御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログ、ここはかなりテキトー! 無責任 ! あしからず。

土用の丑って、なんなんだ? さんまの蒲焼きでガマン!:御朱印:見付天神・遠江国一之宮

土用の丑」をキチンと説明出来る人は少ない。

説明出来る奴に解説させると、メンドクサイ、もういいよ! タイクツだ。

単純に「うなぎを食べる日」との理解でヨロシッ!

何故うなぎの日なのだ? どうしても、かいつまんだ話が知りたければ「平賀源内 うなぎ」でググりなさい。

 

「うなぎ」というと浜松? なんか前にも記事にしたような覚えがある。

自分の書いた記事の記憶さえ覚束ない。

いや、やはりカキオロシていた。まぁ、いいか。

 

f:id:wave0131:20170724200051j:plain

この写真の消費期限「14.8.13」だ。

今日の丑の日は「17.7.25」だ。

消費期限を約3年過ぎている、今ならだが。

今日食べたわけで無い、購入日、即日召し上がった!

消費期限 関係なし!! 土用の丑、関係無し。

開けるとこうなっていた。

全体的に情け無い。ボリューム感が無い。

f:id:wave0131:20170724201615j:plain

当時、愛知県を目指した。途中、静岡の寺社にも寄る。浜松インター近くのホテルに泊まる。そろそろ夕方も過ぎる、近くにご飯を食べるところが無い。

詳細は忘れたが、たしか浜松駅ビルで弁当を買った。

もともと、浜松のウナギなんて期待していない。同じ養殖でも出回っているのは、現実は今や国産では、鹿児島県産か、愛知県の一色産が多い。

そこを、あえて浜松で買った。うなぎ弁当の選択肢は、うなぎの大きさで数種類あった。金額は忘れた。高いものを買えるわけが無い。1000円をいくら越したかわからないが、2000円までいってない。

しょせん弁当だ。味も知れている、期待しない! 原産地も気にしない。

穴子」か「どぜう」と思えばいい。いや、それじゃ、今や高級なアナゴ、ドジョウに失礼だ。分かった、アジの開き並みと思えば、ガッカリしない。いくら何でもそれ以下はないだろう。

ホテルへ戻ってベッドに腰掛け食べた。

ヤッホー!!!!うまい!

見かけより、相当イケてた。

美味しさと、幸せは、期待しない時にやってくるわ。

5000円の鰻重が美味しいのは当たり前。感激も、感動もしない。人に御馳走になって「タダ」ならチョー感激だ。だが、そんな高価な食事をわしにゴチソーしてくれる人はいない。

 

しかし、鰻はいつからこんなに超高級な食べ物になってしまったのかしら?

単品としては一番高い食べ物のような気がする。

宇奈とと、吉牛、すき家なら1000円でも食べられるかもしれないが、蒲焼きというか、そのカケラががご飯の上に乗っかてる感じだ。

 

鰻どころか、今年も秋刀魚が不漁らしい。おいおい、秋刀魚も高級食に格上げか?

秋刀魚定食1800円なんてそう遠くない話かもしれない。

確か精進料理で「鰻もどき」があった。豆腐と海苔を材料にして、見かけも、味付けも蒲焼きのようにしたものだ。

豆腐なら大豆だが、これは魚類のように高くなるのは考えにくい。

今夜はどこかの禅寺の精進料理を予約する? きっと鰻重より高くつく!ダメだ。

 

土用の丑、ボンビーは何を食べたらイイのだ!!! 

さんまの蒲焼きでガマンするか!!

 

 浜松の御朱印が他に無い。こちらも隣町の磐田市掛川市でガマン!!

f:id:wave0131:20170725140115j:plain

f:id:wave0131:20170725130820j:plain

見付天神 矢奈比賣神社・静岡県磐田市見付

 

f:id:wave0131:20170725140253j:plain

f:id:wave0131:20170725130835j:plain

遠江国一之宮 事任八幡宮静岡県掛川市八坂

筑波山神社、山頂は涼しいか? 地上より5℃低い!:御朱印:筑波山神社・笠間稲荷・常陸國総社宮・常陸国分寺

今でも条件が整うと、東京から富士山を度々見る事ができる。

江戸時代は少し高台なら、当たり前に富士山が見えた。だから東京中のあちらこちらに富士見坂の名が残る。

 

広重の江戸名所百景には富士山が描かれているが、

茨城県筑波山ツインピークスも沢山描かれている。

大きく遮るものが無い場所では筑波山も遠望できたのだ。もちろん空気も現在より澄んでいたに違いない。

今わしらの住む東京都心部からは、筑波山は決して見る事は出来ないだろう。逆に少し距離は遠くなっても、東京郊外からならば見えるかもしれない。

f:id:wave0131:20170721190209j:plain

都心から富士は見えても筑波山は見えない。それぞれの標高が違う、仰角が違うのだ。仰角の低い筑波山見るのに遮るものがなかったのだ、江戸時代は。

 

待てよ、東京からは見えないと言ったが、スカイツリーや東京タワーなどに登れば見えるか!?

仰角を調整だ。冬の晴天ならOKだろうね。

で、900m弱の標高の筑波山は、

山頂は麓より5℃低いそうだ。

体感的には東京と比較したら、もっと低いはずだ。

f:id:wave0131:20170721190211j:plain

神社は山麓にある。坂東25番、大御堂からも徒歩ですぐだ。

ここはまだ暑いから山頂まで登る。車以外ならケーブルカーがある。ロープウェイもあるが神社からは距離がある。

山頂のケーブルカー駅、駐車場から2つのピークを巡る登山道がある。登山と言っても、スニーカーで充分、わずかな時間でピークを巡れる。それぞれのピークに男体山本殿と女体山本殿がある。

 

山頂からは関東平野が一望できる。条件が良ければスカイツリーも確認できる。

さて、麓より4、5℃低い温度、体感温度はどのくらいか? 涼しいか? 皆さん自身の身体でお確かめを!

 

ここまで登らなくても、麓の神社でそれぞれの御朱印はいただけるが、意味ない。例によって、山頂本殿に参拝もせず4、5種類ある御朱印を「全部くれ」と言うコレクターもいるとか。勝手にしなさい。お土産にガマの油でも買って、オデコに塗っていただきたい。

f:id:wave0131:20170721190205j:plain

筑波山神社茨城県つくば市筑波

 

f:id:wave0131:20170721190208j:plain

三大稲荷のひとつ、笠間稲荷へは車なら筑波山からもすぐ。茨城県では初詣数No.1。短いけど仲見世のレトロ感が楽しい。東京中央区の同名別社は、元笠間藩の下屋敷跡にある。

f:id:wave0131:20170721190204j:plain

現在、ここでは大黒天の御朱印もいただけるようだ。境内の聖徳殿にもお参りすれば、2つの御朱印をいただいて結構。

笠間稲荷神社茨城県笠間市笠間

 

f:id:wave0131:20170721190210j:plain

この方面に来たら、趣きのある茅葺の隋神門が迎えてくれる、石岡のこの神社にもご挨拶すべきだね。

f:id:wave0131:20170721190207j:plain

常陸國総社宮・茨城県石岡市総社

 

f:id:wave0131:20170721190733j:plain

同じ石岡の常陸国分寺はスタンプぽんぽんの御朱印。日付もないけど、よろしかったら、ついでにどうぞ。

f:id:wave0131:20170721190206j:plain

浄瑠璃常陸国分寺・真言宗智山派茨城県石岡市

鎌倉巡りの方、暑いけど見事な百日紅が見頃なはず!:御朱印:鎌倉三十三観音❸ 17番 補陀洛寺〜24番 壽福寺

真夏に咲く花はアサガオか、ヒマワリくらいしか思い出せないが、たくましく夏の間、咲きっぱなしのサルスベリは花で覚えるより、樹木で覚えている。

まだ細く、背丈もそれほどない幹でも花を付ける。古木、巨木となると、これが百日紅?と疑ってしまうほどに大きくなっている。

炎天下でも咲き続ける百日紅は、とくに寺に多く育っている。寺社とサルスベリ。そこには理由があるようだが、覚えるのにヤヤコシーから割愛。

鎌倉で有名なサルスベリは、極楽寺本覚寺と言われている。

日蓮宗本覚寺は33観音には含まれていないが、狭い鎌倉、難なく本覚寺にも巡礼中に立ち寄れる。

f:id:wave0131:20170720185131j:plain

この写真は鎌倉ではない、イメージねっ! でも、補陀洛寺に一歩足を踏み入れれば、こんな光景が見られる事は間違いなし。

f:id:wave0131:20170720160230j:plain

17番 南向山  補陀洛寺 ・真言宗大覚寺派・神奈川県鎌倉市材木座

 

蓮乗院と千手院は、光明寺の子院。同じ境内にあるような感じ。

サルスベリはなかったように記憶してるけど、夏に巡ってないからわからない。ここは材木座海岸までは200mもない。潮騒、潮の香りが五感を騒がす。ここまで来ると、どうしてもビーチまで出てみたい誘惑に勝てない。しかし巡礼者は浜辺に木陰があれば、そこから海水浴客を恨めしげに眺めるだけ。ハイ、次!の寺!!

f:id:wave0131:20170721172139j:plain

f:id:wave0131:20170720160226j:plain

18番 天照山 光明寺・浄土宗・神奈川県鎌倉市材木座

 

f:id:wave0131:20170720160231j:plain

19番 天照山 蓮乗院・浄土宗・神奈川県鎌倉市材木座

 

f:id:wave0131:20170720160229j:plain

20番 天照山 千手院・浄土宗・神奈川県鎌倉市材木座

 

f:id:wave0131:20170720160234j:plain

成就院の紫陽花は来年には見られるのかしら? この参道の両側に花開く紫陽花と、その参道上から見渡せる由比ガ浜の海は、鎌倉を代表する景観なのに、ここのところズーッとお休み。参道工事と紫陽花の植え替えのようです。

 

 

f:id:wave0131:20170720160228j:plain

21番 普明山 成就院真言宗大覚寺派・神奈川県鎌倉市極楽寺

 

極楽寺でも本堂前の紫陽花古木が花開いているはず。

寺も良いが、駅がさらに趣きがある。ここは、ちょっと前、TVドラマのロケ地にもなっていたね。御朱印&聖地巡りで夏でも賑わっていそう。

f:id:wave0131:20170720160225j:plain

22番 霊鷲山 極楽寺真言律宗・神奈川県鎌倉市極楽寺

 

f:id:wave0131:20170720160233j:plain

高徳院阿弥陀如来は、長年の風雪にも耐え、酷暑にも涼やかなお顔。12年の2月には境内の木の枝をリスが飛び回っていた。どうやら住み着いてしまったようだから、いつ訪れても会えるようです。まぁ夏は臭いみたいだけど・・。

f:id:wave0131:20170720160227j:plain

23番 大異山 高徳院・浄土宗・神奈川県鎌倉市長谷

 

さて、最後に鎌倉五山の三位である寿福寺。ここは総門から中門までの高い木々がキツイ陽射しを遮ってくれる。喧騒からも遠ざかっているからホッとして、汗も引く感じだ。いつもはその先へは入れない中門までと、政子の墓がある裏山しか一般公開されてない。この暑さでは裏山はシンドイ。御朱印をいただいたら、鎌倉駅方面へ戻り、ティータイムしてから帰りましょう!か?

f:id:wave0131:20170720160232j:plain

24番 亀谷山 寿福寺臨済宗建長寺派・神奈川県鎌倉市扇ヶ谷

27番から31番、巡礼の寄り道はここを外すな!:御朱印:関東三十六不動❺/彩の国では野菜を買う!埼玉県奥部は安い

関東36不動の埼玉県は5ヶ寺。東京から車なら朝早く出れば1日で全部回りきれる。

わしは高速道路を行く余裕がない、下道を行く。道の駅があるから下道を行く。

高速からだと花園 I.C.から彩甲斐街道を秩父方面へ29番に向かう。インターからすぐ「道の駅はなぞの」がある。デカイ!

埼玉県内でも東京に近い道の駅は寄る価値が少ないが、ここまで来ると、野菜が安い。安いのは好きだ、口癖だ。

f:id:wave0131:20170719162413j:plain

f:id:wave0131:20170719160524j:plain

自宅冷蔵庫の野菜室を頭に浮かべ、カゴに入れ始める。所帯染みている!

この日はカゴに入れた数が少ない。

大抵、2、3千円ほど買う事が多い。カゴに山盛りになる。レジ袋3つほどブラ下げて車までエッチラオッチラ、恥ずかしくなる。何しに来たのかと自分でも思う。野菜は保存さえしっかりしていれば、日持ちする。いくら買っても無駄にはならない。

東京都心部と同じ値段であったとしても、絶対に質と量が違う。新しい、大きい、ぎっしり詰まっている、甘い、柔らかい。ごくたまに失敗にも出会う。仕方ない、そんな時は自分の目がなかったと諦める。

 

30番 總願寺からは少し距離があるが、吉見町にも道の駅が。

「いちごの里よしみ」ここは坂東11番からはスグだ。ここも新鮮、安い! 9時の開店時間前から野菜・果物を求める人が並ぶ。

f:id:wave0131:20170719162922j:plain

普段はほとんど野菜しか買わない。この時は、いちごの季節だった。

どこかから飛び降りたつもりで、これを買う。東京より確実に安いのだが、それなりの値段はする。恐ろしくて、その数値は忘れる事にした。しかし飛び降りても骨折はナイ!

f:id:wave0131:20170719160522j:plain

結論、総合評価、大満足の星3つ。「ダサイタマ」も、なかなかヤルもんだ! わしの県評価は高まる。

 

道の駅で余り時間を取ってると、肝心の寺巡りがおぼつかなくなる。

f:id:wave0131:20170719161136j:plain

f:id:wave0131:20170719160512j:plain

f:id:wave0131:20170719160519j:plain

成田山別院は北の札幌から、西の大阪までいくつあるのだ? 大本山、東京、川越、横浜、名古屋は制覇!した。北と福井、大阪は遠いわね。

27番 成田山 本行院 成田山川越別院(川越不動)・真言宗智山派・埼玉県川越市久保町

 

f:id:wave0131:20170719160521j:plain

f:id:wave0131:20170719160511j:plain

f:id:wave0131:20170719160510j:plain

f:id:wave0131:20170719160509j:plain

28番 星野山 喜多院(川越大師)・天台宗・埼玉県川越市小仙波町

 

f:id:wave0131:20170719160513j:plain

f:id:wave0131:20170719160514j:plain

洞昌院の住職は説法好きのようだった。数人のオジさん連れが参拝に訪れた。「説教をするから、皆さん本堂内へ上がりなさい!」確か「説教」とおっしゃってた。オジさん連中は「説教はイイヨ!」とブツブツ言いながらも本堂へ。わしはコソコソと逃げ出した。5年前だ。この頃はわしは忙しかった。今だったら、喜んで「説教」をお願いする。ご住職、まだ健在かしら?

29番 不動山 洞昌院(苔不動)・真言宗智山派・埼玉県秩父郡長瀞町大字野上下郷

 

f:id:wave0131:20170719160523j:plain

f:id:wave0131:20170719160516j:plain

f:id:wave0131:20170719160515j:plain

30番 玉嶹山 總願寺(不動ヶ丘不動)・真言宗智山派・埼玉県加須市不動岡

 

f:id:wave0131:20170719160520j:plain36不動事務局の岩槻大師。さすが人形の町、岩槻。人形大師? 人形供養はよく目にするけど「大師」? ここだけかしら?

f:id:wave0131:20170719160518j:plain

f:id:wave0131:20170719160517j:plain

31番 光岩山 岩槻大師 (喜多向厄除不動)・真言宗・埼玉県さいたま市岩槻区本町

 

梅雨が明けたってぇ!関東地方。境内の雨は神々の歓迎サイン? 御朱印代に、あと1個のコインを災害被災者に!:御朱印:鳳来寺・小国神社

梅雨が明けたって?

今更なのか!気象庁の及び腰なの? 東京はいつが梅雨だった? とっくに梅雨明け状態だったでしょ!

まぁ自然界のことだから予測不能という前に、近頃の気象異変にはナレッ子になってしまっていることがコワイわねっ。

異変の中で被害に遭われた方々には心よりお見舞いいたします。へそ曲がりなわしでも、連日のごとく報道される被害には心が痛む。

11年の東日本大震災以後、大小さまざまな自然災害が後を絶たないように感じるよね。

寺社を巡る中、東日本大震災熊本地震に対する復興支援金を募る箱をよく目にする。募金箱だ。11年の東日本の時は、ケチな、わしなりにRポイントを大量に募金した。現金でなくポイントというのがセコイ! だが結果は同じはずだ。

その後の寺社の募金箱、今も皆さんの目に入ってくるはず。賽銭をささげ、御朱印代を渡す、募金箱を前にして10円でも、100円でも入れていますか?

御朱印が400円と思おう!

寺社を巡る人たちが皆、募金箱を目にしたら御朱印代300円のほかに、各人が100円を箱の中にポトンと入れよう。大きな数値になる。スタンプラリーという揶揄を越えて、予期せぬ結果が、副産物として生まれれば、ブームも別な評価となる。

そんな事を願って、ポトンです!! そう、あと1個のコインが必要なんだ、被災者に。そして、わしらの心にも!

被災者を支援する、形のない限定御朱印代と考えられれば、一歩先を行く御朱印コレクター!?

 

及ぼすのは災いばかりでなく、人が生きていく上で必要な雨は、禊とも繋がるのだろうか? 神社を訪れ、雨に降られる。神の歓迎の表れだとも言われる。

f:id:wave0131:20170719160535j:plain雨上がりで歓迎されていないのか? 山が燃えているようだ!

f:id:wave0131:20170719160534j:plain奥の院? 雨で煙る。

f:id:wave0131:20170719160533j:plain

f:id:wave0131:20170719160526j:plain

煙巌山 鳳来寺真言宗・愛知県新城市門谷字鳳来寺

 

雨中の東照宮急階段はスベル!皆んな傘はたたんで登る。

f:id:wave0131:20170719160531j:plain

f:id:wave0131:20170719160532j:plain

f:id:wave0131:20170719160527j:plain

鳳来山東照宮・愛知県新城市門谷鳳来寺

 

池の水が跳ねる小国神社は、参拝中ずっと雨。

f:id:wave0131:20170719160528j:plain

f:id:wave0131:20170719160529j:plain

f:id:wave0131:20170719160530j:plainみくじは決してひかない。写真だけ。

f:id:wave0131:20170719160525j:plain

小国神社遠江国一宮)・静岡県周智郡森町

 

梅雨が明け、酷暑が続く。寺社巡り、巡礼者には雨も、暑さも「修行」。

さぁ、酷暑の中、雷雨の中、勇んで寺社を巡るとしましょうか!

八百年以上生き続けてきた小さな寺々! でも、やっぱジミ!!かな:御朱印:鎌倉三十三観音❷ 9番 浄妙寺〜16番 九品寺

山や海などの自然の景観を除いて

鎌倉で800年以上も歴史を紡いできた事物は寺社以外にない。

鎌倉三十三観音の9番から16番は、竹林と抹茶を売り物にしている10番の報国寺を除けば、観光で鎌倉を訪れる人たちが目指すところではない。だが寺社に特別な興味がある人たちならば2度目、3度目に訪れるかもしれない。

ブームで御朱印をいただく人たちが極端に多くなってはいるものの、観光寺社の喧騒から離れ、えっ!?と思えるほど静かに寺と向き合える。驚く事に800年を生き続けてきた寺だ。

もちろん、伽藍は江戸期、関東大震災後、昭和期に再建された建築物がほとんどだから、民家なのか?と見紛う寺もある。どこが本堂なのか庫裏なのか? どこで手を合わせる? 観音さまはどこだ?!

いいの、いいの! 右往左往する鎌倉も楽しいのだ!

でも、やはりジミィー!

地味が好きで、嚙みしめられる人でしか、各寺々の滋味は理解できないわねっ!

わしも鎌倉33を巡っている時は、そんな事まったく、我関せずだったわ。

 

f:id:wave0131:20170718191950j:plain

f:id:wave0131:20170718191941j:plain

9番 稲荷山 浄妙寺臨済宗建長寺派・神奈川県鎌倉市浄明寺

 

f:id:wave0131:20170718191954j:plain

f:id:wave0131:20170718191943j:plain

10番 功臣山 報国寺臨済宗建長寺派・神奈川県鎌倉市浄明寺

 

f:id:wave0131:20170718191944j:plain

11番 帰命山 延命寺 ・浄土宗・神奈川県鎌倉市材木座

 

f:id:wave0131:20170718191948j:plain

f:id:wave0131:20170718191940j:plain

12番 中座山 教恩寺・時宗・神奈川県鎌倉市大町

 

f:id:wave0131:20170718191952j:plain

f:id:wave0131:20170718191942j:plain

13番 稲荷山 別願寺・時宗・神奈川県鎌倉市大町

 

f:id:wave0131:20170718191947j:plain

14番 随我山 来迎寺・時宗・神奈川県鎌倉市材木座

 

f:id:wave0131:20170718191946j:plain

15番 円龍山 向福寺・時宗・神奈川県鎌倉市材木座

 

f:id:wave0131:20170718191945j:plain

16番 内裏山 九品寺・浄土宗・神奈川県鎌倉市材木座

 

それにしても、鎌倉の寺々は限定御朱印が無い。例外的にブーム以前からある建長寺円覚寺の「風入れ」などは年に1回こっきりの、正に限定だ。このほかにご開帳時のみの限定があったら、それもヨシとするが、鎌倉ではわしは一切覚えが無い。

潔いねっ!

しかし、へそ曲りが「限定なんて出さないでよ!」と声を高くしなくとも、訪れる観光客、参拝者は「マンプク」状態で、新たな客引きは不要なんでしょうね、鎌倉全体的には。

ここに掲載した寺も、御朱印収集人に一切媚びてない。

古都鎌倉、さらに800年を生き続けるとしたら、過去の800年と同様、他に媚びず、惑わされず、寂しい時期があったとしても、変わらず自らを保つ姿勢が欠かせないのね!

 

今がピークか?熱狂的な御朱印ブーム、2、3年後には少し落ち着くのか。

何かに憑かれたように御朱印を求めて歩き回っていたMyピーク。

わしの場合は、2、3年前にピークを越したと思っている。

ピークを過ぎるということは、熱狂的な動きと熱が冷めることか? もしくはヤミクモな行動が、いくらか秩序ある行動に移る、とも言えるかしら。

わしのピーク時は、毎週末、東京中の寺社を歩き回っていた。東京から地方へ出かける場合も、「御朱印御朱印!」と御朱印をいただく事を、それも効率的に数多くいただく、それを第一義にしていた。

だから旅に出た時も慌ただしい。計画もゆとりが無い。強行軍になる。結果、寺社も「コンチワ、サヨナラ」と滞在時間が少ない。

住職、宮司さんのせっかくのお話も、次の予定時間が気になり、気もそぞろ。見ておくべき所も後で知ることもあった。ランチの時間も惜しかった時もあった。
宿泊も殆どシティホテル、ビジネスホテルだ。

わしのピーク時は、御朱印をいただくことに「憑かれた」ように動いていたのだ。

そんな自分が2年間ほど続いた。客観的に見たら「理解しがたい」ビョーキ状態。


ある日、御朱印を手にしながら、ふと思う、わしは一体何をやってるんだ!?
これでは御朱印との付き合いが「瞬間湯沸し器」的に終わってしまうかもしれない。長く付き合えないかもしれない。
ならば改めよう、こんな付き合い方は!

もういいんじゃない?。

数を求めない、いただける時にいただければ良い、いただける場所だったら、いただけば良い。場合によっては御朱印は、目的の2番目でも良い、と思う事にした。

地方に行く、あっちの寺、こっちの神社、どこも回ってみたくなる誘惑に負けそうになる。時には負けても良い、柔軟になれ!

わしはもうピークを越したんだ。ユックリ巡ろう。ごはん時間もゆったり取ろう。

御朱印の数が何だ!出かけた場所で、いただけた御朱印が1つ、2つでも良いじゃないか!

だが、一般に言う「熱が冷めた」とも少し違うように思う。

そうなのだ、御朱印収集の呪縛から解放されたのだ。楽になったのだ。

そんな感じの近頃、他の理由もあり、今年いただいた御朱印の数は40にも満たない。

人それぞれだから、始めからスタンプラリー的計画でも良い、そこにケチをつけるつもりも無い。もちろん賢明な方たちは、ゆとりある御朱印収集法をとっくに身につけているかも?

どうぞ自由なスタイルで御朱印巡りをお楽しみください。

 

そんな慌ただしかった行動から、自身をやっと解放させた頃の御朱印。1泊2日の上田、長野の旅では8ヶ所だけ巡り、そのうち神社は3ヶ所のみ。余裕なのだった。

f:id:wave0131:20170713144245j:plain

f:id:wave0131:20170713144301j:plain

真田神社・長野県上田市二の丸

 

f:id:wave0131:20170713144325j:plain

f:id:wave0131:20170713144312j:plain

生島足島神社・野県上田市下之郷

 

f:id:wave0131:20170713144344j:plain

f:id:wave0131:20170713144355j:plain

川中島古戦場八幡社・長野県長野市小島田町

 

宿もビジネスホテルばかりじゃ、少し味気なく無い?と反省。
そして、こんな宿を選んでみた

 

f:id:wave0131:20170713142602j:plain

長野に「角間温泉」は2つある。ここは湯田中渋温泉の近く。メインストリートに温泉宿は4軒だけ。

木造3階建ての建物は古い。近くの渋温泉「金具屋」も木造4階建てで有名だが、ここは無名。

トイレ・洗面も共同だ。リゾートホテルとは対極にある。

f:id:wave0131:20170713142636j:plain

冬は雪が積もる山間の宿だ。食事も豪華ではないが、大食漢ではないわしには丁度良い。どの料理も素朴な味わいで美味しく、何よりも完食できたのが嬉しい。

そして驚くことに館内に温泉風呂が4ヵ所ある。どれも小さいが、4ヵ所それぞれ趣が異なる。

旅ブログではないから詳細はなし。

もとより食べきれないほどの山盛り料理が出てくる観光旅館は好きでない へそ曲がりには、宿泊料金も安く、最高の宿だった。ぜひ、もう一度行こうっと!

やはり夜に行くべきだった、靖国神社御霊まつり

東京、靖国神社御霊祭は絶対、陽が落ちてからいくべきだ。

都合で、まだ陽の高い時間になってしまった。ザンネン!

f:id:wave0131:20170716171614j:image

32か33℃くらいの炎天下の中も、参拝者は切れ目がないわね。外国の人々も目にする。

f:id:wave0131:20170718132216j:plain

f:id:wave0131:20170716200909j:image

昼間の写真しかないが、熱気が少しおさまる陽が落ちる頃、参道を左右に埋め尽くす献灯された提灯が全て灯され、華やかで幻想的な雰囲気を醸し出す。東京では靖国でしか見られない光景。

地方の護国神社も、それぞれ趣向を凝らした献灯はされるが、その規模はやはり靖国が最高でしょうね。

来年は必ず夜の参拝を忘れないようにしなくちゃ!

f:id:wave0131:20170716200451j:image

祭は16日が最終日だったけど、昼間も様々なイベントが奉納されている。

夜までいられなかったけど、この日の夜は、つのだ・ひろ 野外コンサートも予定されていた。「Mary Jane」なんか歌ってしまうのかしら?

英語の歌詞だと、英霊達も心穏やかでは無くなる? or そんな平和な国だと安堵する?

f:id:wave0131:20170716200636j:image

そして、御朱印所。

ここにも欧米の方々が並んでいた。靖国神社問題なんて知らずに、宗教的にも全くかかわらず、この国の観光土産にするんでしょうね!? 彼等は単に「漢字」が好きだから。

いや、そうとばかり言えないかも。日本に観光に来る方達は、日本人よりこの国の歴史を勉強して、詳しい人々もいる。御朱印もらう姿も一言で片付けられない。

さらに御朱印ブームは、本来の御朱印をいただく宗教的行為を完全に崩壊、と言わないまでも、超越したように思う。

もともと曖昧な宗教観しか持たない人が殆どのわしら日本人が御朱印をいただくのも、神道でも仏教徒でもなさそうな欧米人が御朱印をいただくのも、なんの違いもないと言うことかもしれない。

 

歴史はしっかり認識し、その上でこの神社に新たな英霊が祀られることの無い世の中を願って、手を合わせてきました。

f:id:wave0131:20170718132300j:plain

f:id:wave0131:20170717003603j:image

靖国神社・東京都千代田区九段北

天然クーラー付き、富士山周回で御朱印巡り!

浜辺で過ごすなら別だが、御朱印目的で海沿いの町を巡ってもメチャ暑いだけ。

どこへ行っても暑いが、夏はまだ2ヶ月ある、どうするのよっ?

標高が高ければ涼しいのは当たり前だろうから、山だ! 高原だ!! 高い所だ !!!

高原でも夏ともなれば、そこそこ暑い。が、寺社内を歩き回っても、シコタマ汗をかくほどでもない。

そんな所はどこにある?

東京近郊ならば日光・中禅寺湖、箱根・芦ノ湖が考えられるが、寺社巡りには不適当かも?  2、3寺社の御朱印しかいただけない。

そこで世界遺産の登場だ。富士山、富士五湖ならそこそこ涼しい。富士を一周だ。

車で巡れば、浅間神社が数え切れないほど鎮座してる。

1泊して富士の西側、身延山とその周辺の日蓮宗の寺にも行く。御首題が山ほど待っているよ。

f:id:wave0131:20170714180437j:plain

東口本宮冨士浅間神社静岡県駿東郡小山町須走

f:id:wave0131:20170714180441j:plain

東名御殿場から富士を左周り。

東口本宮から山中湖方面へ。思わず「ヤッホー」と口からオタケビが出る。写真は5月、真夏に冠雪は無いよ!

f:id:wave0131:20170714180436j:plain

f:id:wave0131:20170714180435j:plain

山中浅間神社・山中諏訪神社山梨県南都留郡山中湖村山中

f:id:wave0131:20170714180440j:plain

富士山を左に見て走りを続けると山梨県に入る。山中湖に着くと、早くも、もうここで御朱印巡りをやめたくなる。リゾートしちゃいたくなる。だが、時間はまだ早い。誘惑を振り切って御朱印を求める。

そこから先は忙しい。新屋山神社、北口本宮、下宮小室、新倉富士、富士御室、河口湖浅間と神社がひしめいている。

できたら五合目の富士山小御嶽神社も行きたい。ここはさすが五合目、完璧クール。

これら全部、朝早くから御朱印をいただいていたとしても、日が暮れること間違いなし。

どこか湖畔の宿をとりましょう。そしてもう御朱印はこのくらいにして、明日は遊んじゃおうっ! ダメ?!

ダメだったら、翌朝も富士山を左に見ながら車を走らせる。

日蓮宗の寺を数ヵ所巡りながら、早い時間に久遠寺までたどり着く事ね!

ほぼ半日近い時間を久遠寺に費やすつもりの方がいいわよっ。

f:id:wave0131:20170716003504j:image

久遠寺、奥之院は標高1153m。

 

f:id:wave0131:20170715231753j:imagef:id:wave0131:20170715231940j:imagef:id:wave0131:20170716222855j:imagef:id:wave0131:20170715232003j:image

上澤寺・久遠寺・奥之院思恩閣・本遠寺  

日蓮宗山梨県南巨摩郡身延町

 

そして帰ろう!南に向かう。

ここからは暑い、涼しくない! 富士宮市に入って、人もいっぱいる駿河国一宮の受付は夕方まで大丈夫、さらに三島大社も5時頃までなら余裕で御朱印をいただける。でもこの2社、きっと、参拝者は拝殿の前で行儀よく左右2人の列を作っていますよ! 前にも何回かこのブログ上で不満を漏らしているけど、もっと横に広がってよっ!

ハイ、落ち着け、オチツケ!

 f:id:wave0131:20170714180439j:plain

富士山本宮浅間大社静岡県富士宮市宮町

f:id:wave0131:20170714180438j:plain

三島大社静岡県三島市大宮町

 

という事で、この夏、車移動だったら1泊か2泊で富士山を一回りして寺社を巡れたら、きっと「クール」に、御朱印帳・御首題帳にも、たくさんの印をいただけること間違いなしですよ。

歩け歩け!! 古都鎌倉。クソ暑い夏は御朱印をサッといただけるアナ場?:御朱印:鎌倉三十三観音❶1番杉本寺〜8番明王院

日本の主な古都と言ったら、奈良、京都、鎌倉だ。

首都圏に住む人たちは皆な、800年も続いてきた古都鎌倉が好きだ。

年間2000万人以上の観光客が訪れる。

夏になると古都とは別に、海を目的にやってくる人も数に入っているが、それにして、同じ古都京都が年間5000万人と言うことだから、この小さな町、鎌倉の数字は驚くべきものだ。

ホテル、旅館は少ないから、殆どが日帰り観光。と言うことは周辺、特に首都圏の人たちによる観光だ。

 

地理的に鎌倉市は海側から大船あたりまで、その面積をしめているが、おなじ古都、京都奈良に比べ物にならないくらい狭い面積。

そんな中、観光客が主に向かう寺社の範囲はさらに狭まる。

北鎌倉から、西は長谷、東は十二所、南は光明寺あたりまでだろうか。そんな狭い地域を週末ともなると、北鎌や小町通り八幡宮、そして長谷に集中し、人がひしめき合っている。小町通りをまともに歩けないのも納得。

しかし、その狭さのおかげで、北鎌倉駅鎌倉駅のどちらから出発しても、目的地までほとんど歩いて行ける距離にある。もちろん江ノ電やバスを利用する人も多いだろうが、どこも直線距離で2、3kmの範囲内に主な寺社は集中している。

f:id:wave0131:20170714181134j:plain

みんな歩け歩け! 御朱印を求める人にはうってつけの古都だ。

おまけに33観音、24地蔵、13仏、七福神と、これでもかと言うくらい、霊場がある。

どれも1日か、数日で巡り終えられる。

だから、あれもこれも「いただける御朱印は全てください」なんてヤボな巡り方はしない。まぁ、鎌倉に何度も訪れる事ができない地方の人は2つ、3つだったら許す!

首都圏の人たちは、狭い鎌倉だ、1霊場ずつ巡りなさい。

それでなくとも、週末はどの有名寺社も御朱印を求める人で列ができる。

しかし、このクソ暑い7月、8月に御朱印求めて歩き廻るのは、ほぼビョーキ!だから逆に空いててアナかもね?

汗水垂らして歩き回れ! 光明寺まで行ったら、海の匂い、ザブーンしたくなる!

若くても熱中症だけは要注意だね!

 

f:id:wave0131:20170713145630j:plain

1番 大蔵山 杉本寺・天台宗・神奈川県鎌倉市二階堂

 

f:id:wave0131:20170713145639j:plain

2番 金龍山 宝戒寺・天台宗・神奈川県鎌倉市小町

 

f:id:wave0131:20170713145649j:plain

3番 祇園山 安養院・浄土宗・神奈川県鎌倉市大町

 

f:id:wave0131:20170713145702j:plain

4番 海光山 長谷寺・単立・神奈川県鎌倉市長谷

 

f:id:wave0131:20170713145713j:plain

5番 満光山 来迎寺・時宗・神奈川県鎌倉市西御門

f:id:wave0131:20170713145725j:plain

6番 錦屏山 瑞泉寺臨済宗建長寺派・神奈川県鎌倉市二階堂

 

f:id:wave0131:20170713145740j:plain

7番 岩蔵山 光触寺・時宗・神奈川県鎌倉市十二所

f:id:wave0131:20170713145753j:plain

8番 飯盛山 明王院真言宗御室派・神奈川県鎌倉市十二所