御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

星の数ほどある御朱印ブログとは異なるナナメで、ドクっぽくて、全く役に立たないブログをどこまで続けられることやら!

白山神社 チョット寄って見た紫陽花

賑わいは白山駅周辺から始まっていた。

 

f:id:wave0131:20170612124911j:plain鳥居をくぐり、階段を上る。境内は模擬店が所狭しと並んでいる。

f:id:wave0131:20170612125730j:plain

拝殿の前、こちらも参拝者が長く並んでいる。

 

f:id:wave0131:20170610225016j:image

拝殿にとりつくまでに少しシンボーが必要ね。

いつからか、神社参拝は皆な行儀が良すぎるようになったと感じてる。1人か、カップルか、家族などのグループなど、必ず1組の参拝がきちんと済むまで、次の組は進まない。もう少し賽銭箱の前を横に広がって2組、3組が一緒に参拝しても良さそうなものを、といつも思う。参拝中の人の隣に進み出て参拝。それは決して失礼な事ではないはず。そうすれば長い列も少し緩和される。この写真もそうだが、参拝者が1人でも、その横に進み出るような事はしない。賽銭箱がある程度大きく、3、4人はその前で並べそうな神社であっても行儀良く1組ずつ。やけに長く手を合わせている人もいる。おかげで列は、さらに延びるだ。本坪鈴が複数ある拝殿では、少し様相が異なる時もあるわね。

それにしても、そんな余りの行儀良さの割には、ほとんどの人が賽銭を放り投げる。正月の大きな神社で人の頭越しに投げ入れるのは、やむを得ないとしても、1組ずつならば、賽銭は「落とし入れ」れば良いものを放る、投げる。その2つの姿のアンバランスさに首を傾げるのは、わしだけ?

まぁ、賽銭箱は形として奥行きも深いし、機能的には投げ入れる事を想定したものだから、それで良いのかな? それでも、わしはできる限り差し出す気持ちで「落とし入れ」る事にしよう。

f:id:wave0131:20170610225047j:image

f:id:wave0131:20170610225129j:image

 

f:id:wave0131:20170612124028j:plain

社殿の裏が公園。広くもないけど、小高い築山のような場所があり、ここにも列ができていた。

紫陽花は3000株と言う事だが、一面の紫陽花という訳にはいかない。23区内となると、これ以上を望むのは無理という事でしょうね。あじさい祭は来週の日曜18日までだそうです。

f:id:wave0131:20170612122754j:plain

御朱印は予想通り、書置きのだけの対応。これには首を傾げる理由はないわね。

 

f:id:wave0131:20170610225348j:image

白山神社・東京都文京区白山