にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

三条のノミ、雲蝶も使ったか?:御朱印:本成寺(新潟・三条)

西福寺永林寺など雲蝶の作品、所縁ある寺を見てきて、この寺を最後に雲蝶ともお別れになった 。

魚沼の永林寺からは50kmほど走らねばならなかった三条の本成寺(ほんじょうじ)。

 

雲蝶の作品がある寺社は、きっと他にもたくさんあるはずだが、あまりたくさん見ても感激はその都度、薄くなっていく!

ガツンとくるのは何と言っても新鮮さだ。

雲蝶には悪いが、3寺目になると食傷気味になる。

新鮮な生活から熟年離婚へと変化していく男女の関係と同じようなものだな。

例えも悪いが、西福寺では感激したものの彫り物に特別な興味があるわけじゃ無いから仕方ない。

 

後で知ったのだが、この寺に雲蝶が眠っている墓があるそうだ。

いつものように事前知識を多く持たないから見逃した。

見逃しても、まぁ、たいしてガッカリしてない。

普通、著名人の墓を訪れる時、その人の作品より肖像を思い浮かべることが多い。

しかし前回で記事にもしたが、雲蝶の肖像はないから墓に手を合わせに行ったとしても、本人の顔は浮かばず、作品だけしか脳裏に浮かばない。西福寺の強烈な彫り物だ。

だから墓を前にして亡き人を偲ぶというイメージではないわね、雲蝶の場合は。

 

それにしても赤門と呼ばれているこの寺の門はデカイ。さすが総本山。

f:id:wave0131:20180219203939j:plain

こういうアングルが好きなんで・・。f:id:wave0131:20180219203940j:plain

f:id:wave0131:20180219203929j:plainこちらは南側の山門(三門?)

f:id:wave0131:20180219203942j:plain

本堂f:id:wave0131:20180219203934j:plain

f:id:wave0131:20180219203935j:plain

屋根は正面からではなくこのアングルが好きなので・・。f:id:wave0131:20180219203937j:plain

f:id:wave0131:20180219203938j:plain

根本道場なのだ。

寺でよく使われている「根本」という言葉、言葉通りだろうけど、今ひとつ深く理解できない「根本」。f:id:wave0131:20180219203933j:plain

雲蝶だろうね。もうほとんど時間がなかったからウワッツラだけの参拝になった。f:id:wave0131:20180219203932j:plain

それにしても江戸・雑司が谷に生まれ、名声もそこそこ得ていた幕末の江戸を離れ、雪深い越後でノミを振るう雲蝶の最後は三条!

様々なキッカケが揃っていたとしても何で越後? なんで三条?

どんな人物だったのか想像しがたい。

幕末から明治の越後なんて、雪と山と田圃と畑だけ。他は何も無かったはずだ。

現在も大きく変わらないように思うが。

でも、彼に江戸から東京へ名を変えつつある都のニギワイは仕事のジャマだったのか?

しかし想像するに越後には刃物の「鑿」だけは雲蝶も納得の品があったかもしれない。

ゲージツ家は道具さえあれば、あとは想像力とそれを具現化する力があるのかしら?

 

三条のイメージは洋食器を作り出す町だ。

しかしナイフ、フォーク、スプーンは発展途上国に譲らざるをえなくなった。彼らの国の方が安くできたから、多分。

で、産業としてはかつてほどの活気はないかもしれないが、新たなイメージで三条の刃物が蘇っている。

 

東京に「合羽橋」という、飲食店様ご用達の街がある。

飲食店開業に必要な暖簾・のぼりに始まって、鍋釜の厨房用品・刃物、メニューサンプルまで見ているだけで楽しくなるほど何でも揃っている。

そこで売っている三条の刃物は最低1万円はしているかも? 上はキリが無い。

店には岐阜の関の刃物も同席している。

近頃はそれを多くの欧米人、特に仏・伊の男たちがタメツスガメツしている。

そして何本か仕入れていく! 包丁、ナイフを・・。

どうやってエアーで帰国するのか心配になる。無事自国して持ち帰ってよ!

日本の刃物でフレンチでもイタリアンでも創ってよ!

 

ということで雲蝶も、きっと三条の「鑿」使っていたのだと推測。

キレアジ、ホリアジが江戸の刃物より優れていて、ドンドン手が進んだ雲蝶は越後で数多くの作品を残すのだった」と勝手に想像する。

無責任に勝手に想像するほど楽しいものはない。どんな文献も知ったこっちゃない、誰にもジャマされない。

 

相変わらず、話がどこに飛ぶのかワカラナイ!

 

寺に戻る。

f:id:wave0131:20180219203931j:plain

f:id:wave0131:20180219203930j:plain

境内は広大で伽藍も整っている。塔頭も幾つかあるようだが覗いているヒマなかった。

二重の塔。f:id:wave0131:20180219203936j:plain

千仏堂。f:id:wave0131:20180219203946j:plain

f:id:wave0131:20180219203941j:plain

境内を出て寺を眺めてみる。この時期はグリーンと朱の対比が際立つ外からの眺めの方がいいようだ。f:id:wave0131:20180219203943j:plain

明るく真っ赤な朱色は軽薄さを感じるが、少しくすんでいる深く暗い朱色は歴史も感じさせ、浮き足立ってなく落ち着きがあるね。f:id:wave0131:20180219203944j:plain

f:id:wave0131:20180219203945j:plain

f:id:wave0131:20180219203928j:plain

 

長久山 本成寺法華宗陣門流 総本山・新潟県三条市西本成寺

 

この寺は、時間的余裕を持ってジックリ対峙すべき相手だったようだ。

と思うけど、それにしては上の写真をご覧のように、境内はシッカリ手が入っているが、GWの夕方近くは人っ子一人出会わなかったわねぇ。

御首題は笑顔で対応いただいた。さすが日蓮宗

おっと、法華宗だった。まぁ日蓮さんを宗祖とするのは変わりないな。