にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

大塚天祖神社の御朱印(東京・豊島区)〜かつては「巣鴨村」と言われた大塚に鎮座

▼大塚 天祖神社御朱印です。(東京都豊島区南大塚3-49-1)f:id:wave0131:20210129192738j:plain季節によって「初詣」「夏詣」のスタンプが追加されるようです。

 

右下の「都電神社めぐり」のスタンプは尾久八幡神社でも押されていました。▼

 

▼「書置きはございません」という事なので直書きのみという事です。

f:id:wave0131:20210129193028j:plain昨今では「書置きのみ」に慣れているせいか、逆の案内に何故かオドロきます。

 

▼「都電神社めぐり限定」の朱印帳の案内もありました。

f:id:wave0131:20210129193024j:plain

--------------------------------------------------------------------------------------

天祖神社へは、JR山手線「大塚駅」南口から徒歩3、4分です。昔は「巣鴨村」です。

もちろん「都電神社めぐり」の都電荒川線大塚駅」停留所もあります。

 

大塚駅南口に立つと大きな社号標がそびえています。

f:id:wave0131:20210129192804j:plain大塚には過去に半年ほど仕事がらみで通ったことがありますが、

当時は神社の興味がなかったせいか、この社号標には全く覚えがありません。

▼商店街入口に立つ鳥居をデザインしたアーチにも当時は気がつきませんでした。

f:id:wave0131:20210129192809j:plain

もとより「観察眼」という言葉が自分の辞書には掲載されてないので、意識しないと気がつかないのもあたり前かもしれません。

 

▼商店街に入って、緩やかな坂道を右方面に進みます。

f:id:wave0131:20210129192813j:plain

駅前の商店街ですので、誘惑に負けそうな店舗が左右に続いています。

不審者のように眼はキョロキョロ、地元民ではないことがすぐバレてしまいます。

 

▼右側の先に神社の木々と玉垣が見えてきます。

f:id:wave0131:20210129192817j:plain

▼振り返る必要ありませんが、今進んできた坂道です。

f:id:wave0131:20210201174226j:plain

▼駅前の石柱とは異なり神社前の社号碑は円柱です。

f:id:wave0131:20210129192821j:plain

▼人通りの多い神社前では、ここで立ち止まり頭だけ下げて行く人もたくさんいます。

f:id:wave0131:20210129192849j:plain

石段を上がれば商店街とは違う空気が流れています。

 

▼鳥居をくぐるとすぐに出会う狛犬の阿形は、子供を押さえつけているような姿です?

f:id:wave0131:20210129192925j:plain

▼玉を押さえる吽形は不思議ではなく自然です。江戸時代に奉納されたようです。

f:id:wave0131:20210129192929j:plain

狛犬の脇に手水舎。

f:id:wave0131:20210129192937j:plain

▼吐水口は感染症対策でしょう、柄杓は置かれてなく狛犬の口に竹筒が差し込まれ、手前の竹口から水が流れます。

f:id:wave0131:20210129192941j:plain

竹で口から串刺しされたような狛犬の表情で、何やらちょっと哀れです。

 

▼石段→鳥居→参道→正面に社殿です。

f:id:wave0131:20210129192933j:plain

天祖神社ですので祭神は「天照大御神」。

創建は14世紀。

空襲によって焼失された社殿は戦後の再建です。

f:id:wave0131:20210129193833j:plain

▼社殿前には比較して新し目の狛犬が一対。

f:id:wave0131:20210129192945j:plain

最近、本ブログにはこんなに勇ましく胸を張れる機会はありません。

羨ましくも、恥ずかしくも感じさせられる雄姿です。

f:id:wave0131:20210129192949j:plain

f:id:wave0131:20210129193019j:plain

▼本殿は拝殿より新しい再建なのでしょう。

f:id:wave0131:20210129193050j:plain

まるで付け足したような、増築されたような雰囲気の本殿です。

f:id:wave0131:20210129192953j:plain

f:id:wave0131:20210129193016j:plain

 

社殿裏手の境内社を見ていきます。

 

菅原社熊野社厳島が案内されていました。

f:id:wave0131:20210129192957j:plain

▼こちらにも一対の狛犬が奉納されています。

f:id:wave0131:20210129193002j:plain

▼わぉ〜ん〜〜〜ん。おでこの傷がイタイ!

f:id:wave0131:20210129193006j:plain

f:id:wave0131:20210129193011j:plain

稲荷社です。f:id:wave0131:20210129193032j:plain

▼2対は狐と狛犬のようです。f:id:wave0131:20210129193037j:plain

▼さらに三峯社榛名社

f:id:wave0131:20210129193041j:plain

▼いくつも見てきましたが、ここにも表情の違う狛犬です。

f:id:wave0131:20210129193045j:plain

▼御神木の「夫婦銀杏」は樹齢600年と言われています。

f:id:wave0131:20210129193054j:plain

 

かつては「巣鴨村の鎮守」とされ、

江戸時代には十羅刹女鬼子母神も祀られていたそうですが、

明治期に天祖神社と改称され、現在は神仏習合のカゲはまったく見当たりません。

 

天祖神社 (豊島区南大塚) - Wikipedia

に面白い記事が載っていました。

十羅刹様が隠居して、天祖様が氏神になられた」だそうです。

ご隠居はどちらへお住まいなのでしょう?

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村