御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

潮来周辺の3寺を巡る。ここでも野菜を買う!:御朱印:長勝寺・二本松寺・護国院

東京から東関道を北上したら、終点の IC 「潮来」で一般道へ。

まずは、ここにお邪魔する。

ムチャクチャ、わし好みの寺だ。

歴史ある古刹、詳細は、いつものように、ここでは無用。

f:id:wave0131:20170727200731j:plain「空 無相 無作」の門を抜け、一直線に伸びる長い参道を歩むと、飾り気の少ない境内は禅寺らしい気品が漂う。

茅葺き屋根が見えてきて、さらに進むと花頭窓が確認できると、胸がワクワクしてくる。

浄土系の寺も悪くはないが、わしには、どこか甘ったるさを感じる。禅寺にしか持たない凛とした緊張感は、わしの琴線を見事に弾いてくれる。

見所たくさんなので、時間をタップリ予定に入れて、ぜひ訪ねてください。地理的には茨城県になるけど、坂東太郎、利根川を越えたら直ぐの県境だ。茨城県に、こんな寺があったのかと驚かされる。

f:id:wave0131:20170727200730j:plain

f:id:wave0131:20170727200724j:plain

f:id:wave0131:20170727200723j:plain

住職に揮毫いただいた御朱印は「なぜ、こんな文字が書けるの?」

思わず聞いてみたくなる。

お互い時間があれば、住職も快く話をしていただけるよ。

海雲山 長勝寺臨済宗妙心寺派茨城県潮来市潮来

 

長勝寺を出たら、二本松寺へ向かう。

しかし、その前にちょっと寄り道。

ホントは東関道を利用したら、東勝寺に行く前の、最初に寄った方が合理的。実はわしの場合はいつものように下道。だから、この順序になる。

f:id:wave0131:20170727200727j:plain

水郷、潮来の道の駅「いたこ」だ。

f:id:wave0131:20170727200732j:plainここも広い敷地で、人気の駅で、様々ななイベントも繰り広げられる。この時は、ポルシェが何台も並んだスポーツカーが展示され、賑わっていた。

そんなカッコよさとは正反対で、所帯染みているが、ここでも野菜を仕入れる。東京から約100km、都心と値段はほぼ同じだが、やはり中身は充実している。バスケットにいっぱい買っても、絶対金額は知れている。

この道の駅「いたこ」も長勝寺と同様に絶対オススメ。

f:id:wave0131:20170727200728j:plain

何のブログかわからなくなるから、次!

 

二本松寺。少し荒れ気味の境内だが、風鈴が涼しげな音色で迎えてくれる。

f:id:wave0131:20170727200733j:plain

f:id:wave0131:20170727200734j:plain

しかし、チラホラの参拝者の他に、人の気配がなかった。たびたび留守のことが多いのか、書置きの御朱印が分かりやすいところにあったが、日付けは無いわね。書置き大歓迎だけど、日付けを入れてくれるのが、もしくは既に日付けを入れてある、というのがイイわねぇ。自分で日付けを入れるのはチョット・・?

f:id:wave0131:20170727200725j:plain

f:id:wave0131:20170727200726j:plain

二本松寺・天台宗 茨城県潮来市堀之内

 

ここから北へ行けば、鹿島神宮まではスグだ。その鹿島神宮の参道へ続く道の脇に護国院がある。

北関東36不動尊霊場の札所でもある。

先に寄った2寺に比較すると、木々がまばらなせいか、境内は少し殺風景に感じる。でも成田山新勝寺と同じ木で彫られたと伝わる不動明王にご挨拶でした。

f:id:wave0131:20170727200729j:plain

f:id:wave0131:20170727200722j:plain

降魔山 護国院・真言宗智山派茨城県鹿嶋市宮中