にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

都々古別神社の御朱印(福島・棚倉町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上⓬

都々古別神社御朱印です。(福島県東白川郡棚倉町八槻大宮224)f:id:wave0131:20210901152728j:plain

つつこわけじんじゃ」です。

二つの御朱印の墨書きは、筆の太さは異なりますが、同一人物の筆跡でしょう。

 

御朱印は社殿前を清掃中の女性に、作業を中断して社務所まで戻って揮毫いただきましたので、2015年もこちらの女性に揮毫いただいたと言うことになります。ありがとうございました。

f:id:wave0131:20210901155731j:plain

都々古別神社御朱印(2021年)。

f:id:wave0131:20210901152723j:plain

右上の印は「八槻鎮座 奥州一宮」となっていてます。

石川町では「陸奥国一宮」、棚倉町馬場では「陸奥一宮」の印になっています。

 

都々古別神社御朱印(2015年)。

f:id:wave0131:20210901152718j:plain

前回記事、石川町の「石都々古和気神社」では種類豊富な御朱印が案内されていましたが、こちらは潔く1種類で、6年間変化ありません。

今回は立ち寄りませんでしたが、もう一つの一宮「馬場 都々古別神社」も御朱印は1種類のようです。

 

御朱印は境内右手の社務所でいただけます。

f:id:wave0131:20210901152949j:plain

--------------------------------------------------------------------------------------

 

ブログ副題は「R294北上」となっていますが、ここからは東京への帰り道になり、R294でもなく、別ルートで「南下」になります。

そして再訪となる神社をトレースしながら帰ります。

 

▼全く同じ文字で、同じ棚倉町に「都々古別神社」が二社ありますので

mapも「八槻都々古別神社」と記されています。

石都々古和気神社」からの帰り道で途中「馬場都々古別神社」もありますが、今回は時間都合でパスしました。

 

▼神社の入口はR118「棚倉街道」沿いに大きく鳥居を開いています。

f:id:wave0131:20210901152827j:plain

▼モリモリの古木の社叢が境内を覆い尽くしています。

f:id:wave0131:20210901152832j:plain

f:id:wave0131:20210901152953j:plain

▼社号標は「古別神社」ではなく「古別神社」。

f:id:wave0131:20210901152837j:plain

御朱印の墨書きも「古別神社」ですが、捺印された「神社印」は、同じく「古別神社」となっています。

 

いずれにしても福島に三社ある「つつこわけじんじゃ」は、

それぞれ神社名に使用されている文字が、神社庁、mapや墨書き、朱印などで異なる表記も多く頭なの中で整理できません。

 

その区別を理解できるのは、現実に「八槻」「馬場」「石川町」の三社を参拝された方だけでしょう。

三社はそれぞれ特徴があり、境内の記憶も3つにしっかり分けられるはずだからです。

 

しかし最近、もう一つの「つつこわけじんじゃ」を知りました。

茨城県大子町に鎮座する「近津神社」は、旧社名を「石都々古和気宮」と言うそうです。

やはり、どうしてもややこしい「つつこわけ」です。

 

▼境内側から鳥居を振り返りました。

f:id:wave0131:20210901152804j:plain

▼社叢が深く高いせいでしょう。陽が届かず、あちらこちらに緑の苔が生えています。

f:id:wave0131:20210901152823j:plain

f:id:wave0131:20210901152818j:plain

f:id:wave0131:20210901152813j:plain

▼気になる「苔」は2015年にも撮影しています。

f:id:wave0131:20210901172626j:plain

▼木立の間に見える「隋神門」はとっても美しく静謐。

f:id:wave0131:20210901152809j:plain

手水舎の水盤は「漱盥」の文字。

f:id:wave0131:20210901152859j:plain

狛犬たちもコケまみれになっています。

f:id:wave0131:20210901152851j:plain

f:id:wave0131:20210901152855j:plain

▼子持ち獅子はこのアングルですと一目瞭然。でも小獅子はプレーリードッグ似です。

f:id:wave0131:20210901152800j:plain

f:id:wave0131:20210901152919j:plain

f:id:wave0131:20210901152903j:plain

f:id:wave0131:20210901152755j:plain

f:id:wave0131:20210901152752j:plain

▼「奥州」は陸奥国の別名です。

f:id:wave0131:20210901152908j:plain

とは言え白河の関勿来関の先はすべて奥州、陸奥国。広すぎます。

 

f:id:wave0131:20210901152748j:plain

▼隋神門には華麗な木鼻や、天井には龍図が描かれていますので必ず見上げましょう。

f:id:wave0131:20210901152744j:plain

f:id:wave0131:20210901152739j:plain

▼隋神門は真横からも美しい。こちらは2015年の撮影。

f:id:wave0131:20210901161854j:plain

式内社ですので神社の創建は不詳です。

f:id:wave0131:20210901152912j:plain

927年成立の「延喜式神名帳には陸奥国白河郡「都都古和気神社 名神大と記載されているそうです。

f:id:wave0131:20210901152916j:plain

近世までは「八槻明神」「近津明神」と呼ばれていて、明治期に「都々古別神社」と称するようになったそうです。

 

御朱印を記帳いただいた女性が清掃中でした。

f:id:wave0131:20210901152924j:plain

普段はお一人で神社をキリモリされているような様子ですが、大変なご苦労かもしれません。

数ある一宮も様々な姿、スタイルを見せつけられます。

f:id:wave0131:20210901152929j:plain

▼一宮の名に恥じない「本殿」の佇まいです。

f:id:wave0131:20210901152933j:plain

▼本殿側から隋神門、入口の鳥居の景色です。

f:id:wave0131:20210901152945j:plain

f:id:wave0131:20210901152937j:plain

境内社は経済的な余裕があれば整備される対象なのでしょう。

f:id:wave0131:20210901152941j:plain

▼「縁結び」と「長寿」の御神木。

f:id:wave0131:20210901152846j:plain

f:id:wave0131:20210901152842j:plain

今になって顧みると石川町の「石都々古和気神社」、棚倉町の二つの「都々古別神社」の三社のうち、

御朱印の種類豊富な、そして山頂までの参道の整備を考えれば、石川町が一番経済的には恵まれている様子です。

それは一宮としての「論社」の仲間入りにもされない神社側の頑張り、努力かもしれません。

それぞれ境内を見ただけの感想なので真実は分かりませんし、どうでも良いことかもしれません。

 

▼さて一宮が二社ある棚倉町は、山本不動尊などほかにも御朱印をいただける寺社もあり、また一般の観光にも人気の場所が多くあるようです。

f:id:wave0131:20210901161921j:plain

▼中でも本ブログの1番のお気に入りは「八槻都々古別神社」の500mほど北にあるここ。JAの農産物直売所です。

f:id:wave0131:20210901161931j:plain

「馬場」「八槻」それぞれの一宮に参拝した折には、ぜひ覗いてみてください。

東京から半径500km圏内でどこよりも農産物が安く、No.1の直売所と感じています。

 

▼2015年にもイッパイ買ってしまったのですが、今回もこれが驚きの1500円!

f:id:wave0131:20210901161957j:plain

一つ食べてしまったのですが、少し小ぶりながら7玉入っていて1500円は、東京ではあり得ません。

▼桃をはじめ、味噌、野菜など4000円ほど購入。冷蔵庫マンパイです。

f:id:wave0131:20210901161939j:plain

どれも新鮮なことは言うまでもありませんし、量も大満足なはずです。

ここに寄ると、千葉や埼玉の農産物直売所は「=スーパー」のように思えます。

 

ハイっ! 自炊する人、家族のある方、どなたかへの土産にしたい方、絶対寄り道しましょう!

 

▼2015年の3つの「都々古別」と「山本不動尊」の記事です。

wave2017.hatenablog.com

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村