にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

無量寺の御朱印(茨城・常総市)〜COVID-19に揺さぶられる御朱印行動

▼木崎山 無量寺 「東国花の寺」の御朱印です。

真言宗智山派茨城県常総市菅生町5028)f:id:wave0131:20210222174859j:plain御朱印は日付なしの書置きでした。

 

無量寺御朱印いただいたのは、実は少し古く2013年。

 

2020年から2021年の2月現在まで、コロナ禍で思うようには御朱印巡りに出かけられません。

結果、ブログ用の新規御朱印が数限られてきます。

 

定期的に記事を書き続けるには新規ネタが手薄になってきたら、

棚からひとつかみして「過去ネタ」、もしくは「リライト」や「まとめネタ」を書くということになります。

ということで、ここのところ過去にいただいた御朱印が度々登場しています。

されど、本ブログではどれも「初出」の御朱印です。

 

しかし、これまでに未掲載の過去御朱印も、手持ちが数少なくなってきて相当心細くなっています。

 

全国的に新規感染者数は減ってきているものの、まだまだコロナ収束の見通しがつきません。

f:id:wave0131:20210224170523j:plain

本ブログの予想では「終息」ではなく、「収束」なのですが、その言葉が出てくるのは、

まだ最低2年ほどは必要なのでは、と思います。

 

そんな覚悟でいますが、

御朱印収集者も授与側も、それぞれしっかりした対策を採り、

慎重な行動を取れれば、収集行動も「世間」から非難されるような事ではないかもしれません。

 

本ブログも今回の感染症御朱印の関連については、様々な思いに揺れ動いて、矛盾している記事も書いているかもしれません。

 

書置きがノーマルに、郵送がノーマルになることにも不安を覚えます。

 

ここ数年で御朱印をめぐる環境はずいぶん変化しました。

さらに変化させようとする感染症は、たかが御朱印の着地点など、今のところその答えを与えようとはしていません。

--------------------------------------------------------------------------------------

 

無量寺へのアクセスは車以外は困難です。

近くの「一言主神社」さえ「守谷駅」からタクシー利用を案内しています。

バスもありそうなので、本ブログ同様のボンビーはバス路線を探しましょう!

 

と、公共交通利用者にとっては他人事のような言葉になり、申し訳ありませんが、

本ブログで時折記事にしてるように、車を転がし、目的地を見つけるのも難儀な場合、多々ありなのです。

 

無量寺の場合は、相変わらず事前知識のないなか、茨城の田舎道を進むと

▼いきなり、誰でも理解できそうな大きなカンバンが目に入ってきます。

f:id:wave0131:20210222194134j:plain

ですので、いきなり右にハンドルを切ります。

すると、

▼だだっ広い駐車場の正面に重厚な山門が見えました。

f:id:wave0131:20210222174908j:plain

勝手に本ブログ好みの境内と伽藍が期待できると思いきや、

▼山門をくぐると境内全体は、ほぼこれだけのちょっと殺風景な様子でした。

f:id:wave0131:20210222174918j:plain

しかし寺社の様子が殺風景か否かは、訪れた人の「観る目」「観察眼」に左右されるのでしょう。

 

▼「太子堂」もあり・・・

f:id:wave0131:20210222174926j:plain

▼季節になれば花を咲かせそうな木々の存在も確認できます。

f:id:wave0131:20210222174922j:plain

あとは想像力の問題です。

▼想像力の乏しい本ブログは「東国花の寺」サイトから写真をお借りしました。

f:id:wave0131:20210222174930j:plain

 

寺は1301年、鎌倉時代の創建とされています。

いただいた御朱印は「東国花の寺 茨城10番」ですが、

他にも「関東八十八箇所 第41番」札所でもあります。

 

f:id:wave0131:20210222174912j:plain

 

東国花の寺」は2001年の発会で100ヶ所の札所。

関東八十八箇所」は、1995年の開創で文字通り88ヶ所の札所。

 

どちらも比較的新しい「霊場」で、

公式ガイドブックが出版され、専用納経帳もあります。

f:id:wave0131:20210224175441j:plain

 

HP や FB も充実していますが、更新は2020年3月あたりが最後になっています。

更新がされてないと

「息切れしちゃったのかな?」「活動していないのかな?」

「なくなっちゃったのかな?」

などと余計なことを想像してしまいますが、

定期的な更新がどれだけ大変か、身を以て感じていますので深く突っ込まないことにしましょう。

 

東国花の寺」は正式には霊場と言えないかもしれませんが、

どちらにしても、本ブログではこの二つの霊場は意識して巡っていません。

いつものように、いただいた結果が、それぞれの霊場御朱印だったりしています。

 

二つの霊場合わせて「188ヶ所」の札所は、東京に在住ながら尻込みしてしまう数字です。

一気に巡ろうとせず、2、3年かけて満願するような巡り方で、改めて見直してみるのもいいかもしれませんね。

 


 

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村