にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集目的には殆ど役立たずなブログ!かも

東京 田端・東覚寺の御朱印 〜 初めて手にした御朱印

白龍山 東覚寺真言宗豊山派・東京都北区田端)

谷中七福神福禄寿御朱印です。f:id:wave0131:20180911151801j:plain

記念すべき第1体なのだが、この時点では朱印収集の考えはなかった。

だから「感慨一入」というわけではない。

 

▼本当は谷中七福神のカラフルな色紙を求めようとしたのだが、正確に伝わらなかったようで集印帳に御朱印が押されたものを手渡された。まぁ、いいか!f:id:wave0131:20180911151802j:plain

f:id:wave0131:20180911151806j:plain

f:id:wave0131:20180911151803j:plain

f:id:wave0131:20180911151805j:plain

▼2011年。

まだこの頃は朱印帳を持ち歩く人より、色紙に朱印をいただく人の方が多かった。

案内も「納経・朱印受付」とあり、「納経」が先に表示されている。f:id:wave0131:20180911151804j:plainそして御朱印をいただくために並ぶこともなかった。

しかし、さすが谷中七福神、超有名である。正月も十日であったが、まだまだ多くの参拝者が見かけられた。

 

江戸時代中頃に7つの社寺を巡る形が整った七福神巡り。

7つの福を授かり、7つの難を逃れるというものだが、明治・大正期には一旦廃れる。

そして昭和に入り、高度経済成長時代に復活。

2010年前後からのTVなどの「散歩」ブームもあり、七福神巡りは完全にリバイバル

その後、御朱印ブームが重なって七福神巡りは拍車がかかり、現在(2017年)までそのブームは過熱状態。

 

御朱印ブームは「猫も杓子も・・・」という言葉がピッタリ!

もちろん、わたしも「猫」か「しゃもじ」の一人、という扱いになってしまっている。