にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

小石川大神宮の御朱印(東京・文京区)〜「東京のお伊勢さま」がここにも! もうイイカゲン 街に出たい!?

小石川大神宮御朱印です。(東京都文京区小石川2-6-9)f:id:wave0131:20210621181605j:plain

2021年の御朱印は6月限定とはいえ、2014年と同じ神社とは思えない様変わりです。

しかし、2014年に丁寧に対応いただいた若い宮司禰宜)さんのほうが記憶鮮明なのはどうしてでしょうか?

 

小石川大神宮御朱印(2021年6月限定)。直書きいただきました。f:id:wave0131:20210621181613j:plain

 

小石川大神宮御朱印(2014年)。

f:id:wave0131:20210621181608j:plain

▼2021年6月は4種類の御朱印が用意されていました。

f:id:wave0131:20210621181649j:plain

どれも直書きいただけるようです。

限定御朱印に使用されている「消しゴムはんこ作家」の説明もありました。

 

御朱印は社殿横の授与所でいただけます。

f:id:wave0131:20210621181657j:plain

--------------------------------------------------------------------------------------

▼地下鉄「後楽園駅」や「春日駅」から徒歩4、5分で神社です。

後楽園駅」駅前の「春日通り」は西へ上る「富坂」となっています。

▼坂途中の左は中央大学の後楽園キャンパス。

f:id:wave0131:20210621181740j:plain

▼振り返ると文京区役所が入る「シビックセンター」がド〜ンと目に入ります。

f:id:wave0131:20210621181745j:plain

▼ここまで神社の案内はなく、何の変哲もない横道を覗くと鳥居が見えます。

f:id:wave0131:20210621181736j:plain

小石川大神宮は、しばらくはこの地で仮宮でした。

そして2021年5月に遷座祭が行われています。

 

▼20014年に参拝した折は現在地から少し東に鎮座し、ビルの1階をくり抜いたような通路を通り抜けて社殿に向かいました。

f:id:wave0131:20210621181836j:plain

仮宮から旧鎮座地への遷座かと思っていましたが、違いました。

▼仮宮の地がそのまま鎮座地になっていました。

f:id:wave0131:20210621181732j:plain

▼春日通りからの横道を参道とすると、鳥居と社殿は微妙に角度がずれています。

f:id:wave0131:20210621181627j:plain

▼鳥居も社殿も木の香りが漂ってきそうな真新しさです。

f:id:wave0131:20210621181632j:plain

しかし鳥居は旧社の古材を使用し、継承直ししているかもしれません。

 

▼手水舎の背後に「遷宮」の説明がなされていました。

f:id:wave0131:20210621181719j:plain

遷座」ではなく「遷宮」が正しい表現でした。

f:id:wave0131:20210621181750j:plain

▼神社は1966年、この方が創建し、伊勢神宮の分神として「遥宮」と呼ばれています。

f:id:wave0131:20210621181644j:plain

旧社地でも立っていらっしゃいました。

遥宮とおのみや)」は伊勢にも正宮から少し距離がある地に、いくつかあるようです。

伊勢神宮の厳粛な儀式を経て分神を祀る、由緒正しい社格の神社だそうです。

 

f:id:wave0131:20210621181639j:plain

 

と言うことは、ここは「伊勢神宮そのもの」とも言えるはずです。

近くの飯田橋に「東京のお伊勢さま」と称する「東京大神宮」があります。

創建こそ小石川より少し古いのですが、あちらは「遥拝殿」として創建されているので、

神宮から「遥宮」と名乗ることを許されている「小石川大神宮」こそが
東京のお伊勢さま」と言えるかもしれません。

後から同じキャッチコピーを使うことはできませんが、

伊勢の遥宮」のコピーでは、一般人は正確に読むことも意味も理解できません。

新たな別のコピーが必要です。

 

f:id:wave0131:20210621181715j:plain

固く固められた大きめの敷き砂利がシューズ裏に心地よく感じられます。

f:id:wave0131:20210621181728j:plain

旧社殿とは見え方が全く異なる神明造の社殿が青空に映えます。

f:id:wave0131:20210621181653j:plain

今は木の香も新しい社殿ですが、時間とともにその風格を表してくることでしょう。

f:id:wave0131:20210621181711j:plain

f:id:wave0131:20210621181636j:plain

▼社殿右手に大きな賽銭箱に隠れるようにして立つのは「布袋さん」のようです。

f:id:wave0131:20210621181702j:plain

同じ小石川ですが「小石川七福神」とは関係なさそうです。

f:id:wave0131:20210621181706j:plain

初参拝の2014年は何も知らず、

改めて「遥宮」として参拝させていただいた、緊急事態宣言下の「小石川大神宮」でした。

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村