御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログ、ここはかなりテキトー! 無責任 ! あしからず。

鶴ヶ城は白かった 志村けんのように白くケンザイだった

東日本大震災から4年後の鶴ヶ城。震災時で熊本城のように大きなNewsになっていないから被害は少なかったようだ。震災当時リニューアル中だったような記事も見たが、確かな情報は把握はしていなかった。わしは基本的に城には大きな興味がないのだった、だったのだ。まぁ最近、そんな興味も少し変化してきたようよ。歴史に城は欠かせられないものだからね。

f:id:wave0131:20170531205614j:plain

鶴ヶ城とのご対面は2度目かも?かも?だ!覚えは希薄だ。いや、やはり2度目だ。1度目の会津若松への旅は電車だった。同行した男共のせいか、わしの軽薄さのせいか、浅草から出た電車が何処で乗り換えがあったのか、無かったのかさえ覚えが無く、若松の駅に降り立った時、脚はフラフラ、気持ちはヨロヨロ、眼はオドオド、頭はスカスカだった。酔っていた。車内のビールで出来上がっていた。たかがビールである。しかしその頃、わしはアルコールに弱かった。あれから何年?今でも強くない。それでも「せんべろ」を2、3軒はイケるくらいに「成長」している。で、成長する前に降り立った駅から若松城に向かったようだわ、よう、なのだ。その工程どころか、向かった先の城さえ明確な記憶がないわね。明確ではないが見たような、見てないような、心許ない記憶の城は曇っている、グレーだった。微かに瞼に蘇る色は、こんなに白く、志村のバカ殿のようではなかった。記憶が何処か他の城と混同しているのかしら? 真っ白じゃないか! これでイイのか? あまりの白さは西の白鷺城も物議を醸している。だが城はシロかクロだ。これでイイのだ。f:id:wave0131:20170531205627j:plain

f:id:wave0131:20170531205541j:plain

 

しかし、日本の長い歴史の上では、ついこの前、そんなに遠くない出来事として、会津を守るべく、八重がスペンサー銃をぶっ放していた事実を、この城の白さと重ね合わせて思い起こすのは、難しいわね。

会津若松鶴ヶ城鶴ヶ城稲荷神社・福島県