にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

三田春日神社の御朱印(東京・港区)〜「志納」という意味の迷宮を彷徨う

三田 春日神御朱印です。(東京都港区三田2-13-9)f:id:wave0131:20220121201006j:plain

みた かすがじんじゃ」です。

正式名称に「みた」の文字はないでしょう。

 

御朱印は「御志納」ということで500円を納めさせていただきました。

f:id:wave0131:20220121201045j:plain

 

御朱印初穂料 御志納金額を定めておりません。」と

ワザワザ「定めておりません。」というカッコ書きの表現を取っています。

 

と言うことは、多くの御朱印収集者には「志納」という意味が伝わらない時のもあるのかもしれません。

このガイドを貼り出せなければならない神社側の嘆かわしさ、止む無きさが見て取れるようです。

 

そもそも一般人が日常生活の中で「志納」と言う言葉を見聞きする機会は少ないでしょう。

これまでは人が亡くなった時などに、

葬儀費用に関わる僧侶の派遣・読経料、戒名料などは、まさしく「志納」だったはずです。

 

しかし昨今「家族葬」なるものが当たり前になりつつあり、葬儀費用の明確さも求められるようになっています。

読経料¥○○○○、戒名料¥○○○○、棺桶代¥○○○○などなど、明確な数字が求められる時代です。

 

広辞苑によると

志納金」とは、「信仰への志から社寺へ納める金」とあります。

」とは「心の向かうところ、心に目指すところ」と記されています。

 

ここ数年の御朱印ブームに流されている若い人たちは「信仰への志」「心の向かうところ、心に目指すところ」とは別な空間を生きているようです。

 

御朱印に限らず「葬儀」でさえ「見送る心」はあっても、

信仰への志」「心の向かうところ、心に目指すところ」からは、かけ離れているのでしょう。

 

当ブログも「信仰への志」はありません。

が、「信仰への理解」はしているつもりです。

それでも、本ブログの「志納」の現在は500円が限界です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

▼「慶応三田キャンパス」を背負うように

国道1号線桜田通り」に面して鎮座する「春日神」です。

23区内でも日本橋を起点とする「国道1号線沿い」には多くの神社が鎮座します。

車で1号線を辿ると、皇居を過ぎ虎ノ門に「金刀比羅宮」、その先左に「愛宕神社」、さらに飯倉に「熊野神社」、

▼そして、ここ三田に「春日神」です。

f:id:wave0131:20220121201012j:plain

国道1号線沿い」としましたが沿道を広げれば、この数も当然増えます。

1号線=東海道=ほぼ旧東海道 なので沿道に寺社が多いのは当たり前でしょう。

f:id:wave0131:20220121201016j:plain

車で走っていて、1号線の広い通りに林立するビルとビルの谷間に鳥居が建つ神社の入り口を見つけるのは容易ではありません。

f:id:wave0131:20220121201148j:plain

地元民や通勤に神社前の道路を利用する人、あるいは別な理由で詳細な土地勘を持つ人でないと気づかない神社の鳥居です。

名神社を除き、東京の神社の多くはそんな環境に鎮座しています。

f:id:wave0131:20220121201020j:plain

▼1号線「桜田通り」を行き交う人と車に睨みを利かす狛犬

f:id:wave0131:20220121201023j:plain

▼東京のメインストリート沿いに鎮座する神社の多くは急峻な石段が待ち構えます。

f:id:wave0131:20220121201027j:plain

玉垣に刻まれている「三番」「四番」「五番」などは「江戸消防記念会」の奉納かもしれません。

f:id:wave0131:20220121201031j:plain

▼上から下から、都心の神社の景色はサマザマです。

f:id:wave0131:20220121201140j:plain

都心部の神社ですので、いつものように石段を上った先の境内は狭小です。

f:id:wave0131:20220121201103j:plain

▼それでも手水舎は立派です。

f:id:wave0131:20220121201038j:plain

神社の由緒によれば、

958年、大和国春日社、第三殿に祀る天児屋根命の御神霊を勧請鎮座されたそうです。

 

f:id:wave0131:20220121201144j:plain

祭神は「天児屋根命 (あめのこやねのみこと) 」。

f:id:wave0131:20220121201034j:plain

境内のほとんどの建造物は戦後の再建による物のようです。

f:id:wave0131:20220121201041j:plain

f:id:wave0131:20220121201059j:plain

▼石段上狭い敷地に境内社の「赤羽稲荷」。

f:id:wave0131:20220121201107j:plain

f:id:wave0131:20220121201128j:plain

f:id:wave0131:20220121201132j:plain

▼さらに「福徳稲荷」。

f:id:wave0131:20220121201111j:plain

f:id:wave0131:20220121201124j:plain

▼井戸かと思いましたが、古い鳥居の礎石でた。

f:id:wave0131:20220121201136j:plain

 

また一つ都心の神社を知りました。

 

三田春日神社には当てはまらない言葉かもしれませんが、

御朱印対応のなかった神社が、雨後の筍のように「ワレも新たに」と、御朱印授与し出したここ数年。

まだまだ、東京は新たな御朱印に巡り会えることでしょう。

三輪里稲荷神社の御朱印(東京・墨田区)〜「アブラ揚げ」ではなく「コンニャク」が好きなキツネ?

三輪里稲荷神社御朱印です。(東京都墨田区八広3丁目6-13)

f:id:wave0131:20220118195235j:plain

みわさといなりじんじゃ」と読みます。

御朱印の右下のゴチャゴチャとしたスタンプは、

▼初午の日に授与される湯殿山秘法の「こんにゃくの御符」のイラストのようです。

f:id:wave0131:20220118204918j:plain

                             (写真:三輪里稲荷神社

御朱印は社殿左手にある社務所受付窓口でいただけます。

f:id:wave0131:20220118195325j:plain

▼通常はピンポ〜ンが必要でしょう。

f:id:wave0131:20220118195315j:plain

--------------------------------------------------------------------------------------

 

▼神社への最寄駅は京成線「曳舟駅」or「八広駅」。どちらも徒歩10分前後です。

 

神社の所在地の住居表示は「八広(ヤヒロ)」。

その昔は「大畑村」と呼ばれていた地域です。

なのに、響きの良い「三輪里」を冠するのは全く意味不明です。

」の文字を付けない「三輪(ミワ)」という地名は全国に散見されますが、東京には見当たらないなかで唯一、

地理的にも近いところで「三ノ輪(ミノワ)」があります。

関係あるのか、どうか分かりません。

地名にこだわると泥沼に陥りそうです。

 

▼「八広中央通り」と言う道路から注意深く目をこらすと、こんな看板がみつけられます。

f:id:wave0131:20220118195242j:plain

カンバンの「正覚寺」は真言宗智山派の寺院で当社の別当を務めていたそうです。

テイストの同じ看板ですので、神社と寺の仲は良好な関係にあるのでしょう。

 

境内に車で進入する道は分かりにくく、看板がある路地に入るにもとても勇気がいるほど狭い道ですが、

▼思い切って進んでしまえば手水舎のある境内は広く、駐車スペースも見つけられるはずです。

f:id:wave0131:20220118195354j:plain

東京の神社のほとんどは駐車場があったとしても広くは取れないので、その案内はされていません。

自己責任で進入ください。

その結果は、どの神社もしっかり参拝すれば咎められたことはありません。

 

車での参拝の場合、どんな寺社でも車1台の少しのスペースがあれば境内に乗り込み駐めてしまうようになりました。

そんなことで寺社側から顰蹙をかった経験はこれまではありません。

もちろん「遠慮深く、真摯な参拝」な姿は絶対必要な条件でしょう。

 

▼脚を表参道に進めてみます。

f:id:wave0131:20220118195344j:plain

と言っても、単に社殿の正面になる鳥居のある入口の手前は路地。

背後にゆとりはなく、背中の民家を背負うことになります。

f:id:wave0131:20220118195347j:plain

当社の通称は「こんにゃく いなり」です。

それにしても、お稲荷さんに「アブラ揚げ」ではなく、なぜ「こんにゃく」なのでしょう?

初午に授与される「こんにゃくの御符」については

由緒に「のどけの患いや風邪に神験あらたか・・」とあります。

f:id:wave0131:20220118195453j:plain

確かに「こんにゃく」はヘルシーな食べ物で、お腹にやさしく、老廃物をスムーズに排泄する働きがあります。

しかし「喉・風邪」の効能は初耳です。

f:id:wave0131:20220118195429j:plain

しかし、しか〜し「こんにゃく」にはアトピー性皮膚炎や花粉症を改善する働きもあるそうです。

となると「喉・風邪」も、全く関係のないものではありません。

医学が未熟だった頃の「こんにゃく」の効能だったかもしれません。

そこに人々の信仰が集まった江戸時代なのでしょう。

 

ちなみに、文京区に有名な「こんにゃく閻魔」がありますが、「こんにゃく」の効能を説いてはいません。

老婆が好物の「こんにゃく」を絶つのを閻魔に約束したことから「こんにゃく閻魔」と称されています。

「こんにゃく」にまつわる言い伝えもイロイロですが、

当社ではキツネの好物ではなさそうです。

 

f:id:wave0131:20220118195433j:plain

▼社号標のある路地から社殿に向かう「表参道」です。

f:id:wave0131:20220118195351j:plain

▼神社境内のほぼ全体像です。社叢が少ない分だけ、ちょっと殺風景に感じます。

f:id:wave0131:20220118195456j:plain

神社の創建は1614年と伝わり、祭神は「倉稲魂命」です。

▼戦災で全てを失い、社殿などは昭和に入っての再建だそうです。

f:id:wave0131:20220118195449j:plain

▼おかぁさんのオッパイをネダっているような小狐。

f:id:wave0131:20220118195401j:plain

▼それを見て「ワシのものだ!」と怒っているような「父キツネ」、ではないかな?

f:id:wave0131:20220118195340j:plain

▼昭和の再建にしては見事な彫刻も再現されています。

f:id:wave0131:20220118195404j:plain

繊細な彫刻はテマ、ヒマ、カネのかかる事間違いないでしょう。

▼木鼻の獅子は飛び出しそうです。

f:id:wave0131:20220118195408j:plain

f:id:wave0131:20220118195411j:plain

昭和に入ってからの再建となると、コンクリート製が多く用いられます。

しかし当社は木造で、まさに「再建」という名が相応しい姿で、地元氏子さんたちの崇敬の深さが窺い知れます。

f:id:wave0131:20220118195337j:plain

f:id:wave0131:20220118195426j:plain

f:id:wave0131:20220118195415j:plain

f:id:wave0131:20220118195419j:plain

▼カラッポの神楽殿ですが、オープンされていて好感です。

f:id:wave0131:20220118195422j:plain

f:id:wave0131:20220118195437j:plain

▼この季節、ゴールドに色づいた銀杏が参拝者を迎えます。境内から見た鳥居です。

f:id:wave0131:20220118195507j:plain

▼秋も深まればどこの神社でも見かけられる光景ですが「スカイツリー」のシルエットがアクセントの当社です。

f:id:wave0131:20220118195445j:plain

f:id:wave0131:20220118195441j:plain

▼「八広中央通り」から入った細い路地の西参道左手にオシャレなお店が見えます。

f:id:wave0131:20220118195459j:plain

▼リーズナブルな数値のランチは魅力です。

f:id:wave0131:20220118195503j:plain

 

木造の社殿を持つ当社とオシャレな店舗が一体となって、モダンな雰囲気の神社周りを構築していくのも良いかもしれません!

雪ヶ谷八幡神社の御朱印(東京・大田区)〜沿線 No.1のジミ街に、ほぼナンバーワンの神社。

雪ヶ谷八幡神社御朱印です。(東京都大田区東雪谷2-25-1)f:id:wave0131:20211213170635j:plain

神社の読みは「ゆきがや はちまん じんじゃ」です。

 

雪ヶ谷八幡神社御朱印(2021年)。f:id:wave0131:20211213170642j:plain 

▼「疫病退散」のお札? はさみ紙? 

f:id:wave0131:20211213170638j:plain

印があるので「お守り」的な役割を持つのでしょう。

 

御朱印は社殿右手の授与所でいただきました。

f:id:wave0131:20211213170723j:plain

f:id:wave0131:20211213170729j:plain

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

▼神社へは東急池上線石川台駅」より徒歩2、3分 です。

ゆきがや」の表記は「雪谷」だったり「雪ヶ谷」などとなりますが、

石川台駅」の隣駅は「雪が谷大塚駅」と表記され、

地名、駅名、施設名ごとにバラバラです。

ひらがな、カタカナ、ローマ字表記でしたら同じ「ゆきがや」「ユキガヤ」「YUKIGAYA」になりますが、

漢字を使用することで表記をややこしくして、どのように読むのか迷う時もあります。

ある側面、日本語の複雑と曖昧さであり、面白さであり、雅であるように思います。

 

八幡神社」の場合の多くは「はちまん」と読みますが、

やはた、やわた、はつま、やばた、ばはん」などと読ませる地名、施設名があります。

 

やはり漢字を含む文字の読みは複雑です。

 

▼「雪ヶ谷八幡神社」の表参道の鳥居の額も「八幡宮」となっています。

f:id:wave0131:20211213170758j:plain

表記としての「神社」か「」の違いですが、二つの文字が持つイメージは少し異なるように思います。

神社名称は社号標や扁額、オリジナルHPなどで異なることに度々出会います。

全ての神社の共通する生い立ちを考えれば当然と言えるかもしれません。

 

▼東にある表参道の「一ノ鳥居」先の参道は、公園的な役目をはたす小さな広場となっていて、そこに立つのが「出世岩」。

f:id:wave0131:20211213170801j:plain

逆光で後光が射すような「出世岩」は、第48代横綱大鵬による奉納。

まだまだ外人の横綱はいなかった頃で「巨人・大鵬・卵焼き」は当時の流行語でした。

f:id:wave0131:20211213170805j:plain

▼参道の左右には「忠魂碑」など石碑が数基立ち並びます。

f:id:wave0131:20211213170811j:plain

f:id:wave0131:20211213170808j:plain

▼「ニノ鳥居」に続く石段。

f:id:wave0131:20211213171026j:plain

新型感染症のおかげで「コロナウイルス終息祈願」の幟を作らなければならない?

同じ予算で幟を製作するなら楽しい前向きな内容にしてもらいたいものですが、2021年の暮は、まだまだ感染症に対し油断できません。

 

▼「ニノ鳥居」は先端がミドリっぽい色の木造の両部鳥居となっていました。

f:id:wave0131:20211213170814j:plain

▼境内の西側にある入口の鳥居は急な石段が設けられ、神社が丘陵の高台にあることを知らされます。

f:id:wave0131:20211213171020j:plain

f:id:wave0131:20211213171016j:plain

▼西参道先の狛犬たちです。

f:id:wave0131:20211213171005j:plain

f:id:wave0131:20211213171001j:plain

▼それぞれの石段を登り上がった先の境内は視界が開けていて、一部は駐車場になっています。

f:id:wave0131:20211213170818j:plain

▼立派な「手水舎」ですが、参拝者に以前のような清水を振る舞うことができず、拗ねて斜めっているかのようです。

f:id:wave0131:20211213170951j:plain

▼最後の「三ノ鳥居」です。

f:id:wave0131:20211213170948j:plain

雪ヶ谷八幡神社は、ほとんどの建造物を戦火で失っていて、建物はその後の昭和の再建ですので大きな古さを感じさせるものはありません。

f:id:wave0131:20211213170855j:plain

しかし、石像の狛犬は戦争前の造立のようです。

f:id:wave0131:20211213170848j:plain

神社の創建は由緒によれば戦国時代の1558〜1569年だそうです。

 

▼石段を登ると、その先にとても心地よく見える社殿が現れます。

f:id:wave0131:20211213170945j:plain

昭和の再建といえども、手間、時間、経費を惜しまずに造られたのでしょう。

f:id:wave0131:20211213170852j:plain

唐破風の拝殿は細かい彫刻が施され、豪華、雅さを後方の社叢が引き立てています。

f:id:wave0131:20211213170858j:plain

祭神「誉田別命(ほんだわけのみこと・第15代 応神天皇)」にご挨拶します。

f:id:wave0131:20211213170841j:plain

f:id:wave0131:20211213170844j:plain

f:id:wave0131:20211213170941j:plain

▼社殿の左手に境内社にしては立派すぎる建物が建ちます。

f:id:wave0131:20211213170958j:plain

▼「齋霊殿」という建物でした。

f:id:wave0131:20211213170905j:plain

祖霊や英霊を祀る社のようです。

f:id:wave0131:20211213170908j:plain

▼社殿左手奥に「稲荷社」。神々しさが感じられる区域です。

f:id:wave0131:20211213170902j:plain

これ以上の整備で、石畳、白砂利、コンクリートで固められると神々しさの雰囲気は失われるかもしれません。

次々と現れる東京のモダンな寺社には、神仏の存在を身近に感じることは困難です。

f:id:wave0131:20211213170911j:plain

▼神々のアパートメントには「天神様」も祀られています。

f:id:wave0131:20211213170915j:plain

▼いい味を醸している祠は「水神社」。

f:id:wave0131:20211213170918j:plain

▼その先に庚申塔が群をなしています。

f:id:wave0131:20211213170921j:plain

f:id:wave0131:20211213170928j:plain

民間信仰の神々たちの競演が始まります。

f:id:wave0131:20211213170935j:plain

f:id:wave0131:20211213170938j:plain

▼「猿田彦」は新居が与えられたようです。

f:id:wave0131:20211213170924j:plain

▼「雪ヶ谷」というロマンチックな名称の神社に、雪景色ならぬ12月のこんな景色は不釣合いかもしれません。

f:id:wave0131:20211213171023j:plain

 

東急池上線沿線でも「石川台駅」は、ほとんどが住宅街でジミな街。

だからこそ壊れないものが残っているように思える「 雪ヶ谷八幡神社」でした。

池上線沿線でトップクラスと感じた神社でした。

 

▼沿線トップクラスの神社記事デスゥ。

wave2017.hatenablog.com

 

浅草寺の御朱印まとめ(東京・台東区)〜2012から2022年、11年間の10体

浅草寺御朱印をまとめてみました。

2012年の御朱印が一番古く、数えると2022年現在で、10体ありました。

 

浅草寺ではこれまで4種類の御朱印をいただいています。

f:id:wave0131:20220113194739j:plain

左から「坂東三十三観音霊場」第13番

   「江戸三十三観音霊場」第1番

   「浅草名所七福神大黒天

   「影向堂九尊仏

2022年現在「九尊仏」の御朱印は授与が無いようです。

 

御朱印は「影向堂(ようごうどう)」でいただきますが、

f:id:wave0131:20220114195412j:plain

▼堂内には3種類の案内しかありません。やはり「九尊仏」は外されたようです。

f:id:wave0131:20210104170450j:plain

--------------------------------------------------------------------------------------

 

飛鳥時代の創建と伝わり都内最古であり、全国トップクラスの観光地でもある寺の正式名称は、

金龍山 浅草寺」ですが

あさくさかんのん」の名称の方が親しみやすいかもしれません。

 

浅草寺の宗派は聖観音宗で、本尊は絶対秘仏の「聖観世音菩薩」。

梵字と「聖観世音」が墨書きされる「坂東13番」の御朱印です。

f:id:wave0131:20220113192156j:plain

浅草寺坂東三十三観音」第13番札所御朱印(2022年)。

f:id:wave0131:20220113190556j:plain

右上から「阪東拾三番」、中央の印は「観世音」、左下は「浅草寺」でしょう。

」ではなく「」となっています。

 

浅草寺「坂東三十三観音」第13番札所御朱印(2021年)。f:id:wave0131:20220113192414j:plain

浅草寺「坂東三十三観音」第13番札所御朱印(「四万六千日」2018年)。f:id:wave0131:20220113192311j:plain

浅草寺「坂東三十三観音」第13番札所御朱印(2018年)。f:id:wave0131:20220113190606j:plain

浅草寺「坂東三十三観音」第13番札所御朱印(「午歳結縁」2014年)。f:id:wave0131:20220113190615j:plain

浅草寺「坂東三十三観音」第13番札所御朱印(2012年)。f:id:wave0131:20220113190621j:plain

「坂東三十三観音」専用納経帳にいただいた御朱印です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

坂東13番とは右上のスタンプだけが異なる

浅草寺江戸三十三観音 札所第一番」の御朱印(2012年)。

f:id:wave0131:20220113190628j:plain

何も指定せずに御朱印をお願いすると「坂東13番」になります。

江戸三十三観音」の御朱印をいただきたい場合は、その旨をはっきり伝えましょう。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

御朱印受付けの「影向堂」では本尊の聖観音像を中心に、

十二支の守り本尊である8体の仏像が横一列に祀られています。合計して9像です。

その9体を「九尊佛」と呼ぶのでしょう。

浅草寺 影向堂「九尊佛」の御朱印(2013年)。

f:id:wave0131:20220113190702j:plain

中央の印が90°左に傾いてしまったようです。

もっとも90°ひっくり返しても、小さな文字の干支は読めても、大きな刻印は読めませんので何の問題もありません。

現在はいただけないとのことで残念です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

浅草名所七福神」は「あさくさ などころ しちふくじん」と呼びます。

浅草寺では「大黒天」が祀られています。

浅草寺浅草名所七福神 大黒天」の御朱印

f:id:wave0131:20220113190927j:plain

「大黒天」の御朱印の墨書きは、書き手さんそれぞれの筆運びの特徴がよく現れています。

 

浅草寺浅草名所七福神 大黒天」の御朱印(2022年)。

f:id:wave0131:20220113190708j:plain

浅草寺浅草名所七福神 大黒天」の御朱印(2018年)。f:id:wave0131:20220113190714j:plain

浅草寺浅草名所七福神 大黒天」の御朱印(2013年)。f:id:wave0131:20220113190720j:plain

--------------------------------------------------------------------------------------

 

浅草寺は何度も記事にしていますが、これまで寺に関する具体的な内容は上っ面だけで、境内などの詳細は記事にしていません。

▼今回も「2022. 01. 01」の浅草寺の様子を3枚だけ掲載です。

f:id:wave0131:20220113190933j:plain

「雷門」前の通りは車は通行止にされ、参拝者の列がジグザグにつくっれていました。

 

▼「仲見世商店街」は全く人の流れが動きませんので、こちら「裏通り」を進みます。

f:id:wave0131:20220113190936j:plain

▼「本堂」前。「裏通り」を進んで来てもフェンスがあり、参拝できません。

f:id:wave0131:20220113190939j:plain

元日ですのでやむを得ません。ここから参拝でした。

1月中に改めて参拝することにします。

 

 

wave2017.hatenablog.com

秋葉神社の御朱印(東京・台東区) 〜今年もコロナ下、2022年元日の御朱印

秋葉神社御朱印。(東京都台東区松が谷3-10-7)

f:id:wave0131:20220108180643j:plain

 

秋葉神社「新春詣」御朱印(2022年)。

f:id:wave0131:20220108180700j:plain

宮司さんの神事のタイミング次第で「直書き」か「書置き」かになります。

f:id:wave0131:20220112184512j:plain

 

秋葉神社「新春詣」御朱印(2021年)。

f:id:wave0131:20210108144357j:plainf:id:wave0131:20210105194239j:plain

2021年は書置き500円をいただきましたが、ちょうど宮司さんが参拝者の祈祷中で

「待っていただければお書きいたします」と受付の女性から案内されました。

f:id:wave0131:20210105194350j:plain

2種類が用意されていて、他にも「ミニ御朱印」の対応もされていました。

f:id:wave0131:20210105194354j:plain

と言っても「ミニ御朱印」の何たるかは、アバウトでしか理解していません。

 

秋葉神社の通常御朱印(2014年)。

f:id:wave0131:20220108175816j:plain

「通常御朱印」と表記しましたが、2014年はもちろん通常も、特別も、限定も、月替りもありませんでした。

ただ一つ「御朱印」でした。

2022年現在の通常御朱印は、右下のスタンプが「ひょうたん」に変わっています。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

松が谷 秋葉神社へは上野駅稲荷町駅、入谷駅のどこから歩いても1km範囲内です。

 

▼境内西側にある正面の参道です。鳥居前の道路は「左衛門橋通り」。

f:id:wave0131:20210105194404j:plain

f:id:wave0131:20220112184520j:plain

最初に御朱印をいただいたのは2014年。

f:id:wave0131:20210105194346j:plain

今回で4度目になりますが、御朱印をいただいた参拝は3度目になります。

f:id:wave0131:20220112184508j:plain

普段は数組の参拝者とすれ違う程度ですが、さすが元日は初詣者が絶えません。

f:id:wave0131:20210105194342j:plain

 

東京が明治期の大火災に見舞われ、火災鎮護の祈願所として当初は現在の「秋葉原」に建立された神社です。

 

その後、秋葉原周辺の鉄道整備のため現在地に遷座されています。

元電気街、今や「AKB48」の劇場もあり、若者たちの関心を集めつつ大きく変化しつづける「秋葉原」の名称の起源とする神社でもあります。

 

f:id:wave0131:20210105202247j:plain

それでも、これまでは目立たない地元の氏子に守られていた神社でしたが、

少し着飾った御朱印を用意して、親切に対応くださる宮司さんの存在で、多くの参拝者が訪れるようになったと理解しています。

f:id:wave0131:20210105194359j:plain

▼東側にある鳥居です。

f:id:wave0131:20220112184504j:plain

御朱印は社殿左手の社務所で、宮司さんに丁寧な対応をいただけました。

f:id:wave0131:20220112184516j:plain

 

 

▼2022年元日の御朱印記事。

 

▼このブログ開設当初のチョッと恥ずかしい幼稚な記事は秋葉神社も掲載しています。

日本橋七福神(2012年)まとめはこちら。

--------------------------------------------------------------------------------------

wave2017.hatenablog.com

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村