとも伝わり、

のちの時代には誓約書の役割も担ってきたそうだ。

 

吉川英治の「私本太平記」に、北条高時足利尊氏にかけた言葉に

こんなセリフがある。

「わが祖廟、北条氏にたいして、ちかって異心をはさみ奉らずというむねを、熊野牛王の誓紙にしたためて差出せい」

 

現在はカンタンな言葉にしてしまえば、主に厄除けのお札とも言えるようだ。

 

本宮大社の神符。

本宮の神符は88羽の「お烏さん」で構成され、文字は「日本第一」の四文字だけだが、

カラス文字」が表しているのは「牛王宝印」の四文字と云われている。

よく分からないがデザイン構成を縦に3つに分けると、右側は「熊野」の文字を意識したようにデザイン化されたと見えなくもない。

 

▼だが速玉大社の神符になると「熊野」の文字は見失う。

速玉大社の神符は48羽の八咫烏で描かれている。

三社の神符のうち「お烏さん」が一番少ないから数えられる。

数えてみると確かに48烏だった。

右上の位置にある四角いメガネのような形状の囲み二つに眼を引かれる。

 

日本第一」は「日本第一大霊験所」。

3本足の八咫烏は、神武天皇を熊野国から大和国へ道案内をしたとされている。

そして神符ではその烏たちが宝珠らしきものを囲んでいるようだ。

理由はともかく、ここまでは誰でも易しく理解できるかもしれない。

 

那智大社の神符。

朱色の宝珠らしき印は本宮は一つ、ほかは三つ捺印されている。

神符には「日本第一」のほかに、唯一那智大社には「」の文字がある。

宝珠も三社のうちで一番多く、印を加えれば18個ある。

烏は72羽。

 

三社の神符は一人の人間のデザインなのか、あるいは三人なのか?

 

そろそろ、そもそも分からない事ばかりになる。

 

牛王」を「ごおう」と読ませるのも一般的には無理がある。

知らなければ誰しもが「うしおう」か「ぎゅうおう」と読む。

「牛」は音読みでは「ギュウ」が一般的。

牛車ギッシャ)」などは「ギュウシャ」が変化したものかもしれない。

」ではなく「」だったら「」と読める。

だが「」も音読みで「」と読ませるようだ。

 

また、なぜ「」なのか? なぜ「」なのだ?

少量の脳を格納するアタマが痛くなってくる。

 

それは「うしおう」ではなく、

八坂神社などに祀られる頭上に牛の頭を持つ

祇園精舎の守護神「牛頭天王ごずてんのう)」が元々かもしれない。

牛頭天王」は素戔嗚尊(すさのをのみこと)と同体ともされてあり、

薬師如来の仮の姿「垂迹(すいじゃく)」とも云われる。

 

▼「牛頭天王をつかんで食べる天刑星」だそうだ。photo=wiki牛頭天王

 

萬の神々を信じ、仏教も受け入れてきた日本人が長い歴史変化の中で、

神仏をそれぞれの時代に、それぞれに都合の良い姿、言葉に変えてきた結果の

牛王」なのかもしれない。

 

だから神符は熊野に限らず、八坂神社や東大寺、東寺など、他の多数の寺社でも授けられているのかな?

 

「ごおう」の迷宮を誰しもが理解できるように易しい言葉にするには無理のようだ。

 

ここまでに記してきた「ごおう」に関する内容は、

部分的に個人的見解の「誤報(フェイク)」になるかもしれないから

賢明な皆さんは自らファクトチェックです!

 

wave2017.hatenablog.com

 

【番外】遅まきながら❷ たった6枚の年賀はがきを切手に交換してきて思ったこと

前回記事の続き。

郵便局でたった1枚の当選年賀はがきを切手シートに交換したついでに84円切手を10枚購入した。

さらに書き損じの年賀はがきを切手に交換してもらった。

 

▼切手の利用は100%ビジネス使用だが、いつもは特殊切手を購入している。

ビジネスの請求書だって同じ金額なら味気のない通常切手より、サイズも大きく、美しい特殊切手の方が、いくらかかステキなことに違いない。

 

▼ところがこの時は「特殊切手がない」と言われて、やむなく味気ない通常切手になった。

幼い頃、短い期間だが切手収集の経験があったせいか、郵便には必ず特殊切手を使用してきた。


かつての昔は切手収集者が多かったことや、発行枚数が少なかったせいか普段は発行日以外は特殊切手・記念切手はなかなか手に入らなかった。

 

またそれらは収集者のためのものであり、通常の郵便に使用されるものではなかったように記憶する。

 

しかし何時ごろからか、またその原因もわからないが郵便局には常に特殊切手の在庫があり、受付カウンターでもその案内がされている局も見るようになった。

 

同じ頃から届く封書やハガキにも特殊切手が貼られているのを見かけるようになった。

 

見たことのない美しい切手が貼られていると見入ってしまうこともある。

 

▼今やこんな特殊切手も収集用、観賞用だけではなく、実用としても購入されているのだろう。

(photo=「jp」)

紙の郵便、紙の切手はSNSに押され絶滅危惧種

いつかはこんな切手も目にすることができない日がやってくるかもしれない。

 

▼当選年賀はがき交換と切手購入の他にもう一つ書き損じ年賀はがきを切手に交換してもらった。

窓口での要求は「当選交換」「切手購入」「書き損じ交換」の3つになって受付の女性も計算に混乱気味になった。

▼年賀はがき3等当選の切手シートの他に手にしたのはこの84円切手15枚。

やはり通常切手は味気ない。

 

▼購入と交換の計算結果がこの領収書。

記載内容が全く訳のわからないレシートだが計算は間違っていない。

 

書き損じのハガキは1枚5円の手数料で額面通りの切手などに交換してもらえる。

❶書き損じは6枚で 額面63円×6=378

❷交換手数料は 1枚5円×6=30

❸交換に求めたのは 84円切手×5枚=420

❹別に購入した84円切手×10枚=840

❸420-❶378+❷30+❹840=912

 

小学生低学年レベルの計算だが、間違いなくレシートに記録されるまでには、我が後ろに並ぶ受付の順番を待つ人たちをヤキモキさせたことだろう。

 

▼ところでここ数年は切手の裏面糊が使用されずシール方式になった。

通常切手でシール方式はなさそうだが、特殊切手はほとんどシール切手になりつつあるようだ。

 

▼過去のお年玉年賀はがきの3等当選の切手シートを引っ張り出してみた。

どういうわけか昭和36年(1961年)という少し折り目と汚れがある半世紀以上前のシートも出てきた。

5円切手が4枚で額面金額20円。

昭和41年に郵便料金が改定されるまでは封書が10円、はがきが5円だったから実用にもなる。

▼その後10円が3枚になり、さらに60円と40円が1枚ずつという構成は当時の郵便料金を意識した設定なのだろう。

お年玉切手シートも郵便料金改定の歴史を見ているかのようだ。

一番古い1961年から64、65、66、75、76、81、88、2007年、12、17、20、23、24という半世紀以上のうちの14年分だけが残っている。
家中引っ掻き回せば、さらに出てくる可能性もある。

いずれにしても3等以上が当選した記憶はない。

 

こんなものを捨てられないのは御朱印の収集癖と同様な位置にあるかもしれない。

 

同年の切手シートが複数枚というものもあるから、メルカリにでも出品すればランチ代くらいにはなるかもしれない。

 

御朱印をメルカリなどに出品する輩もいるが、この切手シートなら問題ないだろう。

【番外】遅まきながら❶ たった1枚の2024年お年玉当選年賀はがきを交換してきて思い出したこと

2024年の年賀はがきお年玉当選番号の発表は1月18日だったようだ。

 

毎年ヒマができた時に思い出したように今年届いた年賀状を調べてみる。

多忙な日が続く年は、そんなものは忘れていることもある。

 

さらに近年は年賀状は出す人も貰う人も減少し続けているという。

 

発行のピークは2003年の44億5936万枚、約20年後の2023年発行は14億4000万枚。

ピーク時の3割近い。

それぞれ翌年用の「発行枚数」だから現実に使用、ポストに投函された枚数はもう少しだけ少なくなるだろう。

 

当然、本ブログも以前より出す数も減り、届く数も減っている。

 

▼そんななか今年届いた50枚にも満たない年賀状の番号を調べてみた。

あった!

喜ぶべきか、ガッカリするべきか、あたり前に1枚だけ「3等」。

だが、実はこのハガキは書き損じだった。

 

書き損じであれ、何であれ63円84円が1枚ずつの切手シートと交換できた。

▼用紙に当選枚数と氏名を記入させられ、当選ハガキはスタンプを押されて戻される。

以前は番号部分を切り取られて戻されたと記憶しているが、

人によっては、いただいた大事な年賀はがきの一部が切り取られるのは気分が悪いかもしれない。

 

郵便局の窓口で「何で切り取るのだ!!?」と女性職員に怒りをぶちまける老害ジィさんがいたのかもしれない。

だから「引き換え済み」という意味のスタンプに変わったのだろう、と想像できなくもない。

スタンプは良い方法だ。

 

当選番号の3等は下2桁が3組あるから、

確率的には年賀状が100枚手元にあれば3枚は当選するのだが、そうはいかない。

 

▼当たりそうで当たらない、3%という確率を視覚的にするとわかりやすい。

 

やはり発行枚数がピークの頃は本ブログにも80枚前後届いた年賀状だが、

3等さえ1枚の当選なしという結果が何年も続いたことがあった。

連続番号で届くわけではないから結果は3%という確率通りにはならない。

 

当然、その逆もある。

70〜80枚くらい届いた年賀状で3等当選が3枚以上の年もあった。

 

昔、ある知人から「オレの出した年賀状、当たっっていたでしょう!

と恩着せがましく問われたことがあった。

当初はどういう意味か全くわからなかったから「さぁ?」とその時は答えておいた。

 

後ほど確認したら彼からの年賀状が3等に当たっていた。

 

彼は自分の出した年賀状の番号と宛先を一つ一つ記録していて、当選番号の発表後、

差し出した年賀状のうち誰が何等に当選しているか確認したのだろう。

 

エクセルなどを使って住所録を管理していれば、それほどメンドイ作業ではないかもしれないが、それなりの作業が必要だ。

 

いずれにしてもその目的は、コンタンは何なのか? 分からず奇怪だ!

コッチは当選番号さえ調べてるヒマさえないというのに、

まぁ、なんて恐ろしく暇な奴なのだ!

 

彼はワルではないが「寅さん」がダイスキで容姿も何となくトラさんに似ている、

その奇怪な知人とはその後、音信不通になっている。

彼は旅に出っ放しかもしれない。

 

熱田神宮の御朱印(愛知・名古屋市)〜 暖かさと冷たさに膨らむ 境内のきしめんは「ぐう」

熱田神宮御朱印

あつたじんぐう主祭神御神体):薙神剣(草薙剣)(名古屋市熱田区神宮1-1-1)

 

熱田神宮御朱印は11年間というブランクがありますが、

何も変化のないほぼ伊勢神宮スタイル。

大きな有名「神宮」は御朱印はシンプルで、構成要素は長年変化しないものが多い。

 

熱田神宮御朱印(2024年)

多忙な1月のせいか書置きだった。

それはやむを得ないと思うが用紙が何とも情けない。

きちんと墨書き・捺印はされているものの、向こう側が透けて見えるお習字練習用紙の半紙並み。

「神宮」である。御朱印の意味に変化はなく、高価な用紙を使用しなくとも良いが程度の問題とも思う。

 

熱田神宮御朱印(2013年)

別宮 八劔宮 摂社 上知我麻神社御朱印(2013年)。

2013年は「八劔宮」と「上知我麻神社」は一つの御朱印だった。

▼2024年現在はそれぞれ別にいただけ、境外摂社の御朱印もいただけるようだ。

ちなみに熱田神宮では御朱印を「神印」と称している。

熱田神宮御朱印帳。2013年購入だが2024年現在も変わりなく同じデザイン。


熱田神宮の鎮座地は町名にもなっている。もちろん駅名にも使われている。

 

▼金山にあるANAクラウンプラザホテル。

観光ホテルを別にして高級シティホテルは過去2、3回しか宿泊していない。

昼12時チェックアウトという時間的優雅さなのに、ボンビー性格なのか勿体無いことに9時前にホテルを出た。

熱田神宮までは車ですぐ。東門のここでもまだ9時数分前という早さ。

▼朝早い時間なのにはや多くの参拝者で賑わっている。

二ノ鳥居前の団体はアジアの人々だ。広大な敷地の静寂さとザワつきが混同する。

 

▼南の正門、東門から入っても三つ目だから三ノ鳥居になるのだろう。

熱田神宮は三度目の訪問。御朱印はをいただいたのは今回を含め二度目だ。

いずれも時間がなかったり、細かいところに興味のない同行者がいたりで、神社の隅々まで散策したことはない。

得てして有名で大きな神社はそんな状況になることが多い。

神代の時代から続く神社を地元の人たちは関西風にさん付けで「熱田さん」と呼ぶ。

前回記事の多賀神社も「お多賀さん」と呼ばれている。

面白いもので東京では普通「明治さん」とか「靖国さん」とは言わないだろう。

成田さん」の「さん」は「」だから意味が違う。

さん付けの関西・中部での神社は畏れ敬う敬虔な気持ちより、より身近な親しみのある存在なのだろう。

 

▼今回の同行者が絵馬を奉納した。

星形をした絵馬は「しろ鳥」が描かれている。

このしろ鳥は日本武尊が亡くなった時、愛する女性の住む熱田へ白鳥になって飛来したという言い伝えがあるそうだ。

▼それぞれの祈願が叶うことを願うが現実はそんなに甘くないかも?

▼正門の方へ戻って上知我麻神社へ。

祭神は乎止與命(おとよのみこと)だが、両脇の社に祀られる大黒恵比須の方が商売繁盛や合格祈願で有名だそうだ。

上知我麻神社に隣接する八剣宮(はっけんぐう)は信長や家康らの武家の信仰が篤く、修造もされている。

境内を細かく巡っていないが、ここが一番に神聖さを感じる場所だ。

そう感じるのは本宮のように多くの参拝者が見られないせいもあるのだろう。

▼ニノ鳥居付近にある「くさなぎ広場」の一画にきしめん屋が出店している。

その名も「(みや)きしめん」。名古屋きしめんの代表的チェーン店だ。

朝食はANAホテルで食べたばかりでまだ2時間も経過していない。

なおかつ前日もきしめんを食べている。

しかし、出汁つゆの良い香りと暖かい食べ物に誘惑される。

▼オーダーした950円は「白えび入り かき揚きしめん

妙な名称である「きしめん」は、漢字で「碁手麺」または「棊子麺」と書くそうだ。

しかし語源などその由来の正体は不明。

 

初めて食べた昭和のきしめんは300円〜500円だった。

本来そんな価格の食べ物なのだと思っていた。

削り節だけがザクッと盛られたシンプルなきしめんが良いのだと。

 

▼だが、もちろんこれも美味い。千円でまずかったらグウの音も出ない。

まずまずgood「グー」な美味しさ。

グーなんて言葉は死語だが具のカモボコにも「」の字が派手に表現されている。

 

テーブルは全て屋外。この寒さ・冷たさがきしめんの暖かさ・美味しさに一役も二役も買っているのだろう。

夏場ならこうは行かない。

もちろん汗だくになって食す きしめんも悪くない。

いずれにしても、いい香りを放つ関西風の透明のおつゆの「きしめん」は関東のうどんや丸亀、花まるとは一味違う美味しさだ。

 

▼時間は遡って前夜宿泊のANAホテルに戻る。

ボンビーが高級ホテル宿泊だからマウントせずにいられない。

広い、華麗だ、ベッドのクッション性も、枕もサイコー!

▼経験したことのないような煌びやかなバスルームは富裕層には当たり前?

▼窓から見る高い位置からの大名古屋の夜景も、この先何度も見ることがないだろう。

料金は自腹ではないホテルはサイコーだった、やはり「グー)」!

 

 

wave2017.hatenablog.com

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村