読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログですが、ここはかなりテキト! 無責任 ! あしからず。

撫でる 廻す 掛ける 回向院は“削る”ご利益

数年前の5月、この日は回向院門前が普段とは違い何となくざわついていた。ここが目当てではなかったが入ってみた。角塔婆が建てられ結縁紐が結ばれていた。

善光寺の出開帳だった。

せっかくだから、1年以上前の江戸三十三観音以来であった御朱印をいただいた。さすがにこの時は並ばされたが、それでも10分か15分位でガマンが勝った。

f:id:wave0131:20170518151033j:plain

f:id:wave0131:20170518151951j:plain

その1年前の2012年は何やら工事中で雑然としていたように記憶。綺麗になって和モダンな建築物が完成していた。「新念仏堂」というらしい。なにしろ人の数がすごい。さっさと退散しようとしたが、もう一つ人だかりが出来ていた。何事か?頭から追い出せないミーハーな気が騒ぐ。

覗いた。数人の若者が大きめの白い石の塊を削っていた。

削られた石の粉を持ち帰っていく。こんなもの1年前にあったろうか? 鼠小僧次郎吉の墓石の真ん前だ。

周りの案内看板などを見ると「こちらのお前立ちをお削り下さい」とある。「お削り下さい」とは何となく引っかかる敬語だが、まぁ、イイ。甲子園の砂を袋に詰める高校球児の姿が頭に浮かんが、二つは相当かけ離れた思いだろうね。こちらはご利益狙いだろうが、次郎吉、何のご利益だ? ある程度想像はつく。

f:id:wave0131:20170518155028j:plain

後日ネットで調べた。ご利益、何でもありだった。オールマイティだった。金運、勝負運、スルリと入学の受験運、仕事運、持病平癒・・・パワスポだ。

以前は後ろに建つ硬そうな墓を削られていたが「このままで大丈夫かしら?」と次郎吉も正に身を削られる思い。そこで寺院側が「お前立ち」を置く。削り取りやすい石で、当初は普通のどこにでもある墓石の形で、戒名もしっかり読める。が、瞬く間に彫られ、戒名は消えてなくなり、全体も原型をとどめなくなる、何回も石を取り替える、という流れかしら?

強欲?な善男善女のパワーは、次郎吉が欲しいくらいかもしれない。

エンタメってところかなっ?回向院もこれで訪れてくれる人が多くなったということだろう。寺社には気晴らし・余興、エンタメが必要だ。牛をナデナデ、びんずるさんをナデナデ、重軽石をアゲアゲ、水をかけてタワシでゴシゴシ!経蔵で輪蔵をグルグル、マニ車(後生車)もグルグル、御籤はガラガラ、そしてゴリゴリ削る石!

みなさん真剣には捉えないだろうが、真剣に疑いもしない!この時だけ欲張りになってどこが悪い!いっぱいお願い事をしてください。わしは見るだけにしよっ!

諸宗山 無縁寺 回向院・浄土宗・東京都墨田区両国