にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

あなたのお賽銭はいくら?:御朱印:住吉神社(東京)・龍神社

お賽銭も格差社会を反映しているのか?f:id:wave0131:20180124184243j:plain

前回に次いで、またお金の話でチョッと、ウッウッウッ、心苦しい

けど、御朱印収集のみなさんは普段のお賽銭はいかほどなのか?

他人のことがケッコー気になるものの、その金額は見当もつかない。

 

縁起と語呂合わせで5円、55円、555円を賽銭とする人もあるようだ。

 

統計の方法によって様々な数字が出てくるからアテにできないが、ネットによる、一つの統計によると賽銭は平均150円とか。

f:id:wave0131:20180125130425j:plain

初詣に限ると平均605円と表しているサイトもある。

f:id:wave0131:20180125130437j:plain

 

この数字、御朱印収集のみなさんはどのように感じるだろう?

 

ボンビーなわしは言うまでもなく平均以下

この数字を目の前にして自分の賽銭金額を書くのは赤っ恥だから明かさない。

しかし、これはわしだけに限ったことなのか?

 

例えば奈良東大寺では10以上の御朱印がいただける。

半日がかりで10のお堂を巡り、それぞれお参りして、それぞれ御朱印をいただく事とする。

御朱印は東京の神社の500円と違い、東大寺は現在も300円だろう。計3,000円

それぞれのお堂に、上記の平均金額150円の賽銭を捧げるとすると  計1,500円

合計金額4500円

1日で10の御朱印をいただいて、この金額ならば充分納得、満足な数字と思える人が多いかもしれない。

メインの東大寺大仏殿をはじめ有料のそれぞれのお堂の拝観料は別だが・・。

もちろん各お堂に500円ずつという方がいてもおかしくはない。だとすると合計8,000円

もしかして千円、壱万円という人もいないとは言えない。合計13,000円103,000円

こんなふうに500円、1000円、10000円という人がいるから平均金額150円となるかもしれない。

地球上の裕福な8人の資産が、36億人の資産額と同額な事を思い出させられる数字と似ている。

賽銭平均金額150円を維持するには、裕福な方々にさらに賽銭をハズんでもらわなければならない。

だって富の格差はこの先ますます広がり、わしらは更に底辺に追いやられそうだから。

 

東京中央区佃に鎮座する住吉神社の「住之江」という刊行物に、賽銭に対して共感できる記事が載っていた。

f:id:wave0131:20180124184242j:plain

f:id:wave0131:20180124184218j:plain

賽銭について説明しているが、要は「心」「気持ち」次第だと表している。

それは祈願としての金銭もあるが、まずは神に対して感謝の念をその額に表すべきで、語呂合わせのような5円(ご縁)10円(遠縁)などはヘンだと諭している。

その通りだ。

f:id:wave0131:20180125132131j:plain

賽銭はもともと米や酒で、人の1食分を捧げてきたという。1食分を米1合とするか、ランチ1食とするかで額は異なってくるが、初詣では最低でも吉牛1食分とすべきと思うが、それじゃ平均額には届かない。もう少しランク上のランチにしなければ・・。

 

さらに賽銭の入れ方も単純に投げ入れるなと一言物申している。

そのとおり! 賽銭は勢いよく投げるな!!

わしも賽銭をブン投げるのは神々に失礼だろうと常々思っている。

平均金額以下だからという意識からではなく、わしはいつもソ〜ッと賽銭箱に落とす!のだ。

拝殿前に詣でるのに制限のかかる有名寺社の初詣などでは別で、人の頭越しに投げ入れるけど。

 

今年も、わしの賽銭額が平均以上になるとは思えないが、感謝の祈り時間だけ平均以上にしようかな!

並んでいる参拝者をスルーして賽銭箱の脇のスミッコの位置で!

皆さんの賽銭額が御朱印代に近くなるような一年であるよう願ってます!

 

佃島の遠景から住吉神社の様子。f:id:wave0131:20180124184221j:plain

一の鳥居は隅田川に面している。f:id:wave0131:20180124184222j:plain

昔は渡し船をここで下船した。f:id:wave0131:20180124184223j:plain

振り返る。f:id:wave0131:20180124184225j:plain

参道f:id:wave0131:20180124184224j:plain

f:id:wave0131:20180124184226j:plain

f:id:wave0131:20180124184227j:plain

f:id:wave0131:20180124184228j:plain

f:id:wave0131:20180124184230j:plain

f:id:wave0131:20180124184231j:plain

ブルーの文字が鮮やかな陶製の扁額は金網で保護されている。f:id:wave0131:20180124184232j:plain

振り返る。f:id:wave0131:20180124184229j:plain

本殿。この日の賽銭は100円で平均以下!f:id:wave0131:20180124184233j:plain

f:id:wave0131:20180124184236j:plain

こちらは境内社龍神社。f:id:wave0131:20180124184237j:plain

f:id:wave0131:20180124184238j:plain

同じく入船稲荷神社f:id:wave0131:20180124184220j:plain

船魂神社f:id:wave0131:20180124184219j:plain

この地域ならではの塚だ。f:id:wave0131:20180124184239j:plain

f:id:wave0131:20180124184240j:plain

意味不明な建物。手入れすれば味のあるレトロな店舗にもなりそうだが・・。f:id:wave0131:20180124184241j:plain

f:id:wave0131:20180124184234j:plain

f:id:wave0131:20180124185811j:plain

住吉神社龍神社・東京都中央区

f:id:wave0131:20180124190542j:plain2012年の御朱印