にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

鹽竈神社の御朱印(塩釜市)〜陸奥国一宮の「二社」あり「三宮」ありの稀有〜 R6を北上⓱

鹽竈神社御朱印です。(f:id:wave0131:20190909201224j:plain

シンプルですが、志波彦神社の朱印とともに日付は一つですので「見開き」扱いということでしょう。

 

御朱印帳はシンプル。通常の小型判です。f:id:wave0131:20190910125653j:plain

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

▼訪問前から陸奥国一宮 鹽竈神社は、こんなイメージを抱いていました。f:id:wave0131:20190909211557j:plain間違いなく、ネットなどで目に焼き付いている石段の神社です。

しかし30℃の表参道階段へは足が向かない。写真だけ撮って駐車場へ。

▼駐車場のある東参道方面から向かいます。f:id:wave0131:20190909201611j:plain

f:id:wave0131:20190909201251j:plain

▼神社の博物館は拝観料200円、スルー。f:id:wave0131:20190909201248j:plain

▼すぐ近くに産業遺産「鋳銭釜」。
f:id:wave0131:20190909201607j:plain焼き芋用の釜ではありません。塩釜でもありません。

仙台藩が明治までこれで銅銭や鉄銭を鋳造していたそうです。造幣のお仕事?f:id:wave0131:20190909201603j:plain

▼東側の裏坂から境内に入ったので「志波彦神社」の鳥居が先に現れます。f:id:wave0131:20190909201558j:plain同一境内に2つの異なる神社は珍しいのだそうですが、長野と群馬の境にある神社は、両県で拝殿を二分している。神社名も長野側が「熊野皇大神社」、群馬側が「熊野神社」としている。

珍しさでは社殿を二分している長野・群馬の神社の方が上。

 

▼「神龍」は神馬がいらっしゃるはずですが、留守でした。f:id:wave0131:20190909201538j:plain金龍号」という神馬が10年前に亡くなっている案内が出てましたが、現在は後釜がいないのでしょうか?f:id:wave0131:20190910115647j:plain

▼「志波彦神社」に進んでみます。f:id:wave0131:20190909201532j:plain

▼優美にも豪壮にも見える朱色の手水社。f:id:wave0131:20190909201524j:plain

▼「神門」まで僅かな参拝者としか出会いません。f:id:wave0131:20190909201528j:plain真夏の正午頃ですから、どちらかというと敬遠されそうな気温30℃。f:id:wave0131:20190909201519j:plain延喜式内明神大志波彦神社」は「志波彦神」が祀られています。f:id:wave0131:20190909201500j:plain農業守護や殖産・商工業の神様として崇敬されているそうです。f:id:wave0131:20190909201514j:plain拝殿は「朱黒の漆塗り」が施されているそうです。f:id:wave0131:20190909201504j:plain朱黒(しゅぐろ)」とは灰色に朱色を混ぜたものを言い、蒔絵などにも使われる塗料です。

ハデハデな朱の社殿と、ワタシの好みの少し落ちついた朱色の社殿の両方を見かけますが、なるほど「朱黒」と言うのですね。またひとつ「お勉強」になりました。

 

▼振り返れば「朱黒の神門」。カラッポの境内でしたが、言い換えれば独り占め?f:id:wave0131:20190909201509j:plain

▼本命の「鹽竈神社」側に進みます。f:id:wave0131:20190909201547j:plain▼「東神門」をくぐり表参道石段上まで移動します。f:id:wave0131:20190909201453j:plain▼表参道の急な石段を覗き見てみます。みなさん果敢に階段を上下。f:id:wave0131:20190909201428j:plainでも今日は止めときます。

石段を見るとほとんど登らずにいられませんが、気分じゃない時もあります。f:id:wave0131:20190909201433j:plain

▼石段を登ってきたつもりになって、正面の「隋神門」までの階段を上がります。f:id:wave0131:20190909201423j:plain呼び名は「隋神門」であり、「楼門」でもあるようです。

▼こちらは「朱黒」ではなく、純な「朱色」のようです。f:id:wave0131:20190909201417j:plain

▼隋神門をくぐると左手に末社が稲荷、住吉、八幡、神明社と並んでいます。f:id:wave0131:20190909201406j:plain

f:id:wave0131:20190909201411j:plain

▼大きな狛犬は「何者?」と問いたくなる、かなりユニーク顔。どこかの神社で見たような覚えがあるんだけど、どこだったかは思い出せない。f:id:wave0131:20190909201402j:plain

▼ここにもいらっしゃいました「撫で牛」。f:id:wave0131:20190909201449j:plain

▼華美な「唐門」はハデな極彩色。こちらは多くの参拝者が見えます。f:id:wave0131:20190909201358j:plain

▼「一宮鹽竈三社大明神」、三社です。f:id:wave0131:20190909201354j:plain

▼唐門をくぐると正面に「左右宮」。拝殿に2つの扁額。f:id:wave0131:20190909201350j:plain

▼向かって左が「右宮」。本殿側から見ての左右です。f:id:wave0131:20190909201342j:plain

▼向かって右が「左宮」。本殿もそれぞれ左右にあるそうです。f:id:wave0131:20190909201337j:plain

▼上の左右宮の右手直角に「別宮」があります。こちらがいわゆる本宮のようです。f:id:wave0131:20190909201346j:plain右宮、左宮、別宮と不思議な三宮です。別宮には「鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)」が祀られています。

▼「別宮」の別は、別荘ではなく、特別の別、スペシャルだそうです。f:id:wave0131:20190909201333j:plain

▼1809年、伊達九代藩主が蝦夷地警護の凱旋の際に寄進した燈籠だそうです。f:id:wave0131:20190909201323j:plainよく見るとスゴイことになっている、不思議で奇怪な動物たちで溢れる文化灯籠です。f:id:wave0131:20190910180433j:plain

▼境内は暑いけど爽やかな眺めにあふれています。f:id:wave0131:20190909201329j:plain

f:id:wave0131:20190909201318j:plain

f:id:wave0131:20190909201314j:plain

▼海や漁港が近い神社で時々見かけます。f:id:wave0131:20190909201311j:plain

f:id:wave0131:20190909201307j:plain

▼印象に残る「エメグリ」です。ほぼ補色関係のコーディネートでも下品じゃない。f:id:wave0131:20190909201302j:plain

f:id:wave0131:20190909201258j:plainさすが一宮ですが、 No.1クラスの素晴らしい神社でした。

 

▼一宮から少し離れていますが、塩竃神社の境外社「御釜神社」にも寄ってみます。f:id:wave0131:20190909201244j:plain

小さな境内です。社務所はお留守のようでしたので、参拝だけにします。f:id:wave0131:20190909201239j:plain

▼400年前、芭蕉はここにも詣でているようです。50歳の脚は好奇心旺盛なのです。f:id:wave0131:20190909201235j:plain