読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth

数多ある御朱印ブログですが、ここはかなりテキト! 無責任 ! あしからず。

寺院

西方寺 三浦不動尊霊場も武相不動尊霊場も総開帳は明日まで

酉年の干支守り本尊は不動明王。 忘れていた!今年は酉年だ。もそも自分の干支守り本尊以外は覚えていない、気にしていない。だから今年は不動尊霊場が全国的に総開帳なんて意識にない。御朱印を戴き始め数年、関東36不動も成田で結願しているのに情け無い、…

常光院 熊谷の古刹 本堂は茅葺き 鎌倉時代の武家居館だった

鎌倉幕府はイイクニで覚えた しかし今はイイハコだそうだ。800年も前なのだ、わしには7、8年の差なんて、どうってことない。しかし歴史を語るに、学ぶに、7年は大差になるのかしら? 常光院はその頃の開基だそうだ。いつも思う、歴史を生で伝えるのは寺社し…

江戸三大刑場+御朱印 大経寺・延命寺・大安楽寺は江戸時代の刑場跡地なのだ

江戸時代は数多くの刑場があった。 その中でも「二大刑場」が鈴ヶ森刑場と、小塚原刑場。 小塚原・延命寺の地蔵さんは、2014年時点では11年の東日本大震災の影響で左腕が落下してしまったそうだ。その修復金寄付をお願いする案内板があった。あれから3年、お…

紫陽花と御朱印 もうすぐ6月、せっかくだから花も楽しめる計画を!

紫陽花も当然、地域や品種によって見頃が異なります。でも6月も中旬なら贅沢を言わなければ大概どこも咲いている。 東京23区内で御朱印をいただき、紫陽花も楽しめる寺社はそんなに多くは知らない。新高円寺駅か東高円寺駅のどちらからか歩く妙法寺は、株数…

大谷寺 日本のアブシンベル神殿?

大谷寺は「めり込んでる」。このスタイルの寺社は多くある。やはり山や岩を信仰の対象としたからかしら?拝観料はいくらか忘れたけど、大した金額ではない。が、見せてくれるものは「ご予算以上」だった。 寺を出て正面の公園へ足を運ぶ。山のような岩を切り…

穴八幡宮 冬至の日 長蛇の列をズルした

またまた、非タイムリーな早稲田・穴八幡宮の冬至の日のこと。といっても御朱印と巡り合うかなり前のことだ。 知人だった歯科医の誘いで、冬至の日の午前中、ゾロゾロ4、5人で穴八幡宮に向かった。わしには初耳だった「金銀融通」のお守り「一陽来復」を求め…

鬼子母神堂 池袋のガヤガヤから離れて雑司が谷ケヤキ並木参道

今の季節だったらケヤキは元気にモリモリ新緑を広げているに違いないが、この写真は冬の写真だ。何と陰気な写真だ。半分モノクロにしているから当たり前だ。写真はヘタクソだ。毎回カメラのモニターを確認するたびに「わしは何を撮ろうとしていたのか?」疑…

撫でる 廻す 掛ける 回向院は“削る”ご利益

数年前の5月、この日は回向院門前が普段とは違い何となくざわついていた。ここが目当てではなかったが入ってみた。角塔婆が建てられ結縁紐が結ばれていた。 善光寺の出開帳だった。 せっかくだから、1年以上前の江戸三十三観音以来であった御朱印をいただい…

遠州三山 自分巡礼?「ご利益茶」をいただいた法多山・油山寺・可睡斎

つくづくこの国の人間だと思う。各地にある数字のつくものに弱いんです。魅了される、騒めく心。他人には悟られたくない「そんなミーハーな場所、わしは行かん、云々」とバカにしたような言葉を出す。本音は大好き、鉄板に心が歪んでいる。 初めて目にする、…

芝・増上寺 背景の東京タワーはミスマッチ?

大門、三解脱門を抜けて大殿。どこから撮っても写真の中で東京タワーがバックで威張っているわねぇ。ジャマだ!と当初は思った人もいるかしら?1958年にタワーが完成する前まではどんな景観だったのだろう?大殿の完成は74年だそうだから、タワーのほうが先…

車に「轢」かれて輪王寺

神橋、渡り賃300円也。ケチるほどの金額でもないが渡らなかった。橋のたもとで御朱印だけいただく。同じ300円だ。渡ろうとしなかった橋を眺めながら、そう言えば日本三奇橋、猿橋も錦帯橋も渡っていた事を思い出し、神聖な神橋だけ眼の前にして渡らないのも…

布引観音と善光寺  牛に「惹」かれて

布引観音、ここの観音さまが牛に化身して、強欲婆さんを善光寺まで導き改悛させたというわけでわしも、善光寺を訪ねる前に、この布引観音を訪問。駐車場に車を止め、20分ほど山登り。朝8時30分、こんな時間から山登りはシンドイ。季節は10月、大して汗もかか…

とげぬき地蔵 寺の正式名称を大声で出すのは少し都合が悪いわ

巣鴨だけど「原宿」の商店街にカワイイお地蔵さん、通りもカワイイおばぁちゃんたちで溢れてる。それにつけても寺院は圧倒的に女性が多いのなぜかしら? 高岩寺でも線香の煙は自らに浴びせかけ、観音様の立像には水を浴びせかけているのは、ほとんどが女性た…

山寺 不滅の法灯 伝家の宝刀 甲府のほうとう 関係ないが すべて90度のお辞儀

だから、しかし、お願いだから、もう一度、生きているうちに奥の院への石段をたどるチャンスをお与えください。その時は寒河江の友は見放します。いや、時間的に逆な道を辿れば良い。山寺を「征服」してから寒河江だ、おユルシを! 奥の院手前から、すべてを…

山寺・立石寺 もうひとつ タカをくくった石段数は800

御朱印と巡り合って、そして寺が好きになって、ぜひとも未知の山寺に行きたかった。 かなった! その前日、寒河江に泊まった。そこには約10年前、東京からUターンした旧知の友がいた。日が暮れてから時計が翌日を知らせる頃まで2人でシコタマ飲んだ、楽しか…

大須観音 名古屋・大須の街はカオスだった

大須の街は、どえりゃー混沌としていて、ダサい、名古屋のイメージにピッタリ。だから名古屋で一番好きな街だ。東京で言えば浅草と似ているところがある。下町であり、街のシンボルが観音さま、商店街がアーケードでつながっている、規模は異なるが演芸場が…

大観音寺 11日木曜日に大阿闍梨ご来臨

買物のため人形町に行った。歩道脇の高い位置にフラッグがはためいていた。 御朱印に興味を抱いている方は、限定御朱印で騒ぐより、もっと騒がなければならない事かも、きっと。でも、ブーム以後の御朱印集めの方々は、それが宗教的行動と解していない方が多…

千葉・能蔵院 ペットの厄除け祈祷や健康祈願が叶う寺

昨夜、TVでワンコの厄除けの様子を放映していた。寺は千葉の能蔵院だった。 訪れたのは2年以上前。季節柄、花も緑も少なかったが、堂宇はどれも新しい。古色蒼然な有り様が好きなワシには、あまり記憶に残らない寺になるだろうと思いながらも、本堂、不動堂…

浄心寺 米国の人気コーヒーショップが出開帳

東京深川にある江戸十大祖師の一寺。境内は広いが、ここも震災と空襲で多くを失ったようで、殺風景さを否めない。江戸時代は久遠寺出開帳の宿寺で人気を博していたようだが、貧相な想像力しか持ち合わせぬワシには、今やその豊富な歴史の姿を頭に浮かべるの…

證誠寺 どこか憎めない たぬき伝説と野口雨情ゆかりの寺

夏に訪問したせいか境内の木々は鬱蒼としていた。石畳などは掃き清められているが、薮だ、と思われるような箇所もあり、意図的に手を入れてないのかもしれないが、たぬきが出てくるほど暗くはない。 そして、宗派は真宗だし、印が無いから御朱印とは呼ばない…

蛸薬師 福を吸い寄せる、病を吸い取る

蛸薬師は全国的にも珍しいのかしら。調べても結果は京都と東京の2寺しか出てこない。 2寺の雰囲気はかなり異なる。京都の蛸薬師は寺町通りから見えて、街中の賑やかで、憎めないカワイイお寺さん、という感じだ。 京都には拝観料も取れない、こういう小さな…

江戸三大閻魔 いずれ皆、この王の前にひれ伏す

新宿・太宗寺には奪衣婆さんも同じ堂内に一緒に並んでいらした。 ほかの2寺は、お堂が閉まっていたりして、閻魔さまにお目にかかることはできなかった。 初閻魔などの縁日ならばご挨拶できるかも。 いずれにしてもこの王の前での裁判には、寛大な裁決をお願…

江戸三大不動 薬研掘不動・目黒不動・目白不動

2寺が五色不動とダブっている。今も昔も人々は「三大・・」「五大・・」と、選択なのか、ランキング付なのか、コマーシャルなのか、とにかく好きであるようだ。 ワシも嫌いではない。それが目的ではなくとも、つい、数字の付いているものは揃えたくなってし…

浄名院 開けっぴろげなイメージ

上野寛永寺根本中堂の裏手、谷中霊園に続く桜並木の入り口、言問通り沿いに位置する。 上野桜木は好きな街だ。だからこの界隈は時々訪れる。で、この浄名院に立ち寄り、お参りを。境内も本堂も開けっぴろげな感じがする。しかし、いつも人の気配がしない。 …

徳大寺 ごった返すアメ横の一角

アメ横の昨今は、以前よりも外国の方々が多く訪れてくるように感じる。 で、買い物袋を抱え、何か食べながら、この階段の下の方に座っている。 場所柄仕方ないわねぇ。摩利支天も心広いだろうし・・。 妙宣山 徳大寺・日蓮宗・東京都台東区

黄白赤黒青 会津にもあった五色不動

東京(江戸)五色不動は有名だが、それとは少し趣の異なる五色不動が仏都会津にもある。 「会津若返り五色不動」ともよばれている。歴史は比較的新しいのかしら? 如法寺の少し先左手に「観音茶屋」がある。 緑を眺めながら、とってものんびり美味しい蕎麦が…

会津ころり三観音 立木観音・中田観音・鳥追観音

仏都会津の三観音を巡り「貪・瞋・痴」を消し去れば、やがて「ころり」と安楽往生できるとか。 煩悩の大盛り人間には、かなり困難な事だ。 「ころり」が叶ったとしても、もう少し先にしてもらいたいな。 金塔山 恵隆寺・立木観音・会津三十三観音31番・真言…

龍願寺 赤城山麓のカーン(不動明王)

地元の方々には「ぼたん祭り」で知られているようだが、 注意していないと通り過ぎてしまいそうになるカワイイお寺。 そしてカワイイ住職(女性)にいただいたカーンの御朱印は、 正式名称は知らないが、竹でできた平筆での揮毫だった。 標高も少し高いせい…

東漸寺 まっすぐ伸びた長い参道がイイね

車なら本土寺から数分。ここも桜や紅葉が綺麗だそうだが、 へそ曲がりな自分は青葉の頃か、蟬時雨の夏がスキだ。 その下の参道を歩く時がサイコーだね。 佛法山 東漸寺・浄土宗・千葉県松戸市

本土寺 広い境内には いつも花が

桜は散り始めたかな?この季節は藤・紫陽花と続く。紅葉も綺麗だ。 しかし、そんなシーズンは拝観料500円。まぁ、しかたないわねぇ。 冬枯れの時は、確か受付は無人だったような・・? 長谷山 本土寺(紫陽花寺)・日蓮宗本山・千葉県松戸市

浅草 東本願寺 真宗は少しややこしい、お参り後は「どぜう」を食べよう

牛久浄苑の、いわゆる「お寺」でしょうか? 浄土真宗は多派に分かれている。それだけ歴史もややこしい。 きっと、目指すもの、望むものに大きな違いはないのに別れ、別派になる。 不寛容の結果かしら? 真宗に限らず、宗教すべてに言えることでしょうが、 仏…

大仏つづき 牛久浄苑

ここは、墓地・霊園。そして「光雲無碍」。 どれだけ大きな仏を造っても、現実はこの言葉どおりにならない世の中。 だからこその言葉と大仏でしょうか?! わかりません! 本願寺にお聞きできたとしても、ヘソ曲がりの自分には納得できる回答はいただけない…

東京にも大仏がある

露座、1977年建立。比較的新しい。基壇からだと12.5mとか。 大きなものが好きな国民?。当然、日本中に大仏がある。 観音像なども含めると、天を衝くような高さのものもあるから、 ここはそれほど大きくは感じないわねぇ。 赤塚山 乗蓮寺・東京大仏・浄土宗…

上野のお山は御朱印の宝庫だ

2012年は寺務所でいただいたが、16年は根本中堂本堂内でいただけた。 この2揮毫、イメージはかなり異なるが、どちらも感嘆! 東叡山 寛永寺 根本中堂・天台宗・東京都台東区 慈眼大師と慈恵大師(元三大師)を祀る輪王寺。もとは寛永寺だったんだろうね?! …

永代寺 「門前仲町」はこの寺の門前

地下鉄鉄東西線「門前仲町」駅から深川不動に至る参道は「人情深川ご利益通り」と呼ばれている。 土産物屋が並ぶ、その参道途中に構える永代寺。ほとんどの人々は不動を目指しスルー。 歴史を知れば、ここはスルーできないけど・・。 大栄山 永代寺・高野山…

成田山 深川不動堂 朝から参拝者が絶えない

比べるものでもないが、ご近所の富岡八幡宮と参拝者数を比較すると圧倒的だ。 最近では、それほど広くもない境内で、いつも何がしらかの工事がおこなわれ、 いつの間にか新しい施設が現れる。潤沢な予算が想像できますねぇ。 それにしても毎日9時から5時まで…

護国院・不忍池弁天堂 寛永寺は広大

東の比叡山、寛永寺。戊辰戦争までは広大な敷地に諸伽藍が建ち誇っていた。 いつの世も多くのものを犠牲にしなければ、新しい時代を迎えることはできないようだ。 天台宗別格大本山 東叡山 寛永寺・護国院・不忍池弁天堂・谷中七福神・大黒天・弁才天・東京…

長安寺 寿老人、面会は下から覗く

谷中七福神は、通年御朱印をいただける? かもしれないが、御開帳は期間限定、のはず。 で、一目お目にかかるのも一苦労。 大道山 長安寺・臨済宗妙心寺派・谷中七福神・寿老人・東京都台東区

天王寺・谷中、普段はひっそり

正月も7日だというのに、長い行列。やはり谷中七福神は人気だ。 土曜日でもあるしね・・・。 護国山 尊重院 天王寺・谷中七福神・毘沙門天・東京都台東区

修性院、花見寺?

青雲寺とともに「花見寺」と呼ばれているが、訪問した季節のせいか、 花はさいていない。 桜の木は数本あったような・・。季節を選べば納得の「花見寺」かも。 雲啓山 修性院・日蓮宗・谷中七福神 布袋尊・東京都荒川区

恵美寿、恵比須、恵比寿、恵美須、夷、戎、胡、蛭子、蝦夷・・・・み〜んな「えびす」

七福神のうち「えびす」は唯一日本の神。しかしその表記はさまざま。 「夷」「夷」「戎」これらも「えびす」の読み。無学な管理人は最近知ったのだ。 浄居山 青雲寺・臨済宗妙心寺派・谷中七福神 恵美寿神・東京都荒川区

小江戸川越、休日はごった返す

蔵造りの町並み通り周辺は、人と車でお祭り騒ぎ。しかし、誰でもが好きな町並みだ。 星野山 無量寿寺 喜多院・天台宗・関東36不動28番・川越七福神・埼玉県川越市

日本寺は観光寺?

日本寺は見所が多い。拝観料600円、京都並みだ。おまけにロープウェイ往復930円、車なら有料道路1,000円。大人2、3人で行く場合、結構な金額になる。有料道路入口の少し先に無料の道路もある。こちらからだと写真の大仏は近いが、「のぞき」「百尺観音」は20…

東覚寺 初めて手にした御朱印

2011年。まだこの頃は御朱印をいただくために並ぶことはなかった。 しかし谷中七福神、有名である。色紙に御朱印をいただく方が多く、少々並ぶ羽目に。 白龍山 東覚寺・真言宗豊山派・谷中七福神・福禄寿・東京都北区