御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

星の数ほどある御朱印ブログとは異なるナナメで、ドクっぽくて、全く役に立たないブログをどこまで続けられることやら!

富士浅間神社 いくつあるの?浅間神社 富士山の周りをウロウロ ほうとう GW報告!

タイトル名「報告」としてしまった。誰に報告するの? いいんだョ、自分自身宛だ!

人は当たり前に今年のGWと思うでしょう、残念! 3年前です。見出しの「報告」は、さらにウソっぽさを増すかもしれないが、今年、2017年のGWは、どこにも行けずどころか、最悪なGWだった。この話は長くなるのでヤメ! で、過去の報告にする。それも一部分だけねっ。

2014年、まずは山梨県側から攻める。「攻め」なくても良いが気合いだ!

100km以上も車を転がしてきた、アニマル浜口だ、気合いだ!

しかし、ここは「浅間神社」ではないなっ。皆さんの眼には珍しくもない御朱印。神社紹介は他の方たちにお任せします。

f:id:wave0131:20170510191109j:plain

さっさと、次!

あれっ?ここも「浅間神社」じゃない! タイトルは「いくつあるの? 浅間神社」でしょう? まぁ、慌てない。この御朱印も皆さんの眼には食傷気味かしら?

f:id:wave0131:20170510191913j:plain

でも、新屋山神社奥宮、富士山二合目だ、車でしか行けないのか?バスはあるのかしら? と思案しながら車を走らせる。富士山はアクセルを踏むごとに圧倒的な威容で大きく迫ってくる。普段、無感動なわしも思わず感嘆する。道は右に左に「グルグル」廻る。着いた先の奥宮でも何やらご利益があるスポットを、バターになってしまうんじゃないかと心配するほど「グルグル」廻る若い男女がチラホラ。チビクロサンボだ! わしはバターとなって溶けたくはない。1周だけ「グルッ」として戻る!

f:id:wave0131:20170510192944j:plain

富士吉田に戻る、今は「富士山」という駅なのかしら?

いよいよ出た、やっと出た今回の本題「浅間神社」だが、この2つの神社の前に2、3ヶ所の浅間神社を巡った。ガッカリ、いずれも留守だ、社務所も見つからない神社もあった。すべて、もう3年前で、しなびた脳は記憶も定かでないが、ひとつメチャ気に入った浅間神社は「河口浅間神社」。と覚えている。唯一、サイコーに「神域」を感じた神社だが留守だった、ざんねん、ザンネン、残念!3回言うとサンザンと言うのかしら?

f:id:wave0131:20170510203829j:plainたしかに御朱印に記されているように、新倉は眺望は良い。日本一です、大変ケッコーです、天気が良ければ!ですね!!

憎まれ口を叩いている場合じゃない、次へGO!

この日の最後、また「浅間神社」じゃない! いいじゃないのっ! 心広く、許す!のだ。

f:id:wave0131:20170510211101j:plain

今回巡って、一番気に入った御朱印だ。だから大きく現れる!

わしの感性は、どうかしてる?てかっ?

少なくとも幾らかは「カンセー」が必要な仕事に携わってきた者として、コイツはサイコーだ!とはっきり言える。そう、あなたたちが間違っている! いや、ゴメンなさい!わしが間違っていたかも、 好みの問題かも、年齢だけ重ねて、未カンセーな感性しか築く事が出来てない、わしのタワゴトとする。

さて、河口湖駅前の安宿に泊まる。いつも安ホテルだ。ホテルに失礼だが、安い、それなりだ! だがこの安ホテルのサイコーの「おもてなし(嫌いな言葉だが使う)」が、翌朝待っていた。

早くもない時間に目覚めて、色気のない部屋のカーテンをザ ザーーッ!!!

見てよ!よっよ!!!

わしにも神のご利益あり! ご利益? なんて、なかなか信じないわしでも、この時はガラにもなくスナオ! なんて素晴らしいんだ!ありがたい!

f:id:wave0131:20170510213727j:plain

日本に生まれてヨカッタとスナオになれる一瞬だ。たまには素直になれる、相手次第だ! 安ホテルばんざい!!

さて、この朝、イイ事ばかりではなかった。この晴天とは対照的な思いにさせられるハメに!体の末端に最悪の状況を迎えた。思い出すだけで足の指がムズムズする! 話は厄介だから、しない!いつかする。

まぁ、その最悪の要因ともなった、前夜に食したスバラシく美味しかった食べ物の写真。ホテル窓からの富士の写真は手前が河口湖駅、その駅の真ん前にある「ほうとう」のお店だ。

f:id:wave0131:20170510220606j:plain

CM料をいただいている訳じゃないし、FBでもない、これ見よがしの画像は極力避けるのがわしの流儀。でもこれだけは禁を破って載せる!美味しさが、のちのち語らねば気が済まないトンデモナイしっぺ返しの元となるから!

でも、もう時間がない、今回はこれまで、いつか語るヨッ!と。