御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

御朱印収集にはほとんど役に立たないブログ!どこまで続けられることやら!

神社

加賀一宮&「金券?宮」→サンソン→オドロオドロ秘湯「湯谷温泉」:御朱印:白山比咩神・金剱宮/北陸Tour❻

北陸3日目の朝、加賀国一宮の「白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)」に向かうね。 ▼北参道、南参道もあるけど表参道から境内へ。 ▼何処かを思い出しそうなデジャヴな、ため息が出そうなイイ感じの参道。 ▼800歳。現代の人間10人分、10世代分生きている。…

森と苔が記憶している中世の「まほろば」巨大宗教都市 & 秘湯を守る会「白山温泉」:御朱印:平泉寺 白山神社/北陸Tour❸

中世の越前には宗教都市が2つあった。 1つは現あわら市に蓮如が開いた「吉崎御坊」。 名称は御坊だが都市を形成していたはず。ここは1506年、朝倉氏により葬られている。 もう1つは泰澄によって開かれ、巨大宗教都市となった「白山平泉寺」。ここも1574年、…

「御朱印でクイズ」マニア度診断(東京限定)、そして出た!恐怖の「ピチャピチャ」女:御朱印:久伊豆神社

ネタギレ。 未掲載の御朱印はあるものの、伴なう写真や記事がまとまらない。 苦し紛れでクイズにする。 しかし、こうして御朱印も墨書き部分だけにして改めて見てみると、それぞれ書き手の個性が強調されて、文字だけで人を魅了させる感性に驚くばかり。 さ…

美登利と信如の跡を追って、半日で16の御朱印を得る歩き方:御朱印:千束稲荷神社・吉原神社・三島神社

「廻れば大門の見返り柳 いと長けれど・・」 樋口一葉「たけくらべ」の冒頭部分。 1895年(明治28年)に発表されたこの小説中の主人公、美登利、信如そして正太、長吉、三五郎の少年少女たちが活き活きと暮らしていた竜泉・千束の町を歩いてみる。ガラにもな…

「不寝」はツツジ満開! 130年前は遊女たちが満開だった:御朱印:根津神社

この記事を ほぼ8割ほど叩き終わったところで mac がハングアップ! 凍った! 悔しいったらアリャしない。途中で「下書きを更新する」にしてない。 普段 Firefox、Illustrator、Photoshop、Acrobat、Excel、メール、写真と、6つ、7つくらいは常時立ち上がっ…

まもなく、一目千本、一目千人の吉野山:御朱印:吉水神社・勝手神社

そろそろ桜の開花情報がTVなどでウルサイくらい放送される季節。 時の移りが速すぎる。小学生の頃は正月から桜の時期までは、もっと時間が長かったはずだ。 どうも今はその頃とは違う次元で生きてるようだ。 花見で真剣に浮かれるほどミーハーではないつもり…

世界遺産・吉野山はアクビが出るほどヒマそうだった:御朱印:金峯神社・吉野水分神社

奈良県吉野山は世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に含まれる。 しかし、この世界遺産は少し混み入っている。 どこが? 何が? 世界遺産? なの? というのも「原爆ドーム」が世界遺産というのはイメージしやすく、訪問した事のある人ならすぐに理解で…

奈良県はすべて山の中? 山鳩と龍神に出会う:御朱印:丹生川上神社上社

前回まで新潟・魚沼の記事を7回続けた。少し新潟の話は飽きた! 上越方面の話は別の機会にするとして、話を一気に関西方面に飛ばそう。 昨年8月頃「秩父路はすべて山の中」という記事を書いた。 そして今回の記事、奈良県も下の google map 航空写真のように…

龍と、山と、海と:御朱印:八海山尊神社・普光寺・千手院

前回記事の龍谷寺の門を出て視界の開けた場所に出ると八海山。たぶん!独立峰でもないし、山に詳しくないからよく分からない。 何れにしても霊山だが、富士霊峰をはじめ、日本中の主な高山はすべて霊山と言っても過言ではないんだろうなぁ? と思うくらい霊…

あなたのお賽銭はいくら?:御朱印:住吉神社(東京)・龍神社

お賽銭も格差社会を反映しているのか? 前回に次いで、またお金の話でチョッと、ウッウッウッ、心苦しい! けど、御朱印収集のみなさんは普段のお賽銭はいかほどなのか? 他人のことがケッコー気になるものの、その金額は見当もつかない。 縁起と語呂合わせ…

高いか安いか? 御朱印代「お気持ちで…」と言われた時どうする?:御朱印:芝大神宮・等々力玉川神社・東大島神社

神社とは何の関係もない屋根。 東京・芝大門交差点脇の公衆トイレの屋根。 始めから話はトンでしまうが、日本の都会はいつの間にか公衆トイレが綺麗になり、ペーパーも必ず備えられている。数・質ともに世界的に見てもNo.1の位置にあるんだろうね。それどこ…

吠えているか? 正月の「ライオン」と「牛」:御朱印:三囲神社・牛嶋神社

ライオン神社&牛神社 現実にあるわけない。カッテに名付けた。 牛天神というのはあったね! 牛さんは天満宮、天神さん、他にもたむろしてるから珍しくない。狛犬だか狛牛だかわからない神社もある。 しかし「狛ライオン」は珍〜〜んだ。 本当は狛ではないし…

2018御朱印で七福神⓴荏原:御朱印:小山八幡神社・魔耶寺・法蓮寺・上神明天祖神社・如来寺・東光寺・大井蔵王権現神社

正月七草に荏原七福神を巡ってきた。 東京都心部に比べ、また同じ品川区内の東海七福神より、やや人気薄な七福神だろうと勝手に思い込んでいた。 しかし、東急電鉄がスポンサーにもなっているのか「もう一つの荏原七福神めぐり」という通常の七福神巡りと並…

2018 元日 御朱印 東京 下町 寺社 夕方 七福神 様子 その2

前回、東上野の下谷神社から浅草七福神の鷲神社に寄ってみた。 浅草寺や浅草神社は当たり前に混雑が予想されるから行ってみる気はない。 もう5時になっていた。 冬は陽が短い。写真だとすっかり夜だが、観光バスも来ている。 参道を進んで小鳥居あたりから参…

2018 元日 御朱印 東京 下町 寺社 夕方 七福神 様子 その1

あけましておめでとうございます。 行儀の良い挨拶だ。 ヒネクレモノの挨拶としては 「何がめでたい、正月」 こちらの方がシックリするから厄介だ。 でも元旦だ、やはり午前中に雑煮とお屠蘇は人並みだ。さらにおせちを友に焼酎お湯割にジントニック。そして…

御朱印で七福神⓯亀戸:御朱印:常光寺・東覚寺・香取神社・普門院・天祖神社・竜眼寺

2018年、七福神はどこに行く? 東京もしくは近郊の方に、七福神でこんな御朱印がいただけますよ、と連載して15回目の今回は亀戸七福神。6ヶ所だが住所もすべて墨田区亀戸。あっという間に巡られるかも。大外から巡り始めた。 寿老人/西帰山 常光寺・曹洞宗…

御朱印で七福神⓭下谷:御朱印:真源寺・元三島神社・英信寺・法昌寺・ 弁天院・飛不動正宝院・寿永寺

今回はまた23区内に戻ります。 下町です、東都です、下谷です。 この時は一緒に本尊の印がいただけるとは思っていなかった。だから同日には本尊印をいただいていない。だから御朱印はシンプルな掲載になる。 メトロ日比谷線「入谷」から巡った。 入谷鬼子母…

御朱印で七福神⓬武蔵野吉祥:御朱印:大盛寺・武蔵野八幡宮・安養寺・大法寺・延命寺・杵築大社

今回は東京23区内から外へ出ます。 「武蔵野吉祥七福神」は4寺2社で構成されている武蔵野市の七福神めぐりだが、東京の人間でも武蔵野市と言ってもピンとこない。 ピンとくるのは「吉祥寺」なのだ! ネーミングも「吉祥」となっているが、埼玉にやはり「武蔵…

御朱印で七福神❿千寿:御朱印:元宿神社・大川町氷川神社・千住本氷川神社・千住神社・八幡神社・稲荷神社・仲町氷川神社(オマケ:素盞雄神社)

千住は日光街道、奥州街道の宿場町として街の歴史は古い。 七福神は10年ほど前に全てが神社に整理し直されたらしい。千住の町おこしをねらっての七福神だから歴史は新しいんだろうね。 で素晴らしいネーミング「千寿」と名付けた。「千住七福神」より福が多…

御朱印で七福神❾隅田川:御朱印:多聞寺・白髭神社・向島百花園・長命寺・弘福寺・三囲神社(オマケ:牛島神社)

隅田川七福神は、すこぶる個性的な御朱印がいただける。 そして開祀200年とか! なにやらかなり賑やかそうな2018年だ。 時間がとれたらもう一度巡ってこよう! www.sumidagawashichifukujin.com 今回も駄文となるようなキーを叩かないでおきます。 毘沙門天…

御朱印で七福神❼深川:御朱印:富岡八幡宮・冬木弁天堂・心行寺・龍光院・圓珠院・深川稲荷神社・深川神明宮

日本橋、谷中とともに深川七福神は以前に掲載済みだが、七福神のまとめとして再登場。 東京にある七福神の一覧的なものにしようと始めた七福神特集。 少しはブログ訪問者の役に立っているのだろうか? なんて言葉は、このブログ当初の目的から逸脱している。…

御朱印で七福神❻東海:御朱印:品川神社・養願時・一心寺・荏原神社・品川寺・ 天祖諏方神社・磐井神社(オマケ=大森神社・大経寺)

1932年創設の七福神だが、なぜ「東海」なのか? 初めて目にした時は「東海地方」の七福神かと勘違いした。 ググッてもわからなかったが「旧東海道」の品川宿あたりから始まる七福神だから「東海」と名付けたのか!? しかし江戸時代、品川は海辺が近かったん…

御朱印で七福神❺港:御朱印:桜田神社・氷川神社・大法寺・十番稲荷神社・宝珠院・熊野神社・久國神社

七福神巡りも東京下町方面を4回続けました。 今回は六本木周辺、東京のドマンナカ。 マドンナもビックリ、いつ出来た? 昭和に入ってからの発足らしい。江戸時代以前からある七福神は全国的にもそんなに多くないはずだから、地域の七福神はほとんどが現代に…

御朱印で七福神❹浅草名処:御朱印:石浜神社・橋場不動院・今戸神社・待乳山聖天・吉原神社・ 鷲神社・矢先神社・浅草寺・浅草神社

七福神も4回目、まだまだ先は長いけど、今回は浅草名処七福神。 思わず「めいしょ」と読みたいけど「などころ」とは粋だね。 でも混むわよっ! ここも! この数年、普段でも外人サマをはじめ、多くの観光客で歩くのもママならないASAKUSA. 正月に七福神巡り…

御朱印で七福神❶日本橋:御朱印:寳田恵比寿神社・椙森神社・小網神社・茶の木神社・水天宮・大島神社・末廣神社・笠森稲荷神社

あと20日余りで2017年も幕を閉じる。新しい年になると集印者は忙しくなる。 日本中にいくつあるか測りしれない七福神巡りは欠かせない。 だが迷う。どこを巡ったら良いか? 有名で人気の七福神は正月三が日を除いても確実に混雑が予想される。御朱印をいただ…

コモエスタ赤坂駅から南の高台の神社〜旧乃木邸へ:御朱印:赤坂氷川神社・乃木神社

ついさっき職場を後にして八丁堀駅に入った。 メトロガイドが山積みされていた。一部いただいてくる、おおきに! 毎年、シーズン毎にテーマの変わらないこの無料誌が、もう長い間続いている事に驚愕と感謝の気持ちを同時に覚える。 春は桜、そして紫陽花、夏…

抜けられます!貧民窟。 元 スラム街を抜けて寺社めぐり:御朱印:西念寺・須賀神社・陽運寺

前回に豊川稲荷の裏手、北側にあたる、かつての貧民窟ついて少し触れた。 書いたら、いきなり訪れてみたくなった。もう2度ほど行っているのに! 26日の日曜に2時間ほどブラついてきた。 最初に目指すはココ! 鮫河橋。 言うまでもないことだが、貧民窟とかス…

なんとか下田着、急ぎ駆け抜け、帰路7時間!:御朱印:了仙寺・長楽寺・玉泉寺・白浜神社

前々回まで4回掲載の小田原から下田の1泊ダンガン tour の続きです。 が、息切れして、前回は武蔵野三十三観音の記事を入れちゃいました。 息絶え絶えで天城峠を何とか越え、河津に降りたと思ってください。 河津に降りて下田に向かうには最短ルートの海辺の…

伊豆修善寺も外国の観光客がイッパイ! イズからこうなった?:ご朱印:修善寺・日枝神社

小田原、熱海を後にして宿泊地の沼津へ。 数日前の思いつきの旅、沼津のこんなホテルしか取れなかった。 こんな、と言っては失礼だ。 比べるものでもないが「星のリゾート」なぞテンで縁がない身としては、この辺りが分相応というか痛いほど上等なのだ! 狭…

熱海はかつての賑わいを取り戻せるか?:ご朱印:大明王院・伊豆山神社・来宮神社

小田原を出て熱海の街に入った。 尾崎紅葉も予想もしなかっただろう、この描写、今じゃDVになる。 その昔、熱海は新婚旅行のメッカだった80歳代くらいのおじいちゃん、おばあちゃんが若かった頃の話だ。 最近の新婚旅行の番付は1位がヨーロッパで、2位がハワ…