御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

星の数ほどある御朱印ブログとは異なるナナメで、ドクっぽくて、全く役に立たないブログをどこまで続けられることやら!

道後温泉は、イモ洗い温泉?:御朱印:松山神社・伊佐爾波神社・愛媛県護国神社

 四国の松山に出かけたのに、有名寺社の事前知識がなかったし、時間もなかったのは3年前の事。

訪れた当日は、神社3社だけを巡ったが、相変わらず、ここでは神社境内の写真は少ないし、所縁等の説明も無く、ソッケない!

寺社のカタログ的な要素をお望みの場合は、他のブログにお出かけください。

f:id:wave0131:20170804203144j:plain

f:id:wave0131:20170804203145j:plain

f:id:wave0131:20170804203143j:plain

伊佐爾波神社・愛媛県松山市桜谷町

f:id:wave0131:20170804203147j:plain

f:id:wave0131:20170804203146j:plain

松山神社・愛媛県松山市祝谷東町

f:id:wave0131:20170804203142j:plain

f:id:wave0131:20170804203141j:plain

愛媛縣護國神社愛媛県松山市御幸

 

松山デビューだった。せっかくだから道後温泉に入ってみる。

f:id:wave0131:20170804203153j:plain

f:id:wave0131:20170804203154j:plain

f:id:wave0131:20170804203155j:plain

初の道後温泉、入浴メニューの内容は豊富だが、システムはヨクわからん! 当然の事ながらボンビーは一番安いメニューにするわね。400円? 「神の湯」と言うらしい。

道後温泉本館外観は風情があり、イカしてる。建物内の雰囲気も及第。温泉湯そのものの質はよくわからないけど、浴室も歴史を感じさせるイイ感じ。

しかし、いかんせん、混んでた。

ほぼ、イモ洗い温泉に近かった。

湯に脚を入れる時、周囲の人たちを気遣わずにいられず「坊っちゃーん」と思いっきり湯しぶきを上げられない。

人と人のスキマを見つけ、ユルリと身体を沈める。天井を眺める。

温泉の好みパターンは、深夜に入る。するとほとんどが独り占めの温泉だ。頭を湯船の縁にのせ、恥ずかしげもなく大の字に手足を広げる。アー〜〜ぁ、幸せ! と単純に生きてて良かったと思える。

 

だが、ここ道後は人の声がワンワン響いている。我が家のワンコも、びっくりなほど、ワンワンだった。

湯船というか、湯屋というか、400円で入れる温泉が2つに仕切られていた。どちらもアー〜〜ぁ、と言ってられないほど同じように混んでいた。

漱石の「坊ちゃん」、恥ずかしながら読んでない。しかし、漱石の話は、約百年前。

その頃は、衣服を脱いで、思いっきり湯船に「ぼっちゃーん」と身体を投げ入れても平気、人に迷惑はかからなかったんでしょうねぇ!

日本最古の温泉は、サイコーではなかったが、この温泉の醍醐味は、座敷になっている休憩室の利用にあるのかもしれない。

いずれにしても温泉フリークではないので、ガッカリも、ビックリも、大きな衝撃もなく、記憶も希薄だ。

 

しかし、温泉とは別に松山には、別な記憶が残った。

大した事ではないが、この記憶の方が確かだ。

それは、

Continue 明日 !