にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

元祖山手七福神、覚林寺の御朱印(東京・港区)〜コロナ戒厳令下の東京 2021年正月の御朱印⓫

▼最正山 覚林寺 元祖山手七福神毘沙門天」の御朱印。(日蓮宗/東京都港区白金台1-1-47)

f:id:wave0131:20210108174741j:plain

キチンとした書置きでしたが、残念なことに朱印が思いっきりウスイ!

薄め過ぎたカルピスのように少し物足りない。

 

覚林寺では直書きはしないと言うことですので、おそらく他の七福神担当の寺院も書置きのみか、うまく運べば大円寺目黒不動だけ直書きをいただけるかも知れない。

どちらにしても、当ブログ2021年の正月はこれ以上七福神を追わないことにします。

 

▼港元祖山手七福神のまとめ過去記事はこちら。

 --------------------------------------------------------------------------------------

▼覚林寺「清正公」は、門前の国道1号線桜田通り」と「目黒通り」との交差点名にもなっています。

白金高輪駅」「白金台駅」のどちらから歩いても5分以内で到着です。

 

覚林寺は「元祖山手七福神」のスタート、もしくはゴールとなる寺です。

f:id:wave0131:20210108174802j:plain

スタートにしたら、ここからゴールの目黒不動まで歩く事になります。

f:id:wave0131:20210108174811j:plain

しかし正月3日のここ山手七福神も参拝者は多くはありません。

f:id:wave0131:20210108174901j:plain

歩く距離といい、白金台から目黒までと言う地域性、そしてそれぞれの寺の味わいといい、23区内でもとても魅力のある七福神だけに残念な正月と言えます。

▼提灯に隠れてしまいましたが、扁額は「破魔軍」。

f:id:wave0131:20210108174816j:plain

「魔軍」は仏道を妨げる悪事を指すそうです。

 

f:id:wave0131:20210108174806j:plain

2年ほど前に訪問した時は、普段の週末にも関わらず、授与所には御朱印や御首題を求める人が列を作っていました。

f:id:wave0131:20210108174820j:plain

▼しかし、2021年正月3日の昼近くはガラガラ状態。

f:id:wave0131:20210108174825j:plain

参拝自体の自粛や、そもそも感染が怖い人、御朱印も書置きのみが予想される事などが影響している事は間違いないでしょう。

----------------------------------------------------------------

 

ここからの写真は過去のもので、撮影年も単年ではありません。

▼雰囲気のある山門は清正公堂とともに江戸時代の造営です。

f:id:wave0131:20210108174853j:plain

周りがビジネスビルやマンションばかりの中で異色な趣を感じさせられます。

 

▼境内内から山門を振り返ると、右隣に七福神毘沙門堂が見えます。

f:id:wave0131:20210108174857j:plain

f:id:wave0131:20210108174838j:plain

▼一番大きく、歴史も感じさせる建物が「清正公堂」。

f:id:wave0131:20210108174830j:plain

清正の位牌や像が祀られ、地域の人たちは「せいしょうこう様」と親しみを込めて呼ぶそうです。

▼こちらが本堂。

f:id:wave0131:20210108174834j:plain

▼稲荷堂。

f:id:wave0131:20210108174848j:plain

▼その隣は毘沙門堂と並んで題目碑も建ちます。

f:id:wave0131:20210108174843j:plain

毎年、最低1ヶ所の七福神を制覇してきましたが、2021年は計画しませんでした。

都内下町中心の七福神の様子見的な参拝に終わりました。

鬼に笑われますが、来年、もしくは再来年、七福神巡りの列に誰もが大手を振って並べるような新春を願いましょう。

 

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村