御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログ、ここはかなりテキトー! 無責任 ! あしからず。

:御朱印:荷風も散歩した寺社❷ 雨の合間に弘法寺、手児奈霊神堂 ここにも番外があった

昨夜まで、今日の東京、千葉、茨城は晴れの予報だった。だが降った。この時期は予報が外れても恨まない。

午後には降り止んだから、チョット出かけてきた。

雨も降らないのに荷風は、ある時期いつもコウモリを片手に散歩しまくった。コウモリだけなら紳士かもしれないが、トランクのような四角いボストンに現金、預金通帳も入れて持ち歩いていたようだからレッテルは、変人だ。そんな変人さを魅力に感じ、その足跡を辿る者も変人?世の中、変人が多い

彼は昭和21年、1946年から13年ほど千葉県市川市に住んでいた。京成線「菅野」と「京成八幡」の周辺を3度ほど転居して終焉の地は「京成八幡」のすぐそばだった。その間、暇人の彼は散歩の様子をたくさん記し残している。

京成線の少し北を、ほとんど平行して流れる真間川の堤に咲く桜や、真間山弘法寺の桜もお好みのようだった。

f:id:wave0131:20170625203435j:image

JR市川駅前ロータリーから国道14号に出て左折、セレモニーホールを過ぎると、セブンイレブンの角を右に入る道がある。弘法寺の石柱があり、タイル貼りの道が北にまっすぐ伸びている。

f:id:wave0131:20170625203524j:image

タイル貼りでスタイルもいい歩行者優先の道路だ。車も通るが交通量は少なく遠慮がち、歩くのには気持ちの良い道だ。

f:id:wave0131:20170625211414j:image

道沿いにこんな店もあったが、惜しい、いきしていないようだ。JAZZ喫茶だったのか? それにしては店名が画家?か?

f:id:wave0131:20170625203618j:image

にぎやかでも無い商店街を過ぎ、京成線の踏切を渡ると前方に真間山への階段と甍が、かすかに見えてくる。

真間川も渡ると「真間の継橋」がある。

f:id:wave0131:20170625203704j:imagef:id:wave0131:20170625203709j:image

日本百名橋の「番外」だそうだ。出た!また番外だ!! 巡礼ではおなじみ番外だ。

橋にも番外があるとはオドロキ、初耳だ。この橋、万葉集にも詠われているとか。江戸名所百景にもある。江戸?

荷風だったら、そのくらいの知識はあったかもね。

 f:id:wave0131:20170625203811j:image

その橋を少し進めば、荷風も足を踏み出した仁王門に続く階段下にたどり着きます。

この階段、写真で見るより傾斜がキツイ。蒸し暑い今日の午後には、少し腹立たしい。

後は皆さん自分の足で勝手に確かめてね。

何度も記すけど、このブログ、無責任で、不親切だから、御朱印収集人の方たちには、まったく「役立たず」です。

 ・

でも今日はスマホでヘタな写真を撮ってきたので、写真だけズラズラ並べる特別サービス。説明は無し。サービスにならない!?

f:id:wave0131:20170625204259j:imagef:id:wave0131:20170625204347j:imagef:id:wave0131:20170625204328j:imagef:id:wave0131:20170625204408j:imagef:id:wave0131:20170625204419j:imagef:id:wave0131:20170625204430j:imagef:id:wave0131:20170625204443j:imagef:id:wave0131:20170625204451j:imagef:id:wave0131:20170625204457j:image

説明は無くとも、雰囲気悪くない境内の様子はわかるわね。

後は、わしは一人勝手に、今でも荷風の足跡、彼が観察した景色、土地の有様に浸れる場所は無いかと目を右に左に、ウロウロすることにします。

真間山の下に、悲話とともにある「手児奈霊神堂」などについて書き出すと、夜も明けてしまうから、これも割愛。いやいや、知識として詳しくはない。ネットから仕入れた材料だけだから夜は明けないけど、知ったかぶりもしないから割愛。

・ 

しかしだ、仕方ない! ラマダンも開けた事だからスマホも開ける。

ここも写真だけを羅列。

f:id:wave0131:20170625205210j:imagef:id:wave0131:20170625205217j:imagef:id:wave0131:20170625205227j:imagef:id:wave0131:20170625205241j:imagef:id:wave0131:20170625205253j:imagef:id:wave0131:20170625205302j:image

この井戸の名は「真間の井」。由緒は勝手に調べて!

手児奈霊神堂の住職はまだお若く、お話も上手い。上手いとともに話好きのようだ。寺社にまつわる歴史の話が止まらなかった。ユックリお酒でもいただきながらだったら、話し甲斐のある相手になれたわね。ありがとうございました。

弘法寺(ぐほうじ)、霊神堂では「南無妙法蓮華経」を三度唱える。わしは日蓮宗ではないけど、日蓮さんに敬意を表すのです。

そして、ご首題をいただきました!

f:id:wave0131:20170626124903j:plain

 

f:id:wave0131:20170623185617j:plain

真間山 弘法寺・手児奈霊神堂・日蓮宗・千葉県市川市真間

 

市川に転居してきた荷風も、しばらくすると土地に慣れてくる。菅野あたりから真間山のさらに北にある国分寺跡まで散歩の足を伸ばしている。よく歩き回る彼だが当然徒歩だから、ここらあたりが荷風の市川散歩の北限のようだ。f:id:wave0131:20170623185630j:plain

仁王門は「ひとり」ヘンに新しかった。荷風はくぐってない。

当時の国分寺跡がどんな様子だったのか詳しくはない。「跡」だから、当然、伽藍もなかったはず。でもその静けさだけは今も変わらないかも。

市川に転居したての頃の荷風は、同居人というか、もぐり込んだ先の家人が聴くラジオの音に辟易して、白旗天神社に逃げ込むこと度々であったようだから、ここの静けさも気に入ったはずね。

さて、この時間、外もすっかり静かになった。明日も「コウモリ」が必要な天気かしら?

f:id:wave0131:20170623185642j:plain

f:id:wave0131:20170623185653j:plain

国分山 下総国分寺・真言宗豊山派・千葉県市川市国分