にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

2018御朱印で七福神⓲松戸-その1:御朱印:寳蔵院・善照寺・徳蔵院

千葉県の松戸七福神を巡ってきた。

 

1日は午後から都内の神社の様子見、2日は酔いつぶれ、3日は田舎から20歳と16歳の女子が上京してきたから晩ごはんをごちそう。すいません、御朱印目当てで訪れていただく方には興味ない話でした。

4日は市川市北国分に用事ができた。用事は届け物だけで時間もかからず、何時に届けても良いが4日を外す事はできない。

ならば、この方面の七福神はないか?

千葉県の七福神を調べると、在るわ、あるわ!20以上の七福神がある。

しかし大半は情報量が少ない。幾らか情報が充実していた松戸七福神を用事がてらに巡ってみた。

f:id:wave0131:20180106164101j:plain

f:id:wave0131:20180106163736j:plain

松戸七福神は1988年にスタートしたそうだから比較的新しい七福神だ。

 

何せ千葉の七福神だ。知名度も低いと勝手に決めて人出も多くない予想はドンピシャ。

それにしても松戸市は人口約50万人。3ヶ日の人出は分からないが、まだ4日だ。もう少し七福神巡りの人出があってもよさそうだが、少ない。色紙を持ち歩いて巡ってる人とは全体で10組ほどとしか出会わなかった。

門松のある松の内の神社は人出が絶えないが、やはり「正月は神社」という人が多く、全体的には地域の寺の正月は不人気のようだ。

 

その分、御朱印をいただくのにはスムーズだった。
f:id:wave0131:20180106162821j:plain

f:id:wave0131:20180106162822j:plain

1ヶ所目、少ない人出の中でも、この寺が一番の賑やかさだった。

f:id:wave0131:20180106162823j:plain

f:id:wave0131:20180106162811j:plain

大黒天/光明山 寳蔵院・真言宗豊山派・千葉県松戸市上矢切

f:id:wave0131:20180106162812j:plain

同 本尊の大日如来印。

気さくな若い住職が笑顔で話しかけながら揮毫していただいた。スタートの寺の印象が良いとテンションが上がる。

 

が、2ヶ所目で上がったテンションを少し下げられる。この寺に行き着く旧水戸街道は大渋滞だ。おまけに住職が留守で書置だった。当然本尊印もいただけない。

書置がイヤではないが・・。

f:id:wave0131:20180106162815j:plain

参道の正面は不動堂。

f:id:wave0131:20180106162816j:plain

観音堂? 本尊 正観世音?

f:id:wave0131:20180106162817j:plain

f:id:wave0131:20180106162808j:plain

布袋尊/松戸山 善照寺・真言宗豊山派・千葉県松戸市松戸

善照寺は旧宿場町にあるが残念ながら渋滞のお陰で全くその雰囲気はない。

近くの松戸神社は賑やかに人があふれていたが、この寺で参拝者と出会ったのは一人。

 

3ヶ所目、徳蔵院の参道は趣きがある。山の寺に登るイメージだ。

f:id:wave0131:20180106162818j:plain

階段を上がるとザンネン、山寺の雰囲気はなかった。

f:id:wave0131:20180106162819j:plain

f:id:wave0131:20180106162820j:plain

f:id:wave0131:20180106162810j:plain

寿老人/日暮山 徳蔵院・真言宗豊山派・千葉県松戸市日暮

f:id:wave0131:20180106162809j:plain

同時にいただいた本尊慈母観音の御朱印。子育観音として親しまれているそうだ。

徳蔵院には茶菓の用意があり、七福神巡り用の色紙や和紙が3種類ほど揃っていた。御朱印をお願いしに行くと「おめでとうございます」と、ここの住職も年配だが気さくに話しかけてくれた。再度テンション上がる。

松戸七福神公式サイトはこの寺が担当しているようだからリーダー的、世話役的存在の寺なのだろう。

 http://tokuzouin.com

今日、7日までの御朱印対応だそうだから皆さん行ってみては!?

7日以降でも住職が留守でなければ御朱印もいただけそうな雰囲気の寺ばかりだった。

 

松戸七福神後半は次回。