御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

サッサと日光行きの準備をしろ! ノンビリしていると紅葉が終わる:御朱印:二荒山神社・中宮祠

東京を基点に日光への足を思うと、車より東武線を使う方がベストかも。

日光山内に着いたら、ほとんどの時間をそこで費やす事になり、車で移動する時間などないはず。

輪王寺東照宮二荒山神社、大猷院を巡って御朱印をいただいていたら、いろは坂を登り中禅寺湖まで行っている余裕は絶対ないわね。

それぞれの寺社でいくつもの御朱印をいただけるから全部欲しくなる。

そこへもってブームだから御朱印を求める人が並ぶこと必至。

さらに今年は東照宮の国宝、陽明門が化粧直しされ公開されているから、かなりヤバイ!

世界中の人が集まっているような思いにさせられるはず。

 

それでも行ってみましょう! Nikko !  Go !  Go !!

 

思い立ったら、東京は東武浅草駅へ。

浅草駅はアジア系などの観光客が溢れかえっている。

 

諸外国の観光客から何か尋ねられたら、日本人は「おもてなし」人間ばかりではないよ! と、かわしてホームへの階段を駆け上がればいい。

ワシだって、不親切ではない。「おもてなし」以上の行動に出る場合もある。

 

でも四六時中、相手にしてられない。自分優先でイイのだ。

いや、ホントーに困窮してそうだと判断した時は「めいあいへるぷゆー」と日本語で声をかけるときもある。

 

そんな事はどーでも良い。

ホームへの階段を駆け上がったら、発車の電光掲示板を見て、どれでも良いから一番早く発車する日光行きの電車に乗ってしまう。

乗車してからゆっくり考えれば良い。

乗ってるのは普通車?特急? どうにかなる! 途中で乗り換えればいいのだ。

f:id:wave0131:20171011204328j:plainきっと、間違いなくこの駅に着く。

駅を出て遠方に目をやれば日光連山の一部か、山並みが確認できて、日光まで来たんだという実感がわく。

f:id:wave0131:20171011204327j:plain

駅を降りて大混雑のバス利用も良いが、日光山内入り口「神橋」まで約1.5kmだ。

歩け!

歩道は、ソコソコ広い! スタスタ歩くにストレスは無い!

f:id:wave0131:20171011204329j:plain

迷う事は無い1本道だ。やがて神橋にたどり着く。f:id:wave0131:20171011204330j:plain神橋周辺は賑わっている。

車の人はこちら。

f:id:wave0131:20171011204332j:plain

 

天海僧正が迎えてくれる。

f:id:wave0131:20171011204334j:plain

f:id:wave0131:20171011204331j:plain

f:id:wave0131:20171011204335j:plain

f:id:wave0131:20171011204333j:plain


山内に入れば紅葉が目立つ。
f:id:wave0131:20171011204337j:plain

f:id:wave0131:20171011204336j:plain

f:id:wave0131:20171011204338j:plain

f:id:wave0131:20171011204339j:plain

f:id:wave0131:20171011204340j:plain

f:id:wave0131:20171011204341j:plain

f:id:wave0131:20171011204343j:plain

東照宮ほどではないが、二荒山神社拝殿前はきっと列をなしている。f:id:wave0131:20171011204342j:plain

 

f:id:wave0131:20171011204325j:plain

f:id:wave0131:20171011204326j:plain

日光二荒山神社・栃木県日光市山内

 

中宮祠は別時期、夏の写真。

f:id:wave0131:20171011205629j:plain

f:id:wave0131:20171011205630j:plain

f:id:wave0131:20171011205631j:plain

f:id:wave0131:20171011204324j:plain

 
 

二荒山神社 中宮祠・栃木県日光市中宮

 

幸の湖?

 

奥日光湯元にある温泉神社無人御朱印中宮祠でいただける。

f:id:wave0131:20171011210423j:plain

温泉神社・栃木県日光市湯元

 

日光はどこにも逃げはしない。

だが、この時期の日光は「この時期」だけなのだ。

それ行けーーーーーーーー!!ニッコー!