御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

犬の伊勢参り! 金比羅さんにもワンコが?!:御朱印:金刀比羅宮

伊勢参りの犬は有名だ。

伊勢参り、お蔭参り、抜け参り、みな同じだが微妙に異なる表現がたくさんある。それだけ伊勢詣は大きな話題と、庶民のあこがれだったわけだ。

代参でワンコが往復何千キロも歩いて、お札をいただいて帰ってくる。

現実にあったとしても、まだ日本がおおらかで、のどかな時代だった時のメルヘンだ。

f:id:wave0131:20170908110234j:plain

「初めてのお使い」どころではない。

動物の帰巣本能はあると仮定しても、行った事のない、見当もつかない伊勢を目指さなければならない。

首に伊勢詣の木札をぶら下げているとしても、ワンコにしてみたら何とも心細い旅だったはず。アリガタイ事なのか、メイワクな事なのか、ワンコにもよく分からない。引き返したい気持ちを押し殺して主人のために出発する。

しかし、現在も四国に残っているお遍路さんに対する「お接待」のように、一目で伊勢参りの代参である姿をしていれば、ワンコは次々と施しを受けたり、人と同道したりして、伊勢にたどり着いた事だろう。

 

犬の代参は伊勢詣だけかと思ったら、金比羅詣もしていたようだ。

江戸時代「こんぴら狗」と呼ばれていたそうだ。

伊勢も金比羅も当初、犬は穢れとされており境内には入れなかったはずだが、代参と理解されるや、犬は境内に入る事を許されたようだ。

f:id:wave0131:20170907194019j:plain

江戸時代には、そんなハートウォームな出来事が話題となり、多数の目撃談が出たり、浮世絵などにも描かれている。

 

明治に入ってからは、この話はプツンと消えて無くなる。

飼い犬のシェアを洋犬が拡大し始めたせいか、日本人の犬の飼い方が変化したのか、はたまた整備された交通のせいか、定かでない。

 

東京区内に飼われている我が家のワンコなど、伊勢、四国は外国だ。

10km先の虎ノ門金毘羅宮さえも無理だ。

帰巣本能も、集合住宅の10階ともなると、帰ってくる事さえ怪しくなる情けなさだ。

何かのアクシデントで、我が家とは途方もない距離のある場所に置かれた犬が、何日も何週間もかけて、飼い主の家に戻ったという話は度々ニュースなどになる。

珍しい事だからこそニュースになる。現在の室内犬は、ちょっと目を離すと、即迷子犬となってしまうのも、やむをえない事かもしれない。

 

我が家のワンコの首には伊勢詣の木札ではなく、名前・住所・電話番号が記された札がぶら下がっている。

たまに人間にも同じような内容が記された札を、ぶら下げている人を目にする。超高齢化社会だ。

 

現代は我が家に帰ることさえ怪しい犬や人間が増え始めた、そんな時代?なのかしら?!

 

f:id:wave0131:20170907193412j:plain

f:id:wave0131:20170907192925j:plain

金刀比羅宮・東京都港区虎ノ門

 

 

f:id:wave0131:20170907193243j:plain

f:id:wave0131:20170907193601j:plain

f:id:wave0131:20170907193623j:plain

f:id:wave0131:20170907193719j:plain

f:id:wave0131:20170907193744j:plain

f:id:wave0131:20170907193914j:plain

 

f:id:wave0131:20170907193052j:plain

金刀比羅宮香川県仲多度郡琴平町