にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

横浜港北七福神 興禅寺の御朱印❷ 〜ほんわかムードの時もあるさ

▼圓瀧山 光明院 興禅寺天台宗横浜市港北区高田町)

 横浜港北七福神「福禄寿」の御朱印です。

f:id:wave0131:20190113193610j:plain

▼同じく、本尊「十一面観音」の御朱印f:id:wave0131:20190113193611j:plain

秩父第27番札所でもあるようですが、その印は見事にマッサカサマになってしまいました。

まぁ、大したことではないわね。

でもヨコに押されていたら少し心配になる。揮毫いただいた、かなり年配のご住職らしき方の健康が・・。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

▼この寺の次に訪問する西方寺も雰囲気の良い寺だけど、ここ興禅寺もいい感じの趣きです。f:id:wave0131:20190113193612j:plain

▼「福禄寿神」の石板が見えます。f:id:wave0131:20190113193613j:plain

▼山門の手前から福禄寿が迎えてくれます。f:id:wave0131:20190113193614j:plainあれっ、この像は福禄寿じゃなく寿老人じゃないの?

寿老人と福禄寿はどうも見分けがつかない。福禄寿は確か頭デッカチなはず?

 

どちらにしても、この立派な像が「横浜七福神」の参拝対象ではなさそう。浄財箱もないから・・。

 

▼勇ましい阿形吽形像は比較的新しそうで、古色蒼然とした山門とは不釣合いで「ちがうだろー」とも思いますが、風雨にさらされる像も時間ともに周囲に溶け込んでいくことでしょう。

f:id:wave0131:20190113193615j:plainその頃には山門が新しく改修されているかも。

寺はいつも、どこか、かしこが常に新しいものでユックリユックリ回り回っているようです。

 

▼これは間違いなく福禄寿像。f:id:wave0131:20190113193617j:plain

この像が七福神対象かしら?

一番多いパターンは本堂内とか、その手前に駆り出されたように、七福神の期間だけ鎮座されてる事が多いけど、境内で覆屋の無い七福神もいたりするから、とりあえずご挨拶します。

 

▼本堂に上がらせてもらいます。f:id:wave0131:20190113193616j:plain前回記事にした金蔵寺さんのすぐ後だったので、出たとこ勝負で、どうにでもなれ。失うものは無い、と少しテンションを変えておバカになったつもりで「コンチワー〜〜!」とあいさつ。f:id:wave0131:20190113193619j:plainこんにちわ!』と返ってきました。

ヨッシャッー! こうこなくちゃ!

強がりは言っても、実は繊細で傷つきやすい心がホッとして、36℃だったテンションが80℃に上がるが、沸騰はしない適温。

本堂内には年配のご住職らしき方の他に、ほんわかムードの熟女さんがお二人。

もしかしたら、少し熟れすぎかもしれない、円熟おカァさんたちは、お手伝いの檀家さんかしら?

こちらが御本尊さんで、そちらが七福神の福禄寿ですよ

御朱印? はいはい七福神と御本尊ねっ!?

とワタシの朱印帳を手渡されたご住職らしき方は黙々と筆を運びます。f:id:wave0131:20190113193618j:plain撮影? いいですよ

手前にも、奥の厨子の中にも福禄寿さんが・・・。

「境内にも福禄寿がいらっしゃいましたが・・・」との問いは通じず、

外のはお薬師さんですよ

▼どうやら多宝塔かと思った、この塔のことを教えていただいたようでした。f:id:wave0131:20190113193623j:plain朱印帳を受けとって

「ありがとうございました」

はい、お気をつけて・・・

要約したけど、たったこれだけの寺の人とのヤリトリ。

一期一会と大げさに言うものではないけど、こんな何気無い些細なヤリトリが、実は一番必要なことかもしれないんじゃない?

▼と、東に向いてお薬師さんに問うてみる。

f:id:wave0131:20190113193621j:plainお薬師さんから肯定はされなかったけど、否定もされなかった。

無言でした。無言は様々な言葉、意味を持ちます、宇宙ほど広大な・・・。

とにかく、やわらかで、ほんわかに、包み込むようなおかぁさんたちの対応には、和みます。

ホントは「癒されます」としたいけど、あまりにも安直に、頻繁に使われる「癒し」という言葉に辟易しているので単語を置き換えました。

f:id:wave0131:20190113193622j:plain「雄弁は銀、沈黙は金」という諺がありますが、やはり、どちらかというと適度なオシャベリでありたいわね!

適度な「ツヤ消し銀」になれたらイイわね!

 

------------------------------------------------------

 

前回は皆さんに嫌われるようなヒニク記事をUPしたので、1日で更新です。

その記事で、もし不愉快な思いをされたなら謝罪です。

もっとも、いつも「いい子」でいるつもりはないけど・・・。

 

発情寸前「キラキラ御朱印」通販のDMがやってきた 〜健康食品のDM?

昨年、兵庫の赤堂観音・蓮華寺を「お試し」で取り寄せてみた時の記事です。

wave2017.hatenablog.com

あれから年も改まり、2ヶ月以上が過ぎました。

 

そして、1月9日付の消印でDMがやってきました。

確かにワタシは「覗き趣味的」に大枚3000円を支払ってを「お取り寄せ」しました。

もちろん記事にした通り、後にも先にも1度キリのつもりでした。

 

そこへ この「御朱印 ご案内」のDMです。

まさか! DMがやって来ようとは宇宙の果てまでも思いませんでした。

 

▼その封筒です。

f:id:wave0131:20190111191636j:plain

封筒のプリントによる宛名書きはチャンとしています。几帳面にも郵便番号もしっかり朱色の枠内に収まっています。

御朱印 ご案内」のスタンプは少し大き目ですが、DMの内容を明確に表していて、小学生でも直ぐ分かりそうです。

貼ってある切手も、味気ない通常切手ではなく特殊切手が貼ってあります。

DM封筒作りのセンスはまずまず全体的に及第です。

 

封筒を開けてみます。3ツ折したA4用紙が2枚入っていました。

▼1枚目です。

f:id:wave0131:20190111191814j:plain

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。仏縁によるご加護を頂いた皆様におかれましては、ご健勝にて新年をお迎えの事とお喜び申し上げます。

昨年は、大勢の方のご参拝、ご遠方の方々のお便り等を頂戴し、益々功徳流動の風が吹いたものと思います。

さて、本年より平成三十三年『弥勒菩薩 御遷山三百年』のお待ち受け諸事を始めます。

ご縁を結ばれた皆様には、更なる功徳の光風が吹き包まれることを願っております。

 平成三十一年 正月

                         蓮華寺 住職 拝

【新春御朱印各種】

お申込方法は、rengeji-akadoukannnon.com お申込→備考欄に

電話・FAXも受付いたします。

短い文章ですが、虎屋の羊羹のようによく練られた内容で文章センスも良さげです。

しかし末尾の部分1ヶ所「てにおは」に違和感が・・・。

「更なる功徳の光風吹き包まれることを・・」は、

「更なる功徳の光風吹き包まれることを・・」とした方が自然かも?

「光風吹き包まれること」と「光風吹きれること」で全く意味が異なるような・・・?

まぁ、つついてしまったけど、重箱の隅はつつかない!

 

▼2枚目。

f:id:wave0131:20190111191851j:plain

その裏面です。

f:id:wave0131:20190111191915j:plain

案内文章が長くタイピングは疲れるので引用は省きますが、御朱印付「星祭(節分)」祈祷の案内です。

願い事・住所氏名欄があることから「FAXでの申込もできますよっ」という事らしい。


ということで、もう2度と訪れることはないと思っていた当寺のHPを、3ヶ月ぶりくらいにもう一度覗いてみた。

 

HP内は、DMの印刷物よりさらにリアルな素晴らしく魅力的なが陳列され、「新商品」も加わり、その内容はさらに充実して「御朱印百貨店」の面目躍如的様相。

 

並べられている御朱印のキラキラ度は、他で数多くあるイラストスタンプを押しただけの限定より数段上を行っていて、高層ビルのように高いセンスだ。

お値段も1体 1000円〜3000円と御朱印にしてはこれも高層ビル並み。

f:id:wave0131:20190114201315j:image

しかしこの御朱印は、純粋無垢な発情期の限定信奉者がこのキラキラ度から、その誘惑を退けるのは難しいほど俗っぽく、煽情的です。

彼らはそに高い壁を乗り越えてしまうかもしれない。

 

そう! 言うまでもなく今回の記事も全てワタシの個人感想です。

 

今回送られてきたDMを開いて即、健康食品などの通販によくある「お試し価格」もしくは「初回無料」を思い出しました。

そういうものを求めてみると、即、通常価格購入案内のDMかTELが追っかけてきます。

ほとんどが「いつでも解約OK」という「定期購入」の案内です。

 

この寺も「御朱印付き定期祈祷」「御朱印付き月替り祈祷」と称して、「いつでも解約できます」と毎月、または行事ごとに御朱印を送りつければ、さらに多くの衆生を光風に導けるかも・・・?

 

一旦、喰いついた人は有力な「見込み客」です。

その見込み客には様々な特典(らしきモノ)を盛り込んで購買意欲を刺激します。

愚かなワタシは見事に釣り上げられます!

 

いやいや、ヒニク屋、へそ曲がりを釣り上げるにはそうカンタンではありません。

 

度々、記事のなかで述べているように御朱印ブームに、人々・寺社は、それぞれ どのような考え、思い、方法で対峙するかは自由なのです。

限定乱発、月替り継続も自由です。

諸行無常の流動的な御朱印」でイイのです。

また、そこに批判的であるような意見も自由です。

日本はイイ国です、シアワセです。

同じアジアで、こんな好き勝手な記事をUPしたら逮捕されかねません。

 

最後に、

蓮華寺様におかれましては、限定御朱印信奉者様がさらなる光風を得られますよう、より多くの人々に祈祷を授けられます事、願っております。

 

横浜港北七福神 金蔵寺の御朱印❶ 〜時にはそんな時もあるさ

▼清林山 佛乗院 金蔵寺天台宗神奈川県横浜市港北区日吉本町

 横浜港北七福神「寿老神」の御朱印です。f:id:wave0131:20190110203433j:plain

▼同じく、本尊「不動明王」の御朱印f:id:wave0131:20190110203434j:plain

▼同、2012年の「関東三十六不動」差替え用の御朱印f:id:wave0131:20190110203435j:plain

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2019年の元日は午後も遅い時間から5寺社ほどの初詣で終わりました。

2日、3日は「飲み放題!」が続いた。

2日は自宅で年始客を迎えての飲み放題!

3日は親戚宅で年始客になって飲み放題!

4日は飲み疲れて昼頃起床のテイタラク

 

その4日の午後からアルコール漬けの身体を消毒すべく「横浜港北七福神」巡りです。

f:id:wave0131:20190111121222j:plain

結果、今年の正月はすべて出遅れの午後からの御朱印巡り。

いかに車利用とは言え、午後1時過ぎからの7つの寺は「コンチワ サヨナラ」的訪問時間になる。

 

横浜港北七福神に限らず、7つの寺社を1日で巡ろうとすると、3歩歩いたら忘れてしまうような者にとって、その寺社名はほとんど記憶に残らないものになる。

もっとも、これまで何百という寺社をめぐり、千体以上の御朱印をいただいていると、訪れた寺社の景観も、御朱印の体裁もよほど記憶に残る何かがないと脳裏には蘇らない。

 

▼複数の札所となっている名刹金蔵寺」を初に訪れたのは、御朱印収集を始めてまだ間もない頃。f:id:wave0131:20190110203436j:plain何を始めるにも当初の頃は、新鮮さが五感に訴えるから記憶も比較的鮮明。f:id:wave0131:20190110203437j:plain平安時代創建の金蔵寺は「関東三十六不動」で訪問し、その時車をとめた寺の脇道と、f:id:wave0131:20190110203438j:plain

▼この派手な手水舎「水天堂」が記憶に鮮明。f:id:wave0131:20190110203445j:plain▼極彩色と複雑精緻な彫り物は誰の目も惹きつけ、焼き付ける。5歩歩いても忘れない。f:id:wave0131:20190110203439j:plainここを訪れる人は寺の名称は忘れても、この強力インパクトな手水舎は覚えてるはず。f:id:wave0131:20190110203444j:plain

▼錫杖と宝珠を抱えた地蔵。雨風にさらされている姿は、衆生救済する地蔵の本来の姿っぽい。f:id:wave0131:20190110203448j:plain▼こちらは覆いの中、地蔵堂六地蔵f:id:wave0131:20190110203446j:plain

 

▼梵鐘は家康・秀忠父子の寄進とか。

それにしても徳川将軍たちの寄進・建立などは、神社仏閣にどれだけの金を注いできたのだろう。

他の時代でも祈願所・寄進・建立はそれぞれ見られるが、徳川政権は長かっただけに東照宮を代表するような巨大で数も多く、潤沢な財力が惜しげも無く使われている姿が全国各地で見られる。

全ては農民・商人らの税金によって賄われていたはずだから、将軍たちは痛くもかゆくもない。f:id:wave0131:20190110203449j:plain寺社は物質的な生産活動はほぼしないから、寺や神社の建物は氏子や檀家、その宗教を信じる庶民によって建てられたと言ってよい。

 

昔の方々は現代の我々に拝観料500円などという寺を始め、興味深い神社仏閣をよくも、まぁたくさん残してくれたものである。

そのおかげで朱印収集だけでなく、建造物や仏像にもお目にかかれ、またそこに目覚めさせられる集印者もいることになるから、将軍たちにも「南無阿弥陀仏」である。f:id:wave0131:20190110203447j:plain

ところで、この日はカメラを持ってきたものの、マヌケにもSDカードが入っていなかった。仕方なくすべて iphone で撮影。

設定が悪いのか、どの写真もコントラストが強くなって夕方のような撮影結果になる。

仏教の建物であることを示す観音堂の「五色幕」も、陰の部分は暗色になってしう。f:id:wave0131:20190110203440j:plain

 

百日紅サルスベリ)は幹枝のツルツルした見ばえから猿滑と表記することもあるとか。しかし、この木で猿は滑らない。カンタンに登ってしまう。

中国から伝わった木でしょうが、何故か、とにかく寺に多く見かける。f:id:wave0131:20190110203443j:plain境内はなんとなくイマイチ整備が足らないような、雑然とした感じを抱かせる箇所もある。f:id:wave0131:20190110203441j:plain

▼本堂前にあるこの灯篭も極彩色とレリーフが数年前の記憶に刻まれている。f:id:wave0131:20190110203442j:plainさて御朱印は本堂内に上がっていただきます。

空席だった受付テーブルに住職らしき方が戻ってきました。

お願いします、できれば本尊も一緒にいただければ・・・

『・・・・・』

無言なので

お忙しいでしょうか?

『・・・・・』

(何か失礼な言動をしてしまったかしら?)

ワタシの朱印帳のページをめくって、やっと

どこを、何を廻ってらしゃるんですか?

(この時期だから大概七福神では?)

今から七福神を巡ろうと思っているんですが・・・

『・・・・・』

以前、関東三十六不動でこちらにお邪魔しました

『・・・・・』

(マイッタわねぇ!)

仕方ない、何を言ってもダメかもしれない?! このあと数分間ワタシも無言。

揮毫いただき、朱印帳を返してもらった。

ありがとうございました

『ハイ』

いやはや! でも、こんな状況は慣れっ子! これまで、けんもほろろだって経験済み。

 

🎶 負けないで もう少し 最後まで・・・(ソートー古い)

 

誰だって不機嫌な時やタイミングがあるし、こちらのせいだったかもしれない。

それだけで人を見分けるわけにはいかない。

 

それにしても勢い込んだ七福神巡りの出だしも、ちょっとブレーキがかかったわねぇ!

でも、さらに記憶に残る寺ってこと!

 

 

wave2017.hatenablog.com

 

江東区 深川不動の新春限定御朱印 〜夕方6時過ぎ、まだまだ御朱印を求める人たちが・・・

成田山 東京別院 深川不動堂(東京都江東区富岡)の御朱印です。f:id:wave0131:20190109110517j:plain

狙ったわけではないけど、結果的に新春限定御朱印をいただくことに。

と言っても、悪趣味なキラキラ御朱印でなく、通常御朱印の左上に金色の不動像がスタンプされているだけのようです。慎み深い「限定」で深川不動らしい。

 

▼同じく2013年に、下の御朱印帳を求めた時にいただいた御朱印

f:id:wave0131:20190109110516j:plain

深川不動御朱印帳。f:id:wave0131:20190109110513j:plain

現在の御朱印帳は、深川不動本堂の壁面を埋め尽くしている不動明王真言梵字をがデザインされたものもあり、サイズ違いも含めて数種類あるようです。

 

▼2012年にいただいた関東三十六不動の差し替え用御朱印

f:id:wave0131:20190109110515j:plain

▼同じく2012年に初めていただいた御朱印f:id:wave0131:20190109110514j:plain

基本的に今年ただいた御朱印と何も変わっていません。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2019年元旦の午後から巡ってきた〝ジミ〟な4寺社からの帰り道は、永代通り門前仲町を通ります。

永代通り沿いの歩道は屋台がビッシリ並んでいます。

午後6時を過ぎで辺りはすっかり暗くなっていますが、その歩道をまだまだ大勢の人々が埋め尽くしていました。

 

元旦とは思えない人出の少ない4寺社を巡ってきた帰りなので、つい人ゴミが恋しくなり、車を駐めて深川不動参道の「ご利益通り」に入ってみます。

 

▼まだまだこれから参拝に向かう人たちで賑わっています。f:id:wave0131:20190109110520j:plainやはり初詣の満足感を得るには、この賑わいが必須条件かもしれません。f:id:wave0131:20190109110521j:plain

▼参道途中にある「永代寺」にも寄ります。f:id:wave0131:20190109110532j:plainここは地蔵像そのものは現存しませんが「江戸六地蔵」の6番目の寺です。

掲載はしませんが「歓喜天」と「江戸六地蔵」の2種類の御朱印がいただけます。f:id:wave0131:20190109115451j:plain永代寺をお参りして、ご利益通りを進みます。f:id:wave0131:20190109110531j:plain

深川不動本堂手前から、このとおり並ばなければ境内には入れません。f:id:wave0131:20190109110522j:plain東側の入り口に回り込んで、出世稲荷社の脇から境内に入ります。f:id:wave0131:20190109110523j:plain参拝の列は旧本堂前にある浄財箱までできていますが、その横から靴を脱いで旧本堂に上がります。本堂に上がる人は少ないので列はありません。

お願い不動像」の真ん前でお参りします。

特に「願い」はしないので感謝だけ・・・。

特にこの拙いブログを訪問いただける皆さまに感謝です!f:id:wave0131:20190109121825j:plain
▼デオ地下じゃあるまいし「おみくじ最後尾」の案内板は初めて目にしました。f:id:wave0131:20190109110524j:plainその内容は半分も信じないでしょうけど「おみくじ」は皆んな好きなのだ。

寺社に来たら欠かせないイベントで、賽銭がわりにもなっているかもしれない。100円という手軽さも人を惹きつける要因でもあるかな?

 

さて、おみくじの横で、こんな時間なのにまだ御朱印の受付をしていました。

この寺は4体目になりますが、せっかくだからいただいく事にします。

▼そこにこんな案内がありました。f:id:wave0131:20190109110518j:plain「おいおい、おまえもかよっ!?」いつから始めたの?

まさか深川不動が「限定」を授与するとは予想していませんでした。

深川不動ともあろう寺が「限定」授与で集印者を集めようとは考えてはいないはず。

もっとも縁日限定と言っても、きっと冒頭に掲げた新春限定御朱印同様、通常御朱印になんらかのスタンプを加えたものだけかもしれない。確かめていないけど・・・。

深川不動の「限定」授与は、ブームに対しての寺側のサービス精神と理解しましょうかねっ!

 

御朱印をお願いすると番号札を渡されました。15分ほど時間が必要とのことでしたので、お隣の富岡八幡宮に寄ってみます。f:id:wave0131:20190109110529j:plain事件直後の昨年の正月は参拝の列がありませんでした。混雑整理の警備員も手持ち無沙汰の様子でしたが、今年は列ができていました。

それでも事件前の列とは幅が違います。2、3人の列となっていますが、事件前は横幅いっぱいに列ができ、横断もできないほどで、境内の地面は見えませんでした。f:id:wave0131:20190109110528j:plainきっと1年、1年ごとに、その幅は元のものに戻っていくことでしょう。

人は辛くて悲しい出来事をいつまでも覚えているのは苦しいのです。都合の悪いことなどは、さっさと忘れた方が健康に良いのだ。

人は忘却とともに先に進まなければ生きていけない?

 

普段なら列を無視して賽銭箱の横から手を打つワタシですが、元旦のこの日は、いかにもその雰囲気ではなく躊躇われました。パス!

 

いつでも来れる本殿の参拝は別の日にして、境内社を参拝します。

富岡八幡は本殿の左右に境内社が数多くあります。

本殿の東側の境内社に寄ります。弁天池のあるここは雰囲気が良いので度々寄ります。

今回は時間が遅く暗いのでその雰囲気は味わえません。と言うより不気味なくらいに薄暗く静かです。

▼七渡神社・粟島神社f:id:wave0131:20190109110525j:plain普段からこの境内社にお参りする人はほとんど見当たりません。

▼永昌五社稲荷神社。f:id:wave0131:20190109110526j:plain

f:id:wave0131:20190109110527j:plainさて、これで2019年の元日の参拝はすべて終わりました。

どこも行き当たりばったり的な参拝でしたが、人出の少ない〝ジミ〟な寺社から賑やかな寺社まで、5寺社を巡ったことになり、それぞれ御朱印もいただけ心は大満足!

帰宅して、いつもよりおいしいビールがいただけそうです。

筑土八幡神社と築土神社の御朱印 〜二社は戦前までは仲良く隣り合わせて並んでいた!

筑土八幡神社(東京都新宿区)の御朱印です。f:id:wave0131:20190108164418j:plain

「お気持ちを賽銭で・・」という意味の言葉と一緒に書置きをいただきました。

この神社は初の参拝。都内にはまだまだ訪れていない寺社がたくさんあります。

 

築土神社)の御朱印です。

f:id:wave0131:20190108164417j:plain

こちらも書置きで印刷・スタンプ・墨書きの組み合わせになっています。300円。

 

御朱印ブームで書置きが多くなった中、正月は当たり前にどの寺社も書き置きが多くなります。

この二社も正月以外は直書きしていただけるのか不明。まぁタイミングってこともあるでしょう。

 

▼同、2012年にいただいた御朱印。シンプルだがしっかりとした直書きでした。

f:id:wave0131:20190108165136j:plain

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

上記の御朱印2種の神社は、どちらも同じ読みで「つくど」。

 

▼「江戸名所図会」では二社が仲良く並んでいる。戦前まではこんな様子だったようです。

f:id:wave0131:20190108164419j:plain

上の図に2つ並んだ社の左が「八幡宮」で現在の筑土八幡神社。その右が「築土明神」で現在の築土神社

二社とも戦災で被害を被り、それぞれが再建された時、築土神社千代田区富士見へ、さらに九段北へ遷座されたそうです。

戦争は人々も寺社群も、別れ別れにさせる魔力を持っているようです。

 

それにしても「江戸名所図会」というのは半ば俯瞰された絵で、あたかも名所らしく誇張された部分も多いが、当時の人たちが見たら「ぜひ一度行って見たい」気にさせるように描かれていてオモシロイ!

 

筑土八幡神社こちらは創建当時からこの地に鎮座。

f:id:wave0131:20190108164428j:plain平安時代創建と伝わる神社名の「筑土」は、筑紫にある八幡信仰の総本社「宇佐神宮」の土を取り寄せて築かれた事に由来するそうです。

慈覚大師(円仁)が東国へ来た際に祠を立て、伝教大師最澄)作と言われた阿弥陀如来像を安置したと伝わっています。

f:id:wave0131:20190108164430j:plain

▼「田村虎蔵先生顕彰碑」の案内。田村虎蔵? 知らない名だわねぇ! 後で確認!f:id:wave0131:20190108164429j:plain

▼参道階段途中の鳥居の年齢は約300歳。江戸名所図会に描かれたそのまま。f:id:wave0131:20190108164427j:plain

f:id:wave0131:20190108164426j:plain

f:id:wave0131:20190108164425j:plain

境内社宮比神社と御神木。

f:id:wave0131:20190108164422j:plain

▼御神木の根本にある百度石と庚申塔f:id:wave0131:20190108182540j:plain

▼拝殿です。朱色と屋根の緑がこの神社で唯一際立つカラー。
f:id:wave0131:20190108164424j:plain元旦とはいえ午後も遅い時間の境内に多くの初詣者は見当たりません。f:id:wave0131:20190108164421j:plainこの地域の人々やこの地域への訪問者はみな有名な、オシャレな「赤城神社」に初詣に行ってしまい、この筑土八幡神社への参拝は地元の氏子さんがほとんどかもしれない。

 

歴史はこちらの神社の方が古いのだが、参拝者の数、境内の佇まいは赤城神社と比較になりません。

大して変わらない地域にあって、どこでどう間違う?と赤城神社のように大人気になるのでしょう? 神社の運命なのか、その盛衰は時とともに変化するから二社の未来はまだまだ分からないわねっ。

 

▼境内にありました「田村虎蔵先生をたたえる碑」。f:id:wave0131:20190108164420j:plain田村虎蔵というのは、童謡 🎶 まさかり かついだ きんたろうは・・・の「金太郎」の作曲者らしい。

他にも 🎶 むかしむかし うらしまは たすけたかめに・・・の「うらしまたろう」など、私たちの誰もが知っている数々の曲を作った明治生まれの音楽の大先生だったのだ。

なぜこの神社に顕彰碑があるのかというと、鳥取生まれの大先生は38年間、この神社のすぐ裏に住んでいられたそうだからなのです。

 

なるほどねぇ〜! 田村虎蔵先生、そのお名前を覚えさせていただきました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

つくどと言う同じ名前の神社を思い出し「築土神社」に寄ってみます。

 

▼近くの靖国神社の大鳥居前は、さすが多くの参拝者で賑わってます。f:id:wave0131:20190108164440j:plain

▼九段・中坂の途中に鎮座する「築土神社」はビルの下が参道です。f:id:wave0131:20190108164431j:plain

f:id:wave0131:20190108164432j:plain

▼近寄って夕方撮影の阿形の狛犬は青ざめてしまった。f:id:wave0131:20190108164438j:plain

▼吽形は木陰に隠れてしまっている。f:id:wave0131:20190108164439j:plain元旦だが、こちらの神社も地元の氏子さんたちか、特別な思い入れがある方でないと初詣には来ないはず。ほとんどの人は靖国神社に向かうはずです。f:id:wave0131:20190108164433j:plain特別な思いがある神社ではないが、ワタシはモノズキだから、ヒマだから、筑土八幡神社とおなじ名の「つくど」だから参拝に来ました。2度目の訪問です。f:id:wave0131:20190108164434j:plain本殿は周囲のビルに押しつぶされそうなイメージで、なぜか気持ちが落ち着きません。f:id:wave0131:20190108164435j:plainf:id:wave0131:20190108164437j:plain

境内社の「出世稲荷」も、社務所も、どこもかしこも狭苦しく、息苦しい感じがします。神社のせいではなく、やはり周囲のビルのせいです。それも夕方だから。f:id:wave0131:20190108164436j:plain

さて2019年の初詣は、牛込の「瑞光寺」「経王寺」に始まり、飯田橋筑土八幡神社」、九段「築土神社」と巡ってきましたが、そろそろ帰路につきます。

 

それにしても初詣にしてはジミな寺社を巡ったものです。周囲の者に寺社名を聞かせても誰も知っていません。

大勢の人出で混雑の中を並んで参拝しなければ、初詣の充実感を抱けない人が多いでしょう。

 

でも、そんな有名神社はいつでも行けるし、元日だからこその姿を見てみたい小さな寺社に興味がある昨今のワタシでした。























 

 

新宿区 経王寺の御朱印・御首題 〜アプリ「合掌の証」?〜

▼大乗山 経王寺(日蓮宗・東京都新宿区原町)の御朱印です。f:id:wave0131:20190105055756j:image

新宿山之手七福神大黒天を祀ります。

▼同じく2014年にいただいた御朱印

f:id:wave0131:20190105060025j:image

19年と14年では筆をとってる方が異なると思いますが、筆跡のダイナミックさは忠実に引き継いでいます。

 

▼同じく2015年にいただいた御首題。f:id:wave0131:20190105060343j:image御首題にも「開運火伏大黒天」の文字が加わっています。

御朱印、御首題どちらも年間を通していただけると思います。

また、花まつりや節分には限定御朱印が授与されるようです。わたしが気にする事ではないですが・・・。

——————————————————

 

大江戸線牛込柳町駅」がある大久保通り沿いには寺が点在しています。

「横寺町」や「薬王寺町」と言う町名が残っているから、その昔は寺町だったのでしょう。

それも何故か日蓮宗の寺が目立つ。

しかし、普段は御首題、御朱印をいただくのに勇気のいる、静まり返った寺がほとんどですが、前々回記事の瑞光寺のように最近は少し変化してきている。

そんな中でも、この寺は早くからネットでもダイナミックな御朱印が目に入り、寺そのものもオープンなイメージを抱かせています。

f:id:wave0131:20190105065052j:image

1つには新宿山之手七福神の1寺である事。
f:id:wave0131:20190105065041j:imageもう1つは大久保通りに面している事がそのイメージを持たせるのでしょう。

いつも幟が掲げられ、訪問者を導いている事も親近感を与えている要因かもしれません。
f:id:wave0131:20190105065034j:imageこの地域は平坦な地が直ぐ坂になるような起伏が続いています。
f:id:wave0131:20190105065048j:imageそんな地にある寺だから階段を上がっても猫の額のような境内しかありません。
f:id:wave0131:20190105065037j:image

でも、寺の前を車で通る時はいつも誰かかれかの出入りを目にします。
f:id:wave0131:20190105065030j:image境内に収まりきれず、階段下の歩道まで訪問者が並んでいるのも目にした事があります。

おそらく限定御朱印の授与日か何かだったのでしょう。

 

御朱印は本堂の右手にある大黒堂でいただきます。f:id:wave0131:20190105065044j:image

堂内は撮影禁止。

元旦の午後でしたが全く待ち時間無し。どこへ行ってしまった七福神巡り者?
f:id:wave0131:20190105065055j:image御首題、御朱印をお願いしている間、堂内受付にシックなデザインのオリジナルの集印帳を見つけました。

失敗した!

経王寺の前に訪れた瑞光寺で、好みでもないピンクの御首題帳を購入してしまっていた。

値段も1500円と瑞光寺に比べて安い。

 

表紙の体裁や本紙の紙質にも左右されるだろうが、だいたい集印帳が2000円は高く感じる。

同じようなものでも1000円、1200円と低い価格にしている寺社もあります。

 

初めて朱印帳を扱う寺社は、当初の売れ具合?の予想がつきにくく、製作部数は少なめになる事が多いでしょう。

そうすると1冊の製作単価は高くなるから、当然、販売価格も高くなり、やむを得ない事でもありますが。

 

正月から朱印帳値段の記事で、なんとも下世話ですが、性格上ついお金の話になると長くなります。

年は改まっても、この性格は改まらないようです。

 

ところで経王寺大黒天堂の受付には、大黒天ではなく弁財天のような可愛い女性に対応していただいた。f:id:wave0131:20190105120433j:image

いつも賑やかそうなこの寺の専属なのか、あるいは七福神の期間中だけのバイトかもしれません。

それにしても前々回記事の瑞光寺もそうだが、御朱印、御首題をはじめ日蓮宗の寺の動きが目立つように感じるのはわたしだけ?

 

新たに御朱印、御首題を授与し始めた寺、限定を授与し始めた寺、顔出しパネルを設置しだした寺、少し前だが「萌え寺」で有名になった寺などなど。

 

▼そして極め付けはこれ

f:id:wave0131:20190105231134j:image日蓮宗公式スマホアプリ「合掌の証」なんて言うものがリリースされている。

寺の検索に始まり、寺のチェックイン、マイル(参る)ポイントが貯まるなど、日蓮宗寺院と連動、寺院訪問により「様ざまな楽しみが増えるアプリ」だそうです。

f:id:wave0131:20190105231147j:image

もちろん御朱印ブームあってのアプリで、スマホ対象だから若い年代層を意識している。

 

最初に神社ブームが徐々に膨れ上がった。そこに御朱印が絡んで、さらに神社は人が集まるようになった。

寺院も御朱印ブームで確かに若い子たちが立ち寄るようになった。しかし、御朱印を一度貰ったら、それっきり。2度3度同じ寺を訪れる事は少ない。

勢い限定連発、月替り連発と言う寺も出て来る。f:id:wave0131:20190105231155j:image

しかし、寺院ブームにはなってない。

おばぁちゃん、オジィちゃんは黙っていても寺に来てくれるが、何とか常に若い世代の脚を寺に向かわせたい。

そんな背景もあって生まれたアプリでしょう。

 

有名寺院の個別アプリや、御朱印関連アプリは多く目にするが、宗派公式アプリは、このアプリの他に知りません。

ワタシのイメージの日蓮宗は、やはり、どこかブッとんでいるのです! 何かをやらかすイメージの強い日蓮宗

 

このアプリによって寺を訪れる若者がブーム的に多くなるとは思えませんが、少なくとも姿勢や方向性は見えてきます。

日蓮宗中央のこの姿勢が末端の寺院にまで徹底周知されなければ、アプリの結果は期待通りにいかないかもしれない。

 

座禅や写経、コンサート、宿坊体験など寺の活動はドンドン新しいモノを取り入れ始めていますが、アプリや日蓮宗に限らず、寺がもっともっと神社に劣らず若い世代の集う場所になるには、他の強烈な起爆剤が必要かもしれません。

 

 

 

wave2017.hatenablog.com

 

 

 

 

きっとお年玉なのだ、この棒グラフは。

f:id:wave0131:20190105001012j:image前々回、昨年最後の31日の記事で、ブログ21ヶ月目、PV数が150,000になった記事を書いた。

 

それきり正月三が日は放っておいた。記事UP無し。

 

その空白の3日間でいきなりと言うか、初めてPVが1日1000を越した

それも4日連続1000以上だ。

どういうことですか?

これまでの21ヶ月間、700台が最高値。

確かに徐々にではあるが、数値は上がってきていた。

しかし、最近の平均的数値は300から500をウロウロしており、もうここら辺りが限界だろう、と記事にしたばっかだったのに、完全に裏切られた。

もちろん嬉しい「裏切られ」方

しかし、何故いきなり2、3倍になったのだろう。

31日の記事は恥ずかしながら行儀よく、丁寧な言葉で皆さんに本ブログ訪問のお礼を述べただけで、面白くも可笑しくもない記事だった。

 

ひとつ考えられるのは記事の最後に、東京各地の七福神御朱印をズラズラ並べた過去記事をバタバタ貼っておいた事。

 

しかし、それさえ31日の深夜にUPしたのでは、タイミング的に皆さんの七福神巡り計画の参考にもならない。

 

そんな事は理解していたが、寂しい記事内容に「枯れ木も山の賑わい」とばかりに苦し紛れの過去記事掲載だった。

 

だって、2017年は12月一杯から1月にかけて、七福神記事を19回掲載した。

いくらかでも皆さんの参考になればと、珍しく殊勝な気持ちで必死こいて記事にしていたのだ。

ところが当時のPV数は、日に100も無かった。くじけそうになるくらい悲惨な数値だったのだ。

当時はブログスタートから9ヶ月目だったからムリもない数字だったのだが。

 

そんなだったから今回の過去記事掲載には全く意図はなく、まさに「埋めグサ」だった。だいたい、掲載内容のデータが古い。御朱印そのものに大きな変化はないにしても。

 

それが年が明けたら冒頭のような結果になっている。

予測不能なことばかりだ。

 

こんな結果になるならば、過去記事にもう少し丁寧な説明と、写真も追加して整えておくべきだった。

 

期待して訪問いただいた方々にはガッカリさせただけだったかもしれない。

 

でも、この4日間、訪問いただいた皆さん、本当にありがとう!

この程度で驚いている愚か者ですが、私にとってはサイコーのお年玉になりました。

 

それとも、これは勘違いで「はてブ」からのお年玉かしら?

 

いずれにしても、またPV400前後に落ち着くことでしょうから、嬉しい初夢を見させていただいたことにしておきましょう!

 

今後も正確なは予測不能なPV数です。

 

現在ほど言葉を並べなかった過去記事を再度貼っておきます。

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

 

 

 

新宿区 瑞光寺の御首題 〜予測不能な新しい年、2019。

▼蓮紹山 瑞光寺(日蓮宗・東京都新宿区原町)の御首題です。f:id:wave0131:20190102080945j:image

▼同じく、下の写真の御首題帳に貼っていただいた書置きの御首題。
f:id:wave0131:20190102080948j:image正月限定の首題のようです。

▼同寺のオリジナル御首題帳。f:id:wave0131:20190102081012j:image

御首題帳は2000円。御首題2体ともで3000円を納めさせていただきました。

 

御首題帳のカラーは私には似合わないピンク。しかし3冊目の御首題帳が丁度満パイになってしまっていたので購入。何しろ都内で御首題帳を手に入れるのは、そんなに易しいことではないので。

応対してくれた男子によると、全4色あったそうですが、現在はこのピンクしか残ってないとか。

という事は全て売切れ?間近??

好評で求める人が多かったのかしら?

 

------------------------------------------------------

 

みなさん、あけましておめでとうございます。

拙いブログなれど、今年も懲りずに訪問いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

と言っても今日はもう正月も4日。

それに何やら仕事用の年賀状のような挨拶になってしまって、我ながらキショク悪いわ。

 

心の奥では「何が目出度い正月?」と太文字表記して、憎まれ口を叩きたい気持ちがウズウズしているのだが、何と言っても1年の始まりの正月くらい、普通に素直な人間、良い子ぶっておきます。

 

ここ数年間は正月に旅行する事はありません。

ボンビーには各地の正月のホテル宿泊費設定は「好み」に合わないのです。

今年も、そして少なくともオリンピックが終わるまでハイシーズンのホテル予約は取りづらく、高い価格設定が予想されます。f:id:wave0131:20190102120651j:image

何しろ2018年は3千万人だった外国人観光客を、2020年までに4千万人までに延ばそうという国の方策。あと1000万人上積みです。

さらに今年は消費税も10%になります。どうなっちゃうんでしょう? 予測不能

いずれにせよ仕事を持っている人は、普通、^_^連休は取りづらく、早くから予約しなければならなく、わたし達の御朱印収集の旅もラクではなくなるわね。

 

ところで、このブログを始めて22ヶ月目に入ったものの、相変わらず話がどこへ進むか自分でも予測できない揺れ方です。

 

正月はどこも出かけない話だった。いや正確には「出かけられない」。

で、ここ5年ばかりは毎年1、2回、東京近郊の七福神巡りをしてきた。

しかし今年は年が明けても、どこの七福神を巡ろうか、まだ決めていない。

 

31日は「朝生」をウツラウツラしながら明け方まで観ていた。だから元旦の起床は昼前後。毎年の事です。

 

雑煮をいただいて、午後2時近くになってアテも無く出かける。

運転途中で御首題帳が残り1ページだった事を思い浮かべ、牛込のこの寺に向かってみる。確かオリジナルの御首題帳を扱っていたはず。

▼総門のポスター。寺でこのような案内は少ない。

f:id:wave0131:20190102081325j:image

▼しかも「限定」の案内もある。
f:id:wave0131:20190102081300j:image結局、いただいてきた事になった「限定」は、どちらでも良かったのだが・・・。まぁこれも正月の縁起物のつもりでいただいた。
f:id:wave0131:20190102081329j:imageこの寺も御朱印、御首題をアピールするようになったのはここ2年ほど。

こんなふうに新たに外に向けて御朱印を知らせる寺院が、まだまだ引っ切り無しに現れてきている。

 

▼顔出しパネルも新しそうだ。
f:id:wave0131:20190102081308j:image
f:id:wave0131:20190102081312j:image
▼見事な松が本堂を隠している。f:id:wave0131:20190102081305j:image 

▼妙福稲荷尊天。これも新品で、境内は工事中、造成中なのか少し雑然としている。
f:id:wave0131:20190102081319j:image予想外に参拝者が見当たらない。

▼本堂に上がって、日蓮宗でもないのに「南無妙法蓮華経」と3回唱えて・・・
f:id:wave0131:20190102081322j:image
日蓮さんに新年のごあいさつ!

珍しくと言うか、結果この静かな寺が今年元旦の初詣の最初の場になったわけだ。f:id:wave0131:20190102081315j:image

▼本堂左手のこちらにお邪魔すると、受付テーブルに6人の男子、女子が横1列になって待ち構えていて「こんにちは!」と挨拶される。f:id:wave0131:20190102122953j:image「おめでとうございます」と返したものの、予想外の対応に完璧に気圧される。

他にも寺の関係者が2、3人立話をされていたが、御首題を求めての参拝者は他に見当たらない。

テーブルの上には3種類ほどの御首題、御朱印のサンプルと、記事冒頭に掲げた御首題帳が並んでいた。

受付の6人のうち、一人だけ僧侶らしき姿をした男性が御首題直書きを担当かな?と思いきや、これも予想外に若い女性が担当してくれた。

奇跡的なヒゲ文字、御首題をありがとうございました。

f:id:wave0131:20190103134814j:image

さて、足掛け3年目に入ったこのブログも、自分でもどこまで続けられるか全く予測不能

しかし、丸2年となる3月末までは続けられそうだ、いやその区切り迄は続けると自分に言い聞かせている。

 

その後は全く未知数。

PV分析、SEOアドセンスなど、全くチンプンカンプンな部分の知識を得て、ブログに反映させたい気持ちもある。

そんなモチベーション維持には、やはりこのブログ訪問者数で左右される。

 

前回の2018年最後に、PVに関する記事にしましたが、年が明けてそのPV数に大きな変化が現れました。

次回はもう一度 PV 数の記事にしてみます。

 

今年、このBLOGに訪れていただいた皆さん、本当にありがとう!心から感謝です。

昨年3月末日から始めた、このブログの今日、31日現在のアクセス数です。

f:id:wave0131:20181231193119j:image

ジャスト21ヶ月間のこの数値は間違いなく、こんな拙いブログを覗きに来てくれた皆さんのおかげです。

そして、別のあるブログの分析によるとこの数値はようやく「初心者」レベルを脱し、10段階の下から3番目、通称「丁稚ブロガー」に仲間入りだそうです。「丁稚」ですので、当然その上はまだまだあります。

 

f:id:wave0131:20190110111149j:plain

 

手探りで、無料ブログで、SEOの意味も分からず、御朱印と言う狭いカテゴリーの中で始めた者としては十分納得できる、いや満足しなければならない数値なのでしょう。

また、ツイッターやFBとも連携していない中で、数値的にはこの辺りが限界のようにも思います。

 

「⭐️」も「B !」も「コメント」も欲しくない、と孤独な作業を続けてきましたので、読者数は僅か。しかし続けている限り、PVだけは欲しいと言う矛盾した気持ちは抑えがたく、アクセス数は毎日確認してしまいました。

 

これまでの人を突っ放すようなスタンスを改め、よりブログ訪問者と共有できる何かを伝えられるような内容にできたら、と思いますが、いや、もっとわがままでへそ曲がりな内容にしていこうとも思い、心は揺れ続けています。

 

人も、物も、一時たりとも揺れ動かないものはないようです。

諸行無常

1秒、1秒変化する自分の時間、その2度と取り戻せない1秒と、どう対峙するかで未来が左右される場面もあるようです。

揺れ動きながら新しい年もブログが続けられればとも思いますが、不毛な努力はPV数だけが救いの現状で、どこまで続けられるか全く不透明です。

 

さて、新年になると全国各地で多くの七福神めぐりが開催されます。

朱印収集者の多くの方が、1つや2つの七福神巡りをすると思います。

 

東京とその近郊だけで寺社の説明や写真はほとんど突っ込んでいませんが、いただける御朱印だけは確認できますので、少しは役立つかもということで、七福神巡りの過去記事を掲載しておきます。

 

今年も余すところ4時間。

ここを訪れていただいた皆さんに、たくさんの幸がありますよう願っています。

どうぞ佳い新年をお迎えください。

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

wave2017.hatenablog.com

 

岡崎市 一畑薬師の御朱印 〜三河の旅 最後の寺院は・・・〜 2018三河へ⓬

▼一畑山 薬師寺臨済宗妙心寺派・愛知県岡崎市藤川町)本尊の御朱印です。f:id:wave0131:20181220133639j:plain

▼同じく瑠璃光殿でいただいた「涅槃」の御朱印f:id:wave0131:20181220133640j:plain

▼同、不動明王殿でいただいた御朱印f:id:wave0131:20181220133638j:plain

1ヶ所1体だから、3体いただいてきた。各300円。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

三河滞在の3日目、午後も2時を過ぎた。

もう、ひたすら東京への道を走るのみと、いつものように、しばらくは高速を避け下道を行ける所まで走ってみる。高速は帰宅時間の調整や渋滞情報次第で利用する。

 

▼で、岡崎城をあとにして国道1号線を走っているとこの看板が目に入る。f:id:wave0131:20181221173945j:plainそう言えばそんな名前の寺を事前にチェックしていた事を思い出した。是が非でも行きたい寺ではなく、時間があったら程度の訪問候補だった。

まだ陽はかなり高い。1号線をクイッとハンドルを左に切り、グングン山道を登ってみる。

 

▼総門か、楼門か、山門か不明な派手な門が現れる。f:id:wave0131:20181220133702j:plain

▼門は車でサラッと潜って、さらに高みに至る道を登る。f:id:wave0131:20181220133701j:plain

▼後で感じたのだがとても臨済宗の禅寺とは思えない寺だった。島根の醫王山一畑寺が本山とか。f:id:wave0131:20181220133700j:plain

▼標高は200mもないようだが、他に高い山がないから眺望は開けている。

羨ましいような、そうでもないような微妙なカップル。ダメよっ、長く続かなきゃ!f:id:wave0131:20181220133646j:plain

▼広い駐車場は車で溢れていたのに本堂前には人がそんなに多くない。f:id:wave0131:20181220133643j:plainみんなどこへ行っちゃった?f:id:wave0131:20181220133648j:plain

▼とりあえず本堂に参拝、一つ目の朱印もいただく。f:id:wave0131:20181220133647j:plain

f:id:wave0131:20181220133652j:plain

f:id:wave0131:20181220133657j:plain

▼富士山が出来てた。近寄ってよく見ると護摩木が積み上げられていた。f:id:wave0131:20181220133653j:plain

f:id:wave0131:20181220133656j:plain建物はすべて新し目。こんな大きな寺なのに公式HPが見つからない。

岡崎周辺の観光案内の一部にしか現れないから創建も歴史も今のところ不明。f:id:wave0131:20181220133655j:plain私が持っていた禅寺のイメージはどこにも見当たらない。

禅寺の固定概念を変更せねばならないのかしら? 色々あるのだと・・・。f:id:wave0131:20181220133654j:plain寺社巡り、私はどこへ行っても天気に悩まされた経験は少ない。f:id:wave0131:20181220133651j:plain
▼「瑠璃光殿」。堂内は団体さんが祈祷中で入れてもらえず、入り口浄財箱前で参拝。f:id:wave0131:20181220133644j:plain金キラ金の涅槃像があるという事だがこの奥にあるのだろうか?

駆け足での訪問だから金ピカ涅槃像は見損なった。もっとも金ピカはどちらでも良い。f:id:wave0131:20181220133650j:plain

朱印帳を横に使った「涅槃」の墨書きをしてくれているおネェさん。ありがとう!f:id:wave0131:20181220133649j:plain
f:id:wave0131:20181220133641j:plain▼「鐘をついて運がつく」とかは、1撞き100円以上。私の運はツキているから、さらに尽かせる必要はない。f:id:wave0131:20181220133645j:plain

▼「御霊泉」と「不動明王殿」は建物がつながっている。f:id:wave0131:20181220133642j:plain多くの車で来ていた行方不明の人々はこの中にいた。f:id:wave0131:20181220133658j:plain

写真はないが広い建物内は人で溢れかえっていた。祈祷受付、お守りや数珠、土産物、その他多くの物を “商う” 高速の SA 顔負けのスペースが広がっていた。f:id:wave0131:20181220133659j:plainさらに驚くことに接客態度の教育が良いのか、係りの人というか、ほとんど店員さんらしき人が多く「〇〇・・・ありがとうございます!」と掛け声を合唱している。◯◯は聞き取れず、意味不明。

まるで安手の居酒屋に入ったような心持ちにされる。ここは禅寺?

 

他にも「御霊泉」とあったのは、ここで温泉が出たようで、安い祈祷料の最低1500円で、その温泉に入れるようだ。

温泉だけの利用は不可のようだが、それでも祈祷料1500円で温泉に入れるならば、天然温泉湯処やスーパー銭湯と変わらなく、しばし祈祷のあいだ俯いている時間は代償としては安い。

人々は1500円で祈祷が叶い、温泉にも入れるのだから駐車場はイッパイ、本堂前はスイているわけだ。

サービス精神旺盛な禅寺というか、まるで商業施設だ。いや間違いなく“商い”、人々もここにやってくることに、温泉にやってくることに“飽きない”。

 

お経のように毎度言うけど、寺社に多くの人々が集まり、地域のコミュニティとしての役割を果たすのはイイことなのだろう。百の寺に100のスタイル、百の神社に100のスタイルがあれば良いのだ。そして参拝者はそれを選べる。

 

新年の初詣、人が亡くなった時の葬儀以上に、科学が優先される前のその昔は人々と寺社の繋がりはもっともっと深かったはず。

もう、その昔の人々のその心は取り戻せないかも知れないけど、新たな形で寺社と人々の繋がりが深くなっていくかも知れない。

 

近頃、そんな寺社の未来に向けての様々なスタイル、方向性が明確になってきたように感じる。

 

この寺には悪いけど、そして幸いな事に私はここを再訪すべき寺として選ばないで済むほど、寺のスタイルは他に多様だ。

 

三河3日間の最終日は、短時間のうちに様々な寺社を巡って心イッパイになった。

いよいよ車を東京へ走らせるが、ホテルの朝食以来の胃袋はペコペコ。

 

▼お気に入りの道の駅「潮見坂」に寄る。f:id:wave0131:20181220133705j:plain下のご飯が見えないほどの「しらす丼」。f:id:wave0131:20181220153217j:plain水平線を眺めながら頬張ると800円の価値が倍増する。いや何倍にもなる!f:id:wave0131:20181220133704j:plainここでは高価な食べ物は、何もいらないシアワセがありますよ!

 

東名高速情報、神奈川、都夫良野トンネル付近で追越車線13台の玉突き事故!

事故現場手前から3kmを通過するのに140分かかるとか。

f:id:wave0131:20181220133706j:plain連休では付きものの高速事故。まぁ、あきらめて今日中に帰宅できればいいわね!
とりあえず沼津、裾野あたりまで高速に乗り換えましょうかねぇ!

皆さんも年末年始のドライブに事故はダメよっ!