御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

秩父早春の空気は凛としてる:御朱印:秩父34観音❷/2番 真福寺〜6番 卜雲寺

秩父の3月の平均気温は10℃くらいだ。東京と大して変わらないが 2、3℃低いことになるようだ。

この温度だとチョット雪が降ると、なかなか溶けにくい。

そんな残雪がある寺々は、みな凛としている。まだ本格的な春前の空気の冷たさが、キーンと張り詰めた感じを抱かせるのかもしれない。

春も本番になり気温が緩むと空気も緩む、人の気持ちも緩む。キーンは消える。

澄んだ空と、この凛とした空気感は冬だけのものだろうね。底冷えの真冬だったら、そんなことを感じる余裕などありゃしないかも?

 

寺には何処にも「凛としているよ」というカンバンは無いが「納経はこちらです」と、案内する小僧のカンバン、案内板は1番から34番まで迷わないように巡礼者を導いてくれる。

江戸33とか鎌倉33には、この小僧さんがいないなぁ。武蔵33はあるかな?

愛嬌のある小僧さんの看板を見ると、ホッとすると同時に、励まされる気持ちになって、思わず自分も笑顔になるわね。

完璧なミスマッチだ。

f:id:wave0131:20170818123306j:plain

 

札所2番の真福寺観音堂は山の上にある。この日、観音堂に続く細い車道は積雪のため通行止だった。麓の納経所・光明寺のお参りだけで御朱印をいただく。

歩きなら、行けたようだ。

だったら、歩いて行けよ!

クジけた! ズルした!

完璧なインチキだった。

いつか季節の良い時を見計らってリベンジ、行かねばならぬ!

f:id:wave0131:20170817190241j:plain

f:id:wave0131:20170817190249j:plain

2番 大棚山 真福寺曹洞宗・埼玉県秩父市山田

 

秩父の札所は、こじんまりとしている寺も多い。小さな寺は本堂に観音様が安置されているが、広い境内を持つ寺は観音堂がある。うっかりすると本堂だけのお参りになってしまう。そんな時は、のぼりが目印だよ。

f:id:wave0131:20170817190242j:plain

f:id:wave0131:20170817190248j:plain

3番 岩本山 常泉寺曹洞宗・埼玉県秩父市山田

 

f:id:wave0131:20170817190243j:plain

f:id:wave0131:20170817190246j:plain

4番 高谷山 金昌寺・曹洞宗・埼玉県秩父市山田

 

千社札には詳しくないが、昔は御朱印をいただいて千社札を貼る、というのが定番だったのかしら?

現在は指定文化財などになっている建物は貼ってはいけない。犯罪になる。

しかし、秩父千社札が多い。これも寺、建物の風格を表し、スッカリ札所建物に馴染んでいる風景はキライではない。煩雑ではあるが汚らしい、とは感じない。何か威厳さえ感じる。

それにしても人の背丈を優に超えた箇所に貼るには、どのような方法を取っているのか?

中には人の胸ほどの高さがある柵で囲まれている仁王門の内側奥、仁王さんの背後に貼ってある札もある。

ハシゴ、肩車、柵内に入る?

いや、考えにくい。

やはりカメラの自撮り棒のようなものを使うのだろうか?

貼っているところに鉢合わせたことがないからワカラン!

江戸時代からの風習は別にして、今も貼る人はラクガキと同様に

完璧な自己顕示かしら?

だって、扁額の文字も負けそうなくらい、デカイ文字の千社札が、ジャマ臭く、これ見よがしに威張っているものもあるから。さすがコイツは風景を撹乱し、許しがたい。

そんなに自分の名を知らしめたいのか?! 何なのよ?

日常生活で余程 恵まれない思いでいらっしゃる方々なのか?と勘ぐってしまう。

千社札のルールは全く知らないが、御朱印収集者が批判のマトにならないように、それぞれのカタチでいいから、最低限のルールを持っていよう!!!!よね。

f:id:wave0131:20170817190244j:plain

f:id:wave0131:20170817190247j:plain

5番 小川山 語歌堂・臨済宗・埼玉県秩父郡横瀬町横瀬

 

f:id:wave0131:20170817190245j:plain

f:id:wave0131:20170817190250j:plain

6番 向陽山 卜雲寺・曹洞宗・埼玉県秩父郡横瀬町横瀬