御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

新宿十二社 熊野神社 花園神社・明治神宮 三社はそれぞれから歩いていける距離

f:id:wave0131:20170511133206j:plain

遠い昔、新宿5丁目に数年住んでいた。現在の表通りは高層建築ばかりで一見華やか。しかし一歩路地に入ると瀟洒な住宅、小さなマンションはできたが、今でも昔と大きな変化のない完璧な住宅街だ。アパート、コーポ、一軒家が、昔と全く変わらない小さな路地を挟んで、ひしめき合っている。好きな街だった。

f:id:wave0131:20170511133451j:plain

現在ほど神社に特別な興味は抱いていなかった当時、ある冬の夜、ある人と花園神社の並びにある地下の飲み屋でサントリーホワイトのボトルを囲んでいた。安い酒だが、当時は「ホワイト」で十分だった。たいしてアルコールに強くもなかった。2人でボトル半分開けたほどで、わしはもうかなり酔いが回っていた。すっかり夜も更けた頃、外へ出た。雪だった。フラフラ雪を踏みしめ花園神社境内へ入った。参拝もしなかった。参道で愚かにも二人で雪合戦をして大笑いした。いい年した大人二人の手は雪玉を投げあっていた。まったくタワイナイ! その人の気持ちがわからないほど愚かではなかった。しかし、その後何事も起こらなく時は過ぎた。遠くなった昔の話よ。

f:id:wave0131:20170511133232j:plain

時が過ぎたある正月、ある人と明治神宮参道を歩いていた。拝殿で合わせた手、帰りの参道では二人の手は繋がっていた。わしの手は少し汗ばんでいた、冬なのに。1年も経過しないうちに、どちらからともなく連絡はなくなっていた。遠くなった昔の話ね。

 

f:id:wave0131:20170511133822j:plain

さらに時が過ぎた。近所の熊野神社、当時は神社のバックに高層建築はなかった参道を、ある人と拝殿に向かっていた。やはり手をつないでいた。手は汗ばんではいなかった。遠い昔の話だわ。

しかしその相手の手は今は、わしの首根っこをつかんでいる。手をつなぐことはない。遠い昔の話にしたい、現在進行形の話だよ。