御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

星の数ほどある御朱印ブログとは異なるナナメで、ドクっぽくて、全く役に立たないブログをどこまで続けられることやら!

東京都

べったら市を覗いてきた、未経験者は来年のこの日を忘れるな:御朱印:宝田恵比寿神社・椙森神社

毎年10月19日と20日に日本橋大伝馬町一帯でべったら市が開かれる。 この2日間の日にちは曜日に左右されず固定されている。 「べったら市」で記憶しており、何回も出かけてはいるのだが、実は「えびす講」だと言うことを知ったのはそんな遠いことではない。 …

東京から埼玉へ 武蔵野三十三観音❷:御朱印:8番 円乗院〜14番 妙善院

8番を除いて、14番までは埼玉県に入って、すべて所沢市内。 東京の喧騒を離れて、比較的にやや静かな地域になる。 所沢市は隣接する東京市部と比べると、その面積は抜群に広大だ。 かつては東京のベッドタウン的役割も担っていたかもしれないが、今やそんな…

八幡大神社❌ 禅林寺⭕️ 武蔵国分寺❌:御朱印:禅林寺

前回、武蔵野のイメージで太宰治の名を出した。 で、彼の墓を訪れてみたくなった。 東京の東端から三鷹まで下道をテクテク車を走らせようと思ったが、祝日の20号線はノンビリ走っていられなかった。みんなトバす。こちらもツラれて飛ばす。 前方とバックミラ…

武蔵野って? 武蔵野三十三観音❶:御朱印:1番 長命寺〜7番 徳蔵寺

「武蔵野」? たびたび耳目に触れるから慣れた言葉だが、イメージだけが頭に浮かぶものの、その内容は人によって全く異なるように思う。 広葉樹の明るい雑木林、秋は黄葉、冬は枯木になる、今は失われた里山的風景がイメージされる。。 言葉通り「武蔵野市」…

犬の伊勢参り! 金比羅さんにもワンコが?!:御朱印:金刀比羅宮

伊勢参りの犬は有名だ。 お伊勢参り、お蔭参り、抜け参り、みな同じだが微妙に異なる表現がたくさんある。それだけ伊勢詣は大きな話題と、庶民のあこがれだったわけだ。 代参でワンコが往復何千キロも歩いて、お札をいただいて帰ってくる。 現実にあったとし…

般若心経を唱えるロボット、IT化・機械化の波? :御朱印:山口観音・日枝神社

般若心経を唱えるロボットのニュースを見た。「エンディング産業展」なるものらしい。 発音がイマイチで怪しい読経になっていた。ワロタ! しかしこのくらいで笑ってられない! 「畳の上で死にたい」が叶えられなかった方のためか? こんな棺もあるとか。和…

狂喜の夏が幕を閉じる:御朱印:浅草神社・矢先稲荷神社・秋葉神社・下谷神社

土曜日の浅草に行ってしまった。 行ったと言うか、チョット覗いてみた。 何年か前も1、2度覗いた事がある。参加チームも通りを埋める観客も歓喜が噴出していた。 狂気にも近い その時は、そう感じた。 会場となるメインストリートの雷門前の通りは、カーニバ…

昔 ひぐらしの里、今 トレインミュージアム:御朱印:養福寺・諏方神社

東京山手線内の駅で、内回りに上野を過ぎて鶯谷から駒込あたりまでの5駅くらいは利用したことがないし、街をよく知らないという人も多い。 「それ、東京?」と聞き返してくる女もいる。東京の田舎だ。 その中の日暮里駅。地方から出てきた人が正しく「ニッポ…

御首題?! 今、忙しいからダメ !!!!:御首題:江戸十大祖師 法恩寺

最初に言っておかなければ! 今日のブログタイトルと法恩寺さまとは別! 前回掲載のスカイツリーたもとの春慶寺から南、700、800mくらいの所に、蔵前通り沿いから法恩寺の参道が始まる。 「江戸十大祖師」の大きな看板が掲げられている。 十代祖師のうち5寺…

634に昇ってしまった!984ぃねっ!:御首題:春慶寺

通俗的なところ、オノボリさんが目指す所は敬遠する! 自分自身がが田舎者だからか、確かな理由は自身、分かりたくもない。 東京だと、TDL、SkyTree、皇居など。街だと浅草、渋谷、銀座、新宿? 修学旅行じゃあるまいし、キャァーキャーはしゃいでいるオノボ…

嗤う伊右衛門! 苦笑いの於岩さん?:御朱印:於岩稲荷田宮神社・鉄砲洲稲荷神社

あらまぁ、ついこの前まで暑い話題を書いていたのに、急に涼しくなっちゃったわねぇ。 コキ使われていたクーラーも、少し遅い「薮入り」。 でも、きっと数日で、またフル回転の丁稚に戻らなきゃならないでしょうね! -------浴衣を着て縁日に出かける。通り…

もっとミストを! もっと涼を! 酷暑の中、有名寺社よ設置せよ!:御朱印:下谷・松陰・稲毛浅間・大国魂神社

暑い、熱い、サイコーに夏だ。 「寺社巡りはキツイなぁ〜」 「だったら、やめれば!?」 「いや、やめられない! どうしても」 「それはほぼビョーキだけど、体調崩さないでね!」 そんな病的な集印者のために、せめて、日本の有名寺社、参拝者が絶えない寺…

今夜はハジケる隅田川花火大会だ:御朱印:隅田川沿いの神社、6社

夏は花火だ! 打ち上げ花火を見た思い出は、いっぱいある。 自分たちで火をつけた小さな花火に、皆んなで、はしゃいだ思い出もある。すべて幻のような記憶だ。 だが、あの目眩く夏の夜の浜辺、心も素直になれた自分の田舎、友の家族とハシャイでた避暑地・・…

やはり夜に行くべきだった、靖国神社御霊まつり

東京、靖国神社御霊祭は絶対、陽が落ちてからいくべきだ。 都合で、まだ陽の高い時間になってしまった。ザンネン! 32か33℃くらいの炎天下の中も、参拝者は切れ目がないわね。外国の人々も目にする。 昼間の写真しかないが、熱気が少しおさまる陽が落ちる頃…

黄色いお札をいただいた : 御朱印 : 平河天満宮

雨模様の中、平河天満宮に行ってみた。 今回いただいた御朱印。 初めての時にいただいた御朱印。 今回、天満宮前で、同時にいただいた黄色いお札。 約10年ぶりにいただいた。高額なお札で、やがて15,000円の請求書が届く。 御朱印帳の平河天満宮の隣ページに…

:御朱印:関東三十六不動❹/20番深川不動〜26番西新井大師 怒りのお顔、愛嬌のお顔

ほかの明王を本尊としている寺院もあるが、不動明王のその数は抜きん出ている。昔から「お不動さん」といって庶民にも親しまれている。 如来、観音、地蔵さんと仏様は普通 優しい穏やかな表情をしていらっしゃるが、密教のこの明王、特に不動明王は、大概は…

日本にまた一つ世界遺産が! 世界遺産から最も?遠い位置にある東京23区内の神社たちの御朱印

宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界遺産に登録された。 ここに至るまでの地域の人たちと国の努力に敬意を表し、その喜びは、へそ曲りのわしにも理解できる。 単純に両手を挙げて、共に喜べれば、と思うのだが・・。 日本はUNESCOに、分担金と拠出金を40億円以上…

目黄不動にちょっと寄ってみた:御朱印:関東三十六不動❸/13番南谷寺〜19番最勝寺

5年前に巡拝し終え、結願している36不動。 しかし、わしは機会があれば何度でも訪れる。今年5月に訪れた飛不動と橋場不動。そこでは手元の御朱印帳に印をいただいてきた。適切な言葉では無いかもしれないが、総開帳であっても、ごく普通の何の変哲も無い御朱…

入谷・朝顔市に行け!…今日8日、土曜までだ 御朱印は限定でもなく、単に書置きだけ!:御朱印:真源寺(入谷鬼子母神)

金曜日の東京は梅雨明けのように暑い。そんな中を昼休みを延長して入谷まで行ってみた。駅を降りたホームから、朝顔市に向かうだろうなぁ、と想像できる人たちがゾロゾロ。 入谷の交差点まで出てみれば、もう普段とは違う人出。屋台も数多く出てる。 鬼子母…

:御朱印: 秋葉原神社閉店 無くなったら急に恋しくなった!?

東京の土曜は小降りの雨が断続的に降った。そんな天気の午後、まだ訪れてもいない、秋葉原神社でも覗いてみようかと思い、ネット検索すると、なんと昨日の6月30日で閉店!!とか。店ではないから、鎮座地閉鎖だ。理由は不明。現在、遷座地は未定らしい。おや…

豊川稲荷 霊狐塚、目の前の夥しい狐の赤い前掛けから巾着田を連想

伏見稲荷とは違い赤い鳥居で迎えてはくれない。 ここは寺だから山門が待っている赤坂の豊川稲荷東京別院 境内には赤い鳥居もあったりして、何しろ「お稲荷さん」、一般の人で神社と勘違いしている方も多いかもしれない。「吒枳尼眞天」わしの足しない語彙に…

坂東三十三観音❷ 6番 長谷寺(飯山観音)〜15番 長谷寺(白岩観音)

何年もいくつもの寺社を巡っていると、過去に巡った寺社の本堂、境内の景観など半分は思い出せない。もしくは取り違えて思い描いてる。急いでグルグル巡った時の寺社などは殆ど思い出せない。特に小さな寺社はそれが際立つ。記憶力の問題かしら。パソコンの…

柴又帝釈天 題経寺の「御前様」は今もご壮健!?

東京の参道で最も賑やかなのは、何と言っても浅草寺の参道。次が巣鴨・とげぬき地蔵(高岩寺)だろうが、ここは参道というか商店街というイメージだ。柴又帝釈天は誰の目にも参道だから、わしはここが 東京で2番目に賑やかな参道と決める 葛飾柴又、東京のは…

江戸六阿弥陀 健脚な江戸っ子は日帰りで巡り終えた?

六阿弥陀の由来は四番の與楽寺でいただけますよ。 その悲劇的ストーリーは聖武天皇、行基の時代まで遡る。江戸六阿弥陀成り立ちの伝説は、当然、のちの世に作られた話だろう。 伝説は日本各地に数多く残り、とりわけ寺社にまつわる話は多い。その作者、作家…

白山神社 チョット寄って見た紫陽花

賑わいは白山駅周辺から始まっていた。 鳥居をくぐり、階段を上る。境内は模擬店が所狭しと並んでいる。 拝殿の前、こちらも参拝者が長く並んでいる。 拝殿にとりつくまでに少しシンボーが必要ね。 いつからか、神社参拝は皆な行儀が良すぎるようになったと…

子守・子安 こどもたちがアブナイ! こどもたちを守れ!

日本の親たち、大人たちは一体どうしちまったんだ? なにやってんのっー! 銀も金も玉も何せむに まされる宝 子にしかめやも 憶良も目と耳をを覆いたくなるようなニュースばかりだ。聞きたくない!詳細は知りたくない、タクサンだ! 子供たちが犠牲になり続…

ユニークな閻魔さまお二人 ハイテクとコンニャク

深川の閻魔さんは、エレクトリック、ハイテク 閻魔さんとは子供の頃から馴染みがある。なにしろ一時「閻魔帳」にわしの名が載っていたようだ。小学生の頃の女性教師のノートだ。ヤンチャも、オテンバも覚えがない。「平凡」「明星」な子供だった。しかし通知…

赤城神社 坂の上の神社と山の上の神社 2社ともスタイリッシュ

スタイリッシュ神社 坂を登る。登り切って少し先。まぁ、おっそろしくモダンな神社ねぇ!それともスタイリッシュと言ったほうが正しい? 狛犬も何やらシャレた置物みたいだ。透明なガラス製かアクリル製にすれば、もっとスタイリッシュ感がグ〜ンと増したわ…

江戸六地蔵 日本昔ばなし「かさじぞう」も6体だったかな?

常田富士男と市原悦子のホノボノとしたナレーション ガチガチに耳の記憶として残っている。日本の遺産のようなTVアニメ「まんが日本昔ばなし」だった。なかでもいくつかな有名な昔ばなしは、TV以前に絵本にもなっていたから、誰もが幼い頃に一度は目にして、…

十朱幸代 久々にNHKのNewsで確認、揺るぎない若さは不動だ!

御朱印ブログのつもりだ。十朱と何の関係がある?! TVはホボ見ていないが、ホボ常にONだ。松方弘樹にお別れの言葉を彼女が述べていたからTVに目をやった。言葉が洒落ていた「いずれ、そちらでお会いできると・・・」的な内容だった。正確な言葉は覚えていな…