/


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

関東を中心とした寺社の御朱印記録です。参拝・収集目的に少しでも役立てば幸いです。

秋葉神社の御朱印(東京・台東区) 〜今年もコロナ下、2022年元日の御朱印

秋葉神社御朱印。(東京都台東区松が谷3-10-7)

f:id:wave0131:20220108180643j:plain

 

秋葉神社「新春詣」御朱印(2022年)。

f:id:wave0131:20220108180700j:plain

宮司さんの神事のタイミング次第で「直書き」か「書置き」かになります。

f:id:wave0131:20220112184512j:plain

 

秋葉神社「新春詣」御朱印(2021年)。

f:id:wave0131:20210108144357j:plainf:id:wave0131:20210105194239j:plain

2021年は書置き500円をいただきましたが、ちょうど宮司さんが参拝者の祈祷中で

「待っていただければお書きいたします」と受付の女性から案内されました。

f:id:wave0131:20210105194350j:plain

2種類が用意されていて、他にも「ミニ御朱印」の対応もされていました。

f:id:wave0131:20210105194354j:plain

と言っても「ミニ御朱印」の何たるかは、アバウトでしか理解していません。

 

秋葉神社の通常御朱印(2014年)。

f:id:wave0131:20220108175816j:plain

「通常御朱印」と表記しましたが、2014年はもちろん通常も、特別も、限定も、月替りもありませんでした。

ただ一つ「御朱印」でした。

2022年現在の通常御朱印は、右下のスタンプが「ひょうたん」に変わっています。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

松が谷 秋葉神社へは上野駅稲荷町駅、入谷駅のどこから歩いても1km範囲内です。

 

▼境内西側にある正面の参道です。鳥居前の道路は「左衛門橋通り」。

f:id:wave0131:20210105194404j:plain

f:id:wave0131:20220112184520j:plain

最初に御朱印をいただいたのは2014年。

f:id:wave0131:20210105194346j:plain

今回で4度目になりますが、御朱印をいただいた参拝は3度目になります。

f:id:wave0131:20220112184508j:plain

普段は数組の参拝者とすれ違う程度ですが、さすが元日は初詣者が絶えません。

f:id:wave0131:20210105194342j:plain

 

東京が明治期の大火災に見舞われ、火災鎮護の祈願所として当初は現在の「秋葉原」に建立された神社です。

 

その後、秋葉原周辺の鉄道整備のため現在地に遷座されています。

元電気街、今や「AKB48」の劇場もあり、若者たちの関心を集めつつ大きく変化しつづける「秋葉原」の名称の起源とする神社でもあります。

 

f:id:wave0131:20210105202247j:plain

それでも、これまでは目立たない地元の氏子に守られていた神社でしたが、

少し着飾った御朱印を用意して、親切に対応くださる宮司さんの存在で、多くの参拝者が訪れるようになったと理解しています。

f:id:wave0131:20210105194359j:plain

▼東側にある鳥居です。

f:id:wave0131:20220112184504j:plain

御朱印は社殿左手の社務所で、宮司さんに丁寧な対応をいただけました。

f:id:wave0131:20220112184516j:plain

 

 

▼2022年元日の御朱印記事。

 

▼このブログ開設当初のチョッと恥ずかしい幼稚な記事は秋葉神社も掲載しています。

日本橋七福神(2012年)まとめはこちら。

--------------------------------------------------------------------------------------

wave2017.hatenablog.com

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村