にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

亀戸天神社の御朱印(東京・江東区)〜江戸 本所 亀戸村の天神

亀戸天神社御朱印です。(東京都江東区亀戸3-6-1)f:id:wave0131:20201208180704j:plain

亀戸天神社御朱印(2020年)

f:id:wave0131:20201215123915j:plain

右上の朱印は「東宰府」。東宰府天満宮亀戸天神の古い名称。

昭和に入ってから亀戸天神社と改称されています。

 

亀戸天神社御朱印(2014年)f:id:wave0131:20201208180659j:plain

亀戸天神社御朱印(2012年)f:id:wave0131:20201208180656j:plain

f:id:wave0131:20201208180715j:plain

 

--------------------------------------------------------------------------------------

亀戸天神社へは総武線亀戸駅」から徒歩10分ほどです。

 

亀戸天神の記事は御朱印掲載のみの簡単な内容で過去に記事にしていますが、

今回は境内社写真等を掲載して改めます。

 

▼梅まつり期間の訪問でした。

f:id:wave0131:20201208180838j:plain

▼「蔵前通り」沿いの天神社への入口は、梅まつりのハデな看板が立っていました。

f:id:wave0131:20201208180831j:plain

▼天神社入口の並び50mほど先に、1805年創業の元祖くず餅「船橋」があります。

f:id:wave0131:20201208180848j:plain

荷風など文人も通った老舗は、現代的にアレンジした甘味メニューもありますが・・・

f:id:wave0131:20201208180835j:plain

▼何と言っても船橋くず餅です。

f:id:wave0131:20201208181339j:plain

天神さまのお参りの前後どちらかで、200年以上続く素朴な味を試しましょう。

もちろん店内でいただけますが、おしゃれなカップ入りなどお土産用の商品が豊富に揃っています。

宣伝担当ではないので「船橋屋」さんのCMはこのくらいにしておきましょう。

 

▼天神社入口に戻ります。f:id:wave0131:20201208180842j:plain

f:id:wave0131:20201208180852j:plain

▼大鳥居をくぐると「太鼓橋男橋)」です。f:id:wave0131:20201208180856j:plain

▼橋の上からは、先にさらに2つの橋、平橋太鼓橋女橋)が見えます。f:id:wave0131:20201208180827j:plain

心字池に架かる3つの橋は太宰府天満宮に倣って造営されたそうで、

過去現在未来を表していて、橋を渡るごとに心身が清められ、神に近づくという仕立てです。

残念ながら3月7日の訪問は梅の花は全て落ちていました。

f:id:wave0131:20201208180806j:plain

▼渡った先で太鼓橋男橋)を振り返ります。

f:id:wave0131:20201208180822j:plain

平橋を渡り、3つ目の女橋の上に出ると社殿は目の前です。f:id:wave0131:20201208180818j:plain江戸時代から行楽地としても人気のあった天神社は、いくつもの絵になっています。

▼広重の「江戸名所 亀井戸天神ふし」では、藤の花を目当ての庶民の姿が描かれています。                      (国会図書館デジタルコレクション)f:id:wave0131:20201215133919j:plain梅も見事ですが、やはり藤で有名な亀戸天神でしょう。

f:id:wave0131:20201208180928j:plain

▼梅は咲き終わっていますが、参拝の人出は普段のレベルで賑わいを見せています。

f:id:wave0131:20201208180950j:plain

増上寺から見える東京タワーのように、ここではスカイツリーです。f:id:wave0131:20201208180741j:plain

▼とにかく最初に本殿に参拝です。f:id:wave0131:20201208182749j:plain

道真が祀られたのは1646年。社殿は昭和期に再建されています。

 

▼扁額は「菅原信貞 謹書」となっています。太宰府天満宮宮司さんだそうです。

f:id:wave0131:20201208180745j:plain

▼社殿脇の「御神牛」は、撫でられ塗装がハゲているのはどこも同じです。

f:id:wave0131:20201208180749j:plain

▼社殿右手の大きな境内社は「御嶽神社」。f:id:wave0131:20201208180732j:plain

道真の師である延暦寺第十三代座主、法性坊尊意僧正を祀るそうですが、

延暦寺の僧が道真の先生だったとは、ちょっと意外です。

f:id:wave0131:20201208180736j:plain

▼毎年1月にはTVのニュースなどで報じられるので「鷽替え神事」は一般にも有名。

f:id:wave0131:20201208180758j:plain

幸運を招く鳥「鷽」を毎年新しくする事で、これまでの悪い事が「嘘」に替わり、一年の吉を招くそうです。

f:id:wave0131:20201208180754j:plain

▼神童道真の像の台座には、5歳で詠んだ和歌が刻まれています。

f:id:wave0131:20201208180802j:plain

弁天社は心字池の島に建ち、上野不忍池の弁天堂に因み名付けられたそうです。

f:id:wave0131:20201208180814j:plain

紅梅殿太宰府天満宮の神木「飛梅」の実が勧請されています。

f:id:wave0131:20201208180924j:plain

飛梅」は道真を慕って、左遷先の太宰府まで飛んできたと伝わるストーリーです。

f:id:wave0131:20201208180909j:plain

f:id:wave0131:20201208180914j:plain

▼広重の「亀戸天神境内」の誇張された太鼓橋は「男橋」かもしれません。f:id:wave0131:20201215143721j:plain

f:id:wave0131:20201208180920j:plain

▼境内には様々な多くの碑が建ちますが、こちらは珍しい「文房至宝」の碑。f:id:wave0131:20201208180932j:plain

古に中国から伝わった紙・筆・墨・硯から現代のOA機器まで文具を讃える碑です。

f:id:wave0131:20201208180936j:plain

▼受験シーズン中に奉納されたのでしょうか、絵馬が鈴なり。

f:id:wave0131:20201208180945j:plain

▼境内西側の外れは趣のある通りとなって和食屋蕎麦屋などが建ち並んでいます。f:id:wave0131:20201208180901j:plain

f:id:wave0131:20201208180905j:plain

f:id:wave0131:20201208180940j:plain

f:id:wave0131:20201208180954j:plain

▼神楽殿前の猿回しは、梅まつり期間中に働き過ぎたのかお疲れ気味のモンキー。

f:id:wave0131:20201208180728j:plain

▼境内東側の外れに塩まみれの「おいぬさま」は、ほぼサンタクロース状態。

f:id:wave0131:20201208180958j:plain所縁もご利益もすべて不詳だから、境内の目立たぬこの位置にあるのかな?

 

▼すぐ隣に「亀井戸跡

f:id:wave0131:20201208181003j:plain

天神社の東に鎮座する「亀戸香取神社」にも「亀が井」が復元されていたけど、

かつての亀戸に井戸はいくつあっても不思議でないでしょう。

 

▼「亀有香取神社」にも亀はいましたが、こちらでは控え目なウミガメっぽい姿。

f:id:wave0131:20201208181008j:plain

亀戸天神社には梅の時期、そして藤、菊の花の開花時に多くの人がやってきます。

さらに正月から鷽替え神事、受験シーズン、七五三と参拝者の絶えない神社です。

そして見所の多い境内ですので、たいてい何がしかを見逃します。

季節を選んで、何度訪れても良い天神社です。

 

 

読み返すと、淡々と境内説明のツマラナイ記事になっています。ん〜〜〜〜ん!

 

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村