御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

舘山寺 浜名湖だ!鰻だ!イヤしらす丼

浜名湖に突き出たような、半島のような低い山の麓に舘山寺はある。周りは温泉あり遊園地ありビーチあり、動物園、マリーナと何んでもありの風光明媚な観光地だ。山を背にした小高い位置にある寺の境内はちょっと狭い。

f:id:wave0131:20170604015019j:image

御朱印をいただいて、眼下に見下ろす内浦を行き交う遊覧船や、その空中をいくロープウェイやらをベンチに腰掛け眺める。飽きない。子どもに還ったようにたわいない。親切でないから写真は載せない。寺社の写真は別として、だいたい人が「わぁー!」と言うような、誇示するような写真は極力載せない。その前にわしには美しい写真が撮れない。人が載せたものも見たくないからだ。ヒガミかしら?どーも気持が歪んでいるわね。そんな載せたくない景色はボケーッと見てても飽きないが、お腹は満たしてくれない。ごはんにしよう!

浜松、浜名湖と言うと「うなぎ」だ。土地っ子は別にして、楽器より有名で、何故か定着している。生産量を県別でみると静岡県は4位なのにだ。1位が鹿児島、2位愛知、3位宮崎だそうだ。それも1〜3位を足した10分の1ほどが静岡県の生産量だ。魚類だから水揚量と言うべきかしら?養殖だから、やはり生産量にしておこう。きっと「うなぎパイ」の「水揚量」は静岡県が日本一だろうねっ。そんな事はどうでも良い!ごはんだ。

浜名湖まで来たが、わしは「秋刀魚は目黒」「うなぎは成田」と決めている。だから鰻は食べない。だいたい高すぎる。3,000円以上出さないと口にできない。他のものにする。車で来た道の温泉街を戻る。テキトーな店が見つからない。どんどん南下して海っペタの国道1号まで出てしまった。バイパスのようだ。浜名湖周辺は諦め、豊橋辺りで探すといたしますか。流れの良い走り易い道を西にハンドルをとる。

おおっ、道の駅「潮見坂」がある。高速のサービスエリアは好きではないが、道の駅は好きだ。2つのどこが違って、わしの中で好き嫌いに分かれるのか、自分でもよくわからない。山際の道の駅なら大概、野菜の直売所を併設しているからか?確かに安い新鮮野菜を漁るのは好きだ。それもあるが、決定打ではないな。SAだって直売所を併設しているところもあるしぃ!とにかく見つければ寄る道の駅、寄ってみる。

レストランの入口でメニューを見る。鰻と比較して極端に小さい魚がいた。余りに小さ過ぎる。「しらす」だった。確か鰻も稚魚か稚魚になる前は、総称で同じ名前のはずだ。こいつにする。不味かったら、しらすと心中ということになる。正確な値段は忘れた。1000円出して150円以上お釣りがきた「しらす丼定食」だ。とりあえず値段は気に入った。

出てきた。高級料理でない。安い。だから写真を載せる。写ってないが味噌汁とお新香、しらすにかけて食べるポン酢のような味のタレが一緒に出てきた

f:id:wave0131:20170604020403j:image

ごはんが見えない。鰻でごはんが見えなければ5000円だ。こちらの方は800円チョット!優等生価格だが、鰻に勝てるのはこの数字だけかもしれん。成田山新勝寺参道の鰻屋に最後に入ったのはいつだ? 成田を裏切って鰻にすべきだったか?と思いながら、しらすにタレをかける。ウズラの卵もチョット混ぜる。口に運んだ。心中せずにすんだ。どころか口の中と胃袋は生き返っている。大葉も脇役をしっかり固めている。鰻にかける山椒に負けてない。超小さいしらすが、大した奴だと見直す。大満足!

「秋刀魚は目黒、鰻は成田」仲間が増えた「しらすは潮見坂」。

秋葉山 舘山寺曹洞宗静岡県浜松市西区