御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログ、ここはかなりテキトー! 無責任 ! あしからず。

車に「轢」かれて輪王寺

f:id:wave0131:20170512195223j:plainf:id:wave0131:20170513193633j:image

神橋、渡り賃300円也。ケチるほどの金額でもないが渡らなかった。橋のたもとで御朱印だけいただく。同じ300円だ。渡ろうとしなかった橋を眺めながら、そう言えば日本三奇橋、猿橋錦帯橋も渡っていた事を思い出し、神聖な神橋だけ眼の前にして渡らないのも神に失礼ねっ?!

さて、輪王寺へ向かう。名残りの紅葉が綺麗だ。駐車場脇で思わずカメラを構えた、次の瞬間、カメラのモニターがあるはずの眼の前には地面が広がっていた。何なんだ!? 顔を巡らした。わしは倒れていたのだった。立ち上がろうとした。左足が動かない。なぜだ?倒れたまま足元に首を回した。驚愕だった、事もあろうに、なんとわしは車に轢かれていたのだった。正確に言えばコンパクトカーのリアタイヤがわしのスニーカーを踏みつけていた。倒れて横になったスニーカーのゴム底の部分だけ縦に押しつぶしている形だった。足は潰されてないようだが、ゴム底だけヒシャゲた形でタイヤが乗っているから足は抜けない。車はまだジワリとバックしてくる、青ざめた!大声を出せば良いものを、わしは上半身だけ立ち上げ、スニーカーから足を抜こうとモガいた。ようやく車の運転手が気づいたようだ。バックしていた車が反転、前進した。足が解放された。助かった、立ち上がった。何ともなかった、柔道の受け身も知らないが打身もなさそうだ、カメラも無傷だった。神橋を渡ったおかげか?いや渡ってなかった、ないがしろにした。何事も無かったが、災難なのか、幸いだったのかワケ分からなくなった。

状況は、紅葉を撮ろうしていたわしに気づかず、運転者がバックした車のバンパーが、後ろ向きのわしの膝の裏側あたりをトンと押した形のようだ。膝の裏側を不意に押されると誰でもガクンとなる。か弱いわしは、そのまま押され続け倒されたのだ。情けないやら、腹が立つやらだが、車を降りて平身低頭する中年夫婦にヒステリックにもなれずブツクサ言いながら許す。わしがケガでもしてたら、結果、両者もっと不幸になる。災難だが、幸いだったとすべきだろう。

念のため、紅葉の代わりに、その中年夫婦のコンパクトカーのナンバーをカメラに撮った。そのナンバーは「42-65」、ん?「シニゴロ」? まだ少し動揺してたわしは1桁入れ替えて読んでいた。それにしてもいただけない番号だ。家康、家光と同じ世界へ行くのはまだ早い。

 ここは善光寺ではない。「車に轢かれて輪王寺

 f:id:wave0131:20170513194227j:imagef:id:wave0131:20170513194256j:imagef:id:wave0131:20170513194322j:imagef:id:wave0131:20170513194340j:image

わしは不幸中の幸いとして真剣に感謝し手を合わせていた。

次回また日光を訪れる機会があったら、神仏域の玄関である「神橋」をまず渡ろうと心に誓うわしだった。

日光山 輪王寺・大猷院・天台宗門跡寺院・栃木県日光市山内