御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

[続き]鶴岡八幡宮は広大、わたしの心は狭小:御朱印:鶴岡八幡宮・旗上弁財天社

前回、

一の鳥居から段葛を歩いて神域に入ったが、段葛は築造当時は神の道。

神さまがお通りになるほか、当時の将軍か貴人しか通行出来なかったようだ。

平安京朱雀大路を真似たという見方もあるようだから、道路幅は広い。

段葛の両側、左右にそれぞれ車道と広い歩道が設けられている。

鎌倉駅を出てすぐ左に折れるのが八幡宮への近道だが、道の両側に土産物屋、飲食店が並び、いつもまっすぐ歩けないほど混雑を極めている。

しかし、モッタイナイことに段葛はガラガラなのだ。鎌倉に来る観光客たちの姿と目的をよく表しているわ。

f:id:wave0131:20171003183619j:plain

 

さて、三の鳥居を抜けて神域の境内に入ると源平池にかかる太鼓橋がある。

f:id:wave0131:20171003185401j:plain

ご覧のように渡れない。あちらこちらの太鼓橋は人が渡れないことも多い。神仏のための橋なんでしょうね。ここでは人は左右にある味気ない別の橋を渡ることになる。

 

橋の右側が源氏池、左が平家池。源氏池には3つの島、平家池には4つの島があるのだが、何処から見ても蓮の葉に覆われて何が何だかわからない。

俗にその島の数は、源氏の3(産)、平家の4(死)を表しているとか。

島数の様子は google map が一番わかりやすいわね。

f:id:wave0131:20171001234504j:plain

f:id:wave0131:20171003190315j:plain

太鼓橋の右手の橋を渡るとすぐに源氏池の3つの島のうちの一番大きな島にかかる橋がある。

池にかかる橋というより、蓮にかかる橋で水面は僅かしか見えない。

f:id:wave0131:20171003191233j:plain

橋を渡った先に旗上弁財天社が鎮座する。鎌倉七福神の弁財天でもある。

f:id:wave0131:20171003192128j:plain

源氏復興のため頼朝が旗上げしたことに因むんでしょうが、社殿はまだ新しい。

この社殿の右手の社務所御朱印がいただけるが、正月後の数日というより1月中は大混雑のはずだ。おーヤダ!

広い境内道に戻って、流鏑馬馬場を横切る。

f:id:wave0131:20171003193837j:plain

10月1日はちょうど流鏑馬神事が行われていた。開始時間は2時間後だったからパス!

毎度のことだがこの日も事前知識なしで来た。鎌倉まつりかしら?

 

馬場を抜けると左手が手水社、正面は舞殿(下拝殿)が行くてを塞ぐ。

f:id:wave0131:20171003194747j:plain

f:id:wave0131:20171003194857j:plain

舞殿の正面は崇敬者の列で写真はとても撮れない。裏からの写真にした。

ここで頼朝に命じられ、義経のオメカケさん「静」が舞曲を演じたのかしら?

こんなに立派でなく、姿形は変容してきていて当たり前だけど、やはりロマンですわ。

 

以前に訪れた時の下拝殿(舞殿)の光景。

f:id:wave0131:20170929203238j:plain

昨今、神社で挙式が人気なのもわからないでもない。

この写真の新婦は「正妻」! 義経とは違って、妾ではないな! きっと!!

 

舞殿の左右のどちらかをグルリと回ると、いよいよ本宮(上宮)上がる石段が眼前に現れる。大きなイベントがなくとも、いつもこんな賑わいだ。

f:id:wave0131:20171003201054j:plain

階段を昇る前に、左にあるのは

f:id:wave0131:20171003202422j:plain

ほぼ800年前、頼朝の次男 実朝がこの銀杏の大木の陰に隠れ待っていた甥っ子の刃にかかり暗殺された。

シチュエーションはその後の作り話的な部分がほとんどだろうが、殺害事件は事実だ。

そんなこの町の歴史を一人見つめてきたイチョウの木。残念なことに数年前に倒れた大木の根元部分だけが残っている。先端に「ひこばえ」が見えるからいつの日か「隠れ銀杏」として復活するかも。

 

銀杏の木とは反対の階段下右にあるのが

f:id:wave0131:20171003204022j:plain

若宮(下宮)だ。

前回書いた由比若宮

f:id:wave0131:20171002003202j:plain

から遷座したのが、若宮(下宮)だが、由比若宮同様、ここに手をあわせる人の姿は見えない。

ぐじゃぐじゃ言わずにさっさとコアに触れる。

f:id:wave0131:20171003205049j:plain

広い階段の頂点にある楼門。

幾つかの寺社と同じく「八」の字は鳩をモチーフにしている。

楼門から拝殿まではスペースがない。即、拝殿になる。

f:id:wave0131:20171001235723j:plain

拝殿の左手奥は宝物殿。

なんども訪れている八幡宮だが、入ったことがない。

f:id:wave0131:20171001235750j:plain

いいのだ。こんな広い社域を持つ神社は何回も訪れて、ひとつひとつ新しい発見をして、また訪れば良いのだ。

まともに子細に見て回ってたら、1日じゃ足りないかもしれないのだ。

この八幡宮に限らず、広大な社域をもつ神社はどこも同じだね。

 

コンチクショー! 今回は意に反して寺社のガイド的な内容になってしまった。

まぁ、イイでしょう!?

 

で、鶴岡八幡宮御朱印です。

そう、ここも神社であり「寺」でもあったのだ。

頼朝が真剣に祈った! 自分のために。

この時代前から戦国時代までは、人のために祈ったためしがない。

利己的にすべての祈りが自分のため、戦勝や安産、男子誕生であった。現世利益だった。

今夜はここまで。

 

ワシ的には江戸は広く面白い、鎌倉は深くオモシロイのだ!

狭小なヘソ曲がり視点で、いつかまた続きを書くとするか!

 

f:id:wave0131:20170929203232j:plain

f:id:wave0131:20170929203234j:plain

f:id:wave0131:20171002184600j:plain

御朱印受付は女性一人を含む3人の方が担当されてた。

7、8人の列はストレスなくすぐに消化される。

今回、下宮脇の御朱印受付でいただいた印は平成25年の書き手と同じだったかも。

筆跡は同じように見えるし、

御朱印帳の表題部分が空欄の場合「書き入れましょうか? お名前も入れますよ」と声をかけていらした。

5年前、自分も同じ言葉をかけられ、「御朱印帳」と揮毫していただいた。

f:id:wave0131:20170929203233j:plain

f:id:wave0131:20171002184559j:plain

f:id:wave0131:20170929203231j:plain

それにしても、このブログ、2、3日留守してもPVは逆に増えてる。どういうこと?