御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

星の数ほどある御朱印ブログとは異なるナナメで、ドクっぽくて、全く役に立たないブログをどこまで続けられることやら!

いい天気 どこかに行きたかったわねぇ!

昨日、今日、関東地方は初夏の陽射しと、爽やかな風が絶妙なハーモニーを奏でている。梅雨、真夏を目の前にして、短い間だけど寺社巡りにも最高のシーズン。しかし、わしは何処にも出かけられていない。今年に入って泊まりがけで遠方にも行けてない。

GWに北陸4泊の予約をキャンセル

總持寺、妙成寺、瑞泉寺瑞龍寺の拝観予定が消えた。那谷寺、永平寺も消えた。何故消えた。理由がある。が、話したくない。ならブログにしなければ良いのにぃ。矛盾だらけね。日々、鳴り響く矛盾まみれの世界に生きているから、そんな自分には動じない。単なるヘンジンか? かもね!? 少なくとも「ヘンな人ねぇ」と言われる事も少なくない。わしに言わせれば「アンタこそヘンよ」であった。わしには一般、普通、平凡の塊の時の場合が多いのだが。

f:id:wave0131:20170604145632j:imagef:id:wave0131:20170604145829j:image

見て!こんな庭に少し感動して、毛氈に座り、写真にして、ブログにする。相当「平凡」でしょう?「並」の先生だ。この写真の場所が京都だったら「マエストロ・普通」だ。が、写真も下手だし、京都でもない。話は脱線するが、イヤそもそも、まだ今日のタイトルも決めてないから話の脱線のしようもない。その〜っ、人々の普通のブログを拝見していると、皆一様に写真がキレイだ。キレイ過ぎる。カメラがヨイのか、腕がヨイのか感心するばかり。御朱印ブログの寺社写真など、プロか?と見紛うものが多い。わしに多いのは目を覆いたくなる写真、何故だ、大いに悩ましい。人の羨むような写真は載せない流儀だが、寺社は別にしておく。美しい写真が撮りたいわね!

f:id:wave0131:20170604155046j:image

お庭の写真は、ここね。

英雄でもあり、変人でもあった尊氏所縁の寺。鎌倉で書院、客殿に上がれて庭を眺めてゆっくりできる寺は少ないわね。外に出て境内の裏手に回ると、変人英雄の墓塔が700年間も静かに待ち続けている、あなたが訪れてくれるのを。

佳景な寺の詳細は素晴らしい観察眼、考察力、記憶力を持った方々にお任せね!

宝亀山 長壽寺・済宗建長寺派・神奈川県鎌倉市山ノ内