御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログ、ここはかなりテキトー! 無責任 ! あしからず。

37℃ あついぞ館林 ぶんぶく茶釜のタヌキ達は大丈夫か?:御朱印:茂林寺

館林、昨日の気温は37℃。

「あついぞ、熊谷!」は埼玉県。

利根川を境にしてすぐ北の、ここ茂林寺は栃木県。ほとんど同地域で「アツイゾー」は負けていない栃木だ。

気温37℃ともなれば分福茶釜も、伝説の 汲めども尽きぬ茶湯をすぐに、ドンドン沸かすことができそうだ。

茂林寺の参道を進むと20人?ほどの狸たちが、頼んだわけでもないのに、この炎天下を出迎えてくれる。石川県の有名旅館・加賀屋を彷彿させる。

加賀屋で出迎えてくれるのは、ほぼ美しい女性。ここ茂林寺は全員ほぼトボけた男性で、しかも木陰で出迎え!

炎天下に焼かれた訳でなく、窯元で焼かれた信楽焼だそうだ。本場、滋賀県なのかどうかは不明だ。

f:id:wave0131:20170710190107j:plain

焼かれた経験者、釜の熱いのは「こんなもんじゃ、なかった!」と涼しい顔。

f:id:wave0131:20170710190120j:plain

半端じゃない 焼かれ経験!

焼かれるのも色々ある。酒瓶を常に手にしてる彼の顔は赤い、酒焼けか?

手足の生えた茶釜で綱渡りをする彼らは、たくさんの「焼かれる」を経験している。

 

この暑さ、たかだか37℃「人間さまは弱いねっ! わしを見習え!!」

失礼してUPで撮らせていただいた彼、おっしゃる通り熱中症、暑さ対策は万全のようねっ!

大きな「フクロ」を、こんなに広げて、ぶら下げて、木陰で冷やしている! いや、熱を発散してるのね!

男たちよ! 暑い夏は熱発散だ、大いに思いっきり広げてみよう!

そう、手足だけででイイ、広げるのは!!

アジアジッ! 今日もあついぞニッポン!

 

f:id:wave0131:20170710190132j:plain

青竜山 茂林寺曹洞宗群馬県館林市堀工町

 

同じ暑い地域の善導寺は、タヌキさんたちの寺より、いくらか涼しげな佇まいだ。

f:id:wave0131:20170710190145j:plain

f:id:wave0131:20170710190158j:plain

終南山? 地球の南の果ては南極だ、涼しい、寒い、極寒だ。

そうじゃない、仏教の南はなんだったけ? 広目天

知識が大いに足らない!

しかし氷に覆われていないけど、涼しげな池もある。

茂林寺はトボケ狸のおかげで男臭さが、緩和されていた。

ここ浄土宗寺院は、暑さ、寒さを超越した雰囲気が訪れる人を迎えてくれる。

f:id:wave0131:20170710190210j:plain

書置きを2種いただいた。左はブルーの波間に「南無阿弥陀仏」涼しげだ。

右の御朱印梵字は何だ? 一番上の一文字目は「キリーク」

千手観音? 阿弥陀如来

後に続く2文字はわからない。梵字は凡人には難しい!!!

終南山 善導寺・浄土宗・群馬県館林市楠町