にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

長野県

朱印掲載ナシ 〜 旅の蕎麦、帰り道の絶景と鹿接触 〜 伊那街道を北上【付録】

食べ物を「オイシー」とか「ウマイ」「マズイ」という表現は極めてアイマイなもの。味覚・嗅覚などの五官のほか環境や状況など、さまざまな要素で変化する。 食レポでよく使われる「アマイ」「ヤワラカイ」「スッパイ」という味覚表現は、糖度、酸度などで数…

光前寺の御朱印 〜 昔むかしの伝説犬が眠る 〜 伊那街道を北上❻(最終回)

▼宝積山 光前寺(天台宗別格本山・長野県駒ヶ根市赤穂)の御朱印です。 ▼同じく「霊犬早太郎」の御朱印。 仁王門から少し歩いた右側にある売店・受付でいただき、600円。 --------------------------------------------------------------------------------…

瑠璃寺の御朱印 〜 薬師猫神にご対面 〜 伊那街道を北上❺

▼大嶋山 瑠璃寺 (天台宗・長野県下伊那郡高森町大島山)の御朱印です。 「瑠璃」ときたら本尊はほとんどが「薬師如来」。300円。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- ▼伊那街道からそ…

鳩ヶ嶺八幡宮の御朱印 〜 伊那谷の名社は小さな滝の音だけの静寂 〜 伊那街道を北上❸

▼鳩ヶ嶺八幡宮(長野県飯田市八幡町)の御朱印です。 300円、書置きでした。 「八幡」ときたら大概、鳩が向き合って八の字を表しています。さらにこの神社は名称に鳩がついているので、朱印は当たり前に2羽の鳩がデザインされていました。 書置きとは言え、…

長岳寺の御朱印 〜 春夏秋冬襖画是非国宝 〜 伊那街道を北上❷

▼広拯山 長岳寺(天台宗・長野県下伊那郡阿智村駒場)の御朱印です。 ▼同じく瑠璃殿の御朱印。 宝物の拝観料200円込みで800円。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- ここは「阿智村」…

朱印掲載ナシ 〜 天竜峡に響かせる失われた「しあわせの鐘」 〜 伊那街道を北上❶

▼飯田市の前夜宿泊先。 ▼前日より狭い。寝るだけだから、4,860円の部屋に文句は言えない。 怪しげな宿のごとく見えるイラスト風写真になってしまった。部屋は清潔、キレイ! そう、前日同様こんなところに泊まっている! ▼部屋のカーテンを開けてきたから、5…

妻籠・光徳寺の御朱印 〜 黄昏て夏の妻籠宿と廃校 〜 木曽路を南下➓

▼瑠璃山 光徳寺(臨済宗妙心寺派・長野県木曽郡南木曽町吾妻上町)の御朱印です。 驚きの素晴らしい筆跡! 山号が「瑠璃山」だから「本尊薬師如来」と揮毫されていることがわかるが、そんなヒントがなければ、なかなか正確には読めない。 その左は「木曽路妻…

木曽・臨川寺の御朱印 〜 浦島太郎はここで玉手箱を・・ 〜 木曽路を南下❾

▼寝覚山 臨川寺(臨済宗妙心寺派・長野県木曽郡上松町上松)の御朱印です。 ▼同じく木曽七福神「弁財天」の御朱印です この寺の七福神は書置きでなく、2体とも直書きでいただきました。 拝観料200円ともで800円。 それにしても山号の「寝覚山」、耳障りの良…

御嶽山 木曽本宮の御朱印 〜 御嶽教の神殿 〜 木曽路を南下❽

▼御嶽山 木曽本宮(長野県木曽郡木曽町 福島和合)の御朱印です。 「神人和合の苑」 どこかの神社でも神人和合、五穀豊穣、無病息災を願う祭りがあったような・・・。 ▼上下に大小2つある朱印は同じ。 他の文字も配置を変えただけのようです。 こうして並べ…

御嶽神社 王滝口里宮の御朱印 〜 先の見えない長い階段 〜 木曽路を南下❼

▼御嶽神社 王滝口里宮(長野県木曽郡王滝村東)の御朱印です。 ▼「王滝口・木曽御岳山絵図」がデザイン化されてる同社の御朱印帳。 朱印500円、朱印帳1500円。 ------------------------------------------------------------------------------------------…

御嶽神社 黒沢口里宮の御朱印 〜 規制一部解除の御嶽山 〜 木曽路を南下❻

▼御嶽神社 黒沢口里社本社(長野県木曽郡木曽町三岳栩山)の御朱印です。 500円の納めです。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- 前回記事までの木曽七福神ルートの木曽路から外れて、…

木曽福島・興禅寺の御朱印 〜 木曽のおかぁさん達はサイコー 〜 木曽路を南下❺

▼萬松山 興禅寺(臨済宗妙心寺派・長野県木曽郡木曽町 福島門前)の御朱印です。 ▼同じく木曽七福神「吉祥天」の御朱印。2体とも書置きで500円。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- ▼…

宮ノ越・徳音寺の御朱印 〜 義仲と御前に「ごアイサツ」 〜 木曽路を南下❹

▼日照山 徳音寺(臨済宗妙心寺派・長野県木曽郡木曽町日義)の御朱印です。 ちなみに木曽七福神の七ヵ寺は、すべて臨済宗妙心寺派で統一されている。 「兜観音」とは、朱印の墨書きにあるように、木曽義仲が守本尊として兜の中に納めていた十一面観音の事だ…

奈良井・鎮神社の御朱印 〜 峠越えの安全祈願の社 〜 木曽路を南下❸

▼鎮神社(しずめじんじゃ・長野県塩尻市奈良井)の御朱印です。 300円の納めです。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- 前回記事「長泉寺」を出て宿場の外れ、薮原方面に向かって歩く…

奈良井・長泉寺の御朱印 〜 茶壺におわれてトッピンシャン〜 木曽路を南下❷

▼玉龍山 長泉寺(曹洞宗・長野県塩尻市奈良井)の御朱印です。 本堂に入って朱印をお願いできるか尋ねる。 応対いただいた、にこやかな奥さまらしきご婦人、ちょっと背後を2、3度振り返り、躊躇しながら「ちょっとお待ちくださいねっ!」右手の庫裏らしき方…

木曽奈良井・大宝寺の御朱印 〜 木曽路を南下❶

前回まで「〜 諏訪から松本、そして南信へ」というタイトルで11回も記事にした。 たった1日をシブトく、ケチケチと、11の記事にしている。 タイトルNo.が膨らんでいくから少し煩わしい。 2日目はタイトル名を「〜木曽路を南下」に変更する。どうでもよい事だ…

長野県護国神社&深志神社の御朱印 〜 諏訪から松本、そして南信へ⓫

長野県護国神社の御朱印 深志神社の御朱印 長野県護国神社 点描 深志神社 点描 朱印帳の「栞」と「あて紙」 長野県護国神社の御朱印 (長野県松本市美須々) ▼じつは、こんな風にして朱印帳を返された。 ▼左上の「三角」を外してみると折り紙になっていた。 …

松本・大安楽寺の御朱印 & 松本城 〜 諏訪から松本、そして南信へ➓

▼安原山 大安楽寺(真言宗智山派・長野県松本市女鳥羽)の御朱印です。 この寺の本尊は大日如来だが、松本観音霊場、信濃観音霊場の各一番札所の朱印になっている。梵字が「キャ」だから「十一面観音」。シッタカブリ! 寺の奥様らしき女性が応対してくださ…

松本・四柱神社の御朱印 〜 諏訪から松本、そして南信へ❾

▼四柱神社(長野県松本市大手)の御朱印です。 神社側では朱印の初穂料は特に決めてないそうだから500円をお渡し! 神社名は「よはしらじんじゃ」と読むそうだ。 諏訪の「御柱」も4本建っていたが、こちらは四つの神様を祀っている。 同じ四柱でも意味が違う…

松本・牛伏寺の御朱印 〜 諏訪から松本、そして南信へ❽

長野の御朱印巡りを再開。 ▼金峯山 牛伏寺(真言宗智山派・長野県松本市内田)の朱印です。 個性的な中央の墨書きは「大悲閣」。本堂の「観音堂」を表す。 お守りも何も購入しないので500円を受け取っていただく。 ----------------------------------------…

諏訪・慈雲寺の御朱印 〜 諏訪から松本、そして南信へ❼

▼下社春宮のすぐ近くにある 慈雲禅寺(臨済宗妙心寺派・長野県諏訪郡下諏訪町東町中)の朱印です。 書置きでした。中央の墨書きは「圓通閣」? 書置きだから礼を述べて300円をお渡し。 丁寧な対応でいただいたにもかかわらず、手にした朱印はちょっとソッケ…

諏訪大社下社春宮・秋宮の御朱印 & 万治の石仏 〜 諏訪から松本、そして南信へ❻

▼諏訪大社下社、春宮と秋宮の朱印。 ▼四社の朱印を並べてみた。 ▼四社の朱印が揃うと記念品がいただける。 ▼下社秋宮の様子です。 ▼下社春宮の様子です。 ▼万治の石仏。 ▼諏訪大社下社、春宮と秋宮の朱印。 これで諏訪大社の四社を参拝し終え、朱印も四つい…

高島城跡内、諏訪護国神社の御朱印 〜 諏訪から松本、そして南信へ❺

▼諏訪護国神社(長野県諏訪市高島)の朱印です。 ▼観光的に賑やかな湖畔の東側から見る諏訪湖は、藻なのか、水草なのかよくわからないが、広大な面積の湖の一部を枯れた色が覆っている。 ▼枯れて腐っているわけじゃないだろうが、茶系の色は視覚的にかなりジ…

手長・足長・八劔神社、3つの御朱印 〜 気長に諏訪から松本、そして南信へ❹

アジア大会が開催中だ。 最近のアスリート達は皆な手足が長い。ウエイトリフターは別かな? かつての東洋の魔女たちの手脚も、当時としては長かったようだが、今ほど長くなかった。 2世代も前のことのようで、一体いつのことだ? だからと言うわけじゃないけ…

諏訪・法華寺の御朱印 〜 吉良義周公墓所 〜 諏訪から松本、そして南信へ❸

▼鷲峰山 法華禅寺(臨済宗妙心寺派・長野県諏訪市大字中洲神宮寺)の御朱印です。中央の墨文字は本尊「釈迦三尊佛」でしょうねぇ? 上にある左右2つの印は読めない!「霊鷲峰」? 「◯蹟 吉良義周」かしら? この御朱印をお願いした時、奥様さんらしき女性が…

諏訪大社上社本宮の御朱印 〜 諏訪から松本、そして南信へ❷

▼諏訪大社上社本宮(長野県諏訪市中洲宮山)の御朱印です。500円。 前回掲載の上社前宮の参拝者数が少なく、空いていた理由が分かった。 前宮までの公共交通機関がないようだ。 車利用の人は別にして、バスもなく、最寄りの茅野駅から20〜30分歩くか、タクシ…

諏訪大社上社前宮の御朱印 〜 諏訪から松本、そして南信へ❶

▼最初に諏訪大社4社共通の朱印帳を購入。200円、いや2,000円でした。少し高くない? ▼諏訪大社上社前宮(長野県茅野市宮川)の御朱印です。4社はそれぞれ1社500円。 最初の4ページ右下に4つの大社名が小さく印刷されている朱印帳を購入して、4社すべての御朱…

長野に「牡蠣小屋」は無いが「松茸小屋」がある:御朱印:前山寺

長野県上田から西に向かい、別所温泉に至る手前に塩田平と言うところがある。 「信州の鎌倉」とも呼ばれるそうだ。 そう言えば千葉県市川市が「千葉の鎌倉」とも言われていた。 寺が多いということと、雰囲気が近いと言う事なのでしょうが、時代的な関係があ…

今がピークか?熱狂的な御朱印ブーム、2、3年後には少し落ち着くのか。

何かに憑かれたように御朱印を求めて歩き回っていたMyピーク。 わしの場合は、2、3年前にピークを越したと思っている。 ピークを過ぎるということは、熱狂的な動きと熱が冷めることか? もしくはヤミクモな行動が、いくらか秩序ある行動に移る、とも言えるか…

:御朱印:坂東三十三観音❼ 逃げられない、避けられない結願御礼の寺

杉本寺で手にした板東三十三観音の御朱印帳、三十三ヵ所の寺はすべて御朱印で埋まり、那古寺で「結願」の印も押していただけた。 しかし、ここで終結とはならない。 御朱印帳には33番の那古寺の後にさらに2ページ、善光寺と北向観音の御朱印をいただけるよう…