読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログですが、ここはかなりテキト! 無責任 ! あしからず。

遠州三山 自分巡礼?「ご利益茶」をいただいた法多山・油山寺・可睡斎

f:id:wave0131:20170516192914j:plain

つくづくこの国の人間だと思う。各地にある数字のつくものに弱いんです。魅了される、騒めく心。他人には悟られたくない「そんなミーハーな場所、わしは行かん、云々」とバカにしたような言葉を出す。本音は大好き、鉄板に心が歪んでいる。

初めて目にする、耳にする数字、いいじゃないの、その数、征服してやろうじゃないのっ!内心意気込む。日本三景、日本三大・・、十大・・、何々百景、・・・・。おそらく数え切れないほど日本中にある。諸外国にはこういう表現は少ないはずだと、勝手に解釈している。数字をつけたり、格付けしたり、仲間にしたり、が日本人は大好きなのだ。害は無い、無邪気だ。

遠州三山」? 言葉は心地よい響きを持っている。よし、行ってやろうじゃないの!

f:id:wave0131:20170516195300j:plain

f:id:wave0131:20170516195316j:plain

f:id:wave0131:20170516195326j:plain

三山とも千年以上の歴史をもつ。「寺って、いいなぁ!」と感じさせてくれます。

最初に伺った法多山でパンフを手にした。なにっ「自分巡礼」? 何のことよっ? あらっ「自分らしさ」や「自らに出会う」旅だって?! わしはそんなものに会いたくない!「自分らしさ」を曝け出し「自ら」に出会ったら自己嫌悪の爆発になる。

そんな爆発の消化剤をいただいた。三山を巡った記念に「ご利益茶」をいただいたのだ。ありがたい!ブランド名「ふくろい茶」の一番茶を三山で健康と日々の安寧を祈願祈祷したお茶だそうだ。帰宅してから、Tea bagになっていた、その茶を手を合わせいただいた。味は「チョー普通」だった、ふつう! あたりまえだ、祈祷いただいたからって、ほうじ茶、紅茶になる訳でも、コーヒーになる訳でも無い。さらに、わしの普段の生活に日本茶の出番は殆ど無い。茶の味などわかろうはずがない。でも心はホッコリした。わかったわ!「自分らしさ」を曝け出せず、繕ってばかりの「つくろい茶」だったわし。まだ間に合う「自分らしさ」「自ら」を磨きなさいってことね! 気づくのが遅い!幼な過ぎだ。

「ふくろい茶」サイコーだ! ブランド名「ほっこり茶」に改名してほしいが、もう使われていそうなネーミングで没ねっ!。ダメ!? じゃぁ、思い切って「ゆっくり茶」「ご利益もっこり茶」「やっぱり袋井茶」「やっ茶ったわ」でどう、袋井市さん?ごめんなさい!

法多山 尊永寺・高野山真言宗医王山 真薬王院 油山寺・真言宗智山派可睡斎曹洞宗静岡県袋井市